偏見に満ちた日々の雑感・・・とHR/HMや映画のレビュー
by Tibbets_EnolaGay
検索
カテゴリ
全体
地震関連
世俗的なこと
腐れ警察
NHK放逐への道
悪徳企業の傾向と対策
医療・健康
資格試験
賃貸生活
三面記事
懸賞生活
HR/HM
映画
TV
コンピュータなど
ごく身近なこと
本・マンガ
トンでも話
動画
リンク

  ■Excite:ニュース
  ■Excite:翻訳

  ■Infoseek:ニュース
    Infoseek stock
  ■Yahoo:ニュース

  ■懸賞BOX
  ■ラブ懸賞
  ■懸賞~る
  ■懸賞の杜
  ■A・round(エーラウンド)アンケート
  ■【楽天市場】懸賞市場
  ■応募の達人(クローズド懸賞)
  ■登竜門(公募情報)

  ■Ameblo(アメブロ)-トップ

  ■コカ・コーラパーク

  ■楽天ブックス 
    



 
【医療問題に関するサイト】

  ■ナースシングプラザ.com
  ■キャリア・ブレイン 医師の転職、薬剤師・看護師・介護職の転職サイト


【調べもの】

  ■Wikipedia
  ■mapFan地図サイト
  ■ジョルダン 
 
【趣味のサイト】

  ■ヘビメタさん
  ■テレビ東京 「ROCK FUJIYAMA」


【少し世間の見方が変わるサイト】
 ※お口直しにどうぞ。

  ■サヨナラ!石原都知事(TOKYO-MXのプロパガンダにうんざりした人は必見!!
公開期間に限りがあるようですので、保存したい人はお急ぎください)
)

  ■RED-PIPERS.COM("赤い笛吹き”と題されたサイト。国民の未来を想う行為には、右翼も左翼もないのです)
)

  ■NHK受信料を考える
(NHKのヤクザまがいの横暴さを実感できるページ。「NHKへ一方的に受信契約解除する方法」は一読の価値ありです!)
  ■NHK受信料制度と裏事情
  
MAMO's Site →NHK受信料問題とは?

■NHKの不祥事 (from YourPedia)   ■立花孝志-内部告発 -(※ 勇気ある元NHK職員の詳細な内部告発情報)
  ■全国市民オンブズマン 警察裏金・不正支出問題
  ■東急不動産東急リバブル不買運動
  ■反中、嫌韓者のためのページ!!
  ■チームニッポン
  ■ルーブログ(※アメブロに引越しされたようです。前のサイトはコチラ)



以前の記事
2012年 01月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
more...
タグ
ライフログ
書籍
音楽
映画
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


またしても警察の"殺人"
なぜ実況見分もせずに「問題が無かった」と断言できるのか。

記事が配信されたタイミングからして、事件の後、関係者全員の調書をとったり、通行停止にした道路に関係者を集めて現場の再現などを行うような検証作業の前に、当局のステートメントがなされたのは明白である。
いつから警察は、自分たちに都合のいい証言や、主観的な見解を基にして、公式見解を発表をしも咎められないようになったのだろうか?

いくら相手が犯罪者だろうと、無免許の違反者だろうと同じことである。
警察は彼らを捕まえるのが仕事で、ただ追いかけて殺したり、問答無用で銃殺してしまえばいいといものではない。

そもそも、警官が関連して発生した死亡事故で、まったく責任が無かったと断ずるにたる証拠をどこで得たというのだろう。

いつも警察は、交通事故の際には、「事故の当事者は自分に都合のいいことをいう」「事故の原因を作った人間はその行為を詐称したり、言いつくろったりする」ということを念頭において調査を進めるのではなかったか?(※個人的には、警官から直にそういう話を聞いたことがある)
自分たちのお仲間がやっていることは、疑う余地がなくすべて正しいのか?

以前も、職務質問や、パトカーの追跡で車が事故を起こしたり、果ては車に向かって警官が発砲するような事件もおきている。
※弾は車に命中せず、警官が想定も安全確認もしていない周辺の路地に飛んだが、幸い被害者は出なかった。

こういう事故が多発し実際に被害者が出ているのに、自分たちの業務が全く問題ないと決め付ける根拠はどこにあるのか。

彼らは、「相手に後ろ暗いところがあった」だの「公務執行妨害だった」だのと屁理屈を並べるかもしれない。
だが、事故はおきているし、この件では死人もでている。
警官たちが介在しなければ、この事故現場で人が死ぬことは無かったということには思い至らないのだろうか?
自分たちが原因を作った事件に対して、何ら自覚が無いばかりか、ただのマッチポンプになっていることに気づかないのだろうか?

犯罪者や怪しい人間がいたら、居丈高になって興奮状態になってあたり構わず追いかけまわす。
付近の状況も、事故に巻き込まれる被害者のことも考慮しない(以前、車に発砲したケースでは流れ弾が人にあたっても不思議はなかった)。
それが、プロの仕事といえるのだろうか?

拳銃さえ持っていれば、馬鹿でもできることである。

また、「アメリカの警官なら、とっくに射殺している」と反論する向きもあるかも知れない。
しかし、ここは日本であるし、そういう対応をするのであれば、そういう広報活動をしっかり行った上で行い、現場でも銃を向ける際に警告を発して、周囲の安全確認をするように訓練すべきである。
さもないと、いくらでも死人は出る(むしろ、撃たれると思っていない人間は、猟場のカモのようなものである)。

現時点で、少なくとも明らかなのは、警察官がその存在意義を逸脱して、人が死ぬ原因を生み出したということだけである。

<交通事故>パト追跡車が正面衝突 1人死亡2人けが 福岡 [ 08月11日 11時57分 ]
Excite エキサイト : 社会ニュース
[毎日新聞]
 11日午前1時ごろ、福岡市西区石丸1の県道で、警ら中のパトカーに追跡されていた同市早良区四箇田団地、職業不詳、竹之下豊志さん(45)運転の乗用車が対向車線にはみ出し、福岡県前原市潤、パチンコ店店員、藤木和男さん(28)運転の軽乗用車と正面衝突した。藤木さんは頭を強く打って死亡、助手席に乗っていた福岡市西区小戸4、福岡大学職員、古河聡子さん(28)が意識不明の重体。竹之下さんも右足骨折の重傷を負った。

 福岡・西署は、竹之下さんの容体が回復次第、自動車運転過失致死傷容疑で取り調べ、逮捕する方針。竹之下さんは無免許だった。

 調べでは、竹之下さんは事故現場から北に約900メートル離れた県道で、赤信号で停車していたが、警ら中の署員が職務質問しようとしたところ急発進。時速100キロ以上で片側2車線の道路を走っている時に併走するタクシーと接触し、対向車線に飛び出したという。

 竹之下さんの車はナンバープレートを樹脂で覆って見えにくくしていた。署員がパトカーのマイクで声をかけて職務質問しようしたところ、青信号と同時に急発進したという。

 竹之下さんは、藤木さんの軽乗用車に衝突した後、藤木さんの車に後続する福岡市早良区の会社員男性(33)が運転する乗用車にも衝突したが、会社員にけがはなかった。

 事故発生当時、パトカーは赤色灯をつけ、サイレンを鳴らして約300メートル後方から追跡していた。同署の清武道秀副署長は「追跡方法などに問題はなかったと考えている。亡くなった方の冥福をお祈りする」と話している。

[PR]
by Tibbets_EnolaGay | 2007-08-11 16:49 | 腐れ警察
<< 『パトカーに追跡されバイク衝突... 雑な仕事をして、被爆者や高齢者... >>