偏見に満ちた日々の雑感・・・とHR/HMや映画のレビュー
by Tibbets_EnolaGay
検索
カテゴリ
全体
地震関連
世俗的なこと
腐れ警察
NHK放逐への道
悪徳企業の傾向と対策
医療・健康
資格試験
賃貸生活
三面記事
懸賞生活
HR/HM
映画
TV
コンピュータなど
ごく身近なこと
本・マンガ
トンでも話
動画
リンク

  ■Excite:ニュース
  ■Excite:翻訳

  ■Infoseek:ニュース
    Infoseek stock
  ■Yahoo:ニュース

  ■懸賞BOX
  ■ラブ懸賞
  ■懸賞~る
  ■懸賞の杜
  ■A・round(エーラウンド)アンケート
  ■【楽天市場】懸賞市場
  ■応募の達人(クローズド懸賞)
  ■登竜門(公募情報)

  ■Ameblo(アメブロ)-トップ

  ■コカ・コーラパーク

  ■楽天ブックス 
    



 
【医療問題に関するサイト】

  ■ナースシングプラザ.com
  ■キャリア・ブレイン 医師の転職、薬剤師・看護師・介護職の転職サイト


【調べもの】

  ■Wikipedia
  ■mapFan地図サイト
  ■ジョルダン 
 
【趣味のサイト】

  ■ヘビメタさん
  ■テレビ東京 「ROCK FUJIYAMA」


【少し世間の見方が変わるサイト】
 ※お口直しにどうぞ。

  ■サヨナラ!石原都知事(TOKYO-MXのプロパガンダにうんざりした人は必見!!
公開期間に限りがあるようですので、保存したい人はお急ぎください)
)

  ■RED-PIPERS.COM("赤い笛吹き”と題されたサイト。国民の未来を想う行為には、右翼も左翼もないのです)
)

  ■NHK受信料を考える
(NHKのヤクザまがいの横暴さを実感できるページ。「NHKへ一方的に受信契約解除する方法」は一読の価値ありです!)
  ■NHK受信料制度と裏事情
  
MAMO's Site →NHK受信料問題とは?

■NHKの不祥事 (from YourPedia)   ■立花孝志-内部告発 -(※ 勇気ある元NHK職員の詳細な内部告発情報)
  ■全国市民オンブズマン 警察裏金・不正支出問題
  ■東急不動産東急リバブル不買運動
  ■反中、嫌韓者のためのページ!!
  ■チームニッポン
  ■ルーブログ(※アメブロに引越しされたようです。前のサイトはコチラ)



以前の記事
2012年 01月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
more...
タグ
ライフログ
書籍
音楽
映画
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


殺処分されるのは人間なのだろうけど
<新型インフル>豚殺処分にキリスト教系住民反発 エジプト 2009年5月8日 19時27分 ( 2009年5月9日 02時13分更新 )
Excite エキサイト : 国際ニュース

<新型インフル>豚殺処分にキリスト教系住民反発 エジプト
 【カイロ和田浩明】エジプト政府が新型インフルエンザ対策として進める豚の全頭殺処分が波紋を広げている。カイロで豚の飼育をなりわいとする少数派のキリスト教系コプト教徒は「豚を不浄の動物とみなす多数派イスラム教徒による宗教的差別だ」と反発。一方で「国民は政府の決定に従うべきだ」との声も聞かれる。

 カイロには「ザバリーン」(ゴミの人)と呼ばれる、主にコプト教徒の住民が約5万人いる。民家からゴミを回収、再利用可能な資源は分別し、生ゴミで飼育した豚を売り生計を立てている。全頭処分は収入の大幅減を意味する。

 「殺処分決定は、コプト教徒に対する差別だ」。カイロ市内の処分場に自分が育てた豚80頭を運んできた男性(54)は、声をひそめて語った。「一族28人が豚の飼育で食ってる。どうすりゃいいんだ」

 政府は処分した豚1頭あたり50~250エジプトポンド(約880~4400円)の補償金を支払っている。農業省幹部で処分を監督するスワイド・エルフーリ氏は「反発もあったが、補償されると聞いて自発的に豚を連れてくる人もいる」と説明する。カイロ全体で約6万3000頭のうち、既に1万頭を処分したという。

 ただ、豚を飼育する別の男性によると、従来は30頭を売れば1万エジプトポンド(約17万6000円)になったが、処分に出すと受け取る金額は8分の1ほどに減ってしまう。「政府の決定は間違っている。新型インフルエンザの発生源とされるメキシコでも殺処分はしていない」。男性は苦々しげに語った。

 エジプトでは今のところ感染は報告されていないが、ザバリーンの中にはゴミ回収時に敷地に入れてもらえなかったり、感染を疑われるケースもあるという。

 一方、ザバリーンのリーダー格で、政府寄りのシャハタ・アルメカデス氏(47)は「殺処分の決定を受け入れる」と述べ、宗教的差別との指摘を否定した。殺処分をめぐってはザバリーンと警官隊が衝突する事件も起きているが、同氏は「(衝突は)若者が暴発した結果」と指摘。政府には、豚以外の動物を購入して飼育できるよう補償を求めているという。

公然、非公然(?)を問わず、こういう制度は万国共通に現存するのである。

エジプトが、これ幸いにと”卑しい”と認定した民族を、豚にかこつけて抹殺しようとするのはこっけいではあるが、石油の利権で私腹を肥やしている王族が、これ以上の人口を望んでいない様は露骨に過ぎる。

そして”インフルエンザの発生源”(※だれが発言して、誰が認定したのだろう)南米の国々も、豚ではなく彼ら自身が抹殺のターゲットになっていることに気づいていない。

支配エリートからすれば、この新型インフルエンザに阿鼻叫喚する民衆や、”効果的な対策”とやらを検討したり、講じたりしたと嘯く国家や政府組織そのものが、抹殺対象なのである。

そして、この世界は彼らのご都合に従って調整されるというわけだ。
[PR]
by Tibbets_EnolaGay | 2009-05-09 16:54 | 世俗的なこと
<< 適切、適切! 「デイ・オブ・ザ・デッド」 >>