偏見に満ちた日々の雑感・・・とHR/HMや映画のレビュー
by Tibbets_EnolaGay
検索
カテゴリ
全体
地震関連
世俗的なこと
腐れ警察
NHK放逐への道
悪徳企業の傾向と対策
医療・健康
資格試験
賃貸生活
三面記事
懸賞生活
HR/HM
映画
TV
コンピュータなど
ごく身近なこと
本・マンガ
トンでも話
動画
リンク

  ■Excite:ニュース
  ■Excite:翻訳

  ■Infoseek:ニュース
    Infoseek stock
  ■Yahoo:ニュース

  ■懸賞BOX
  ■ラブ懸賞
  ■懸賞~る
  ■懸賞の杜
  ■A・round(エーラウンド)アンケート
  ■【楽天市場】懸賞市場
  ■応募の達人(クローズド懸賞)
  ■登竜門(公募情報)

  ■Ameblo(アメブロ)-トップ

  ■コカ・コーラパーク

  ■楽天ブックス 
    



 
【医療問題に関するサイト】

  ■ナースシングプラザ.com
  ■キャリア・ブレイン 医師の転職、薬剤師・看護師・介護職の転職サイト


【調べもの】

  ■Wikipedia
  ■mapFan地図サイト
  ■ジョルダン 
 
【趣味のサイト】

  ■ヘビメタさん
  ■テレビ東京 「ROCK FUJIYAMA」


【少し世間の見方が変わるサイト】
 ※お口直しにどうぞ。

  ■サヨナラ!石原都知事(TOKYO-MXのプロパガンダにうんざりした人は必見!!
公開期間に限りがあるようですので、保存したい人はお急ぎください)
)

  ■RED-PIPERS.COM("赤い笛吹き”と題されたサイト。国民の未来を想う行為には、右翼も左翼もないのです)
)

  ■NHK受信料を考える
(NHKのヤクザまがいの横暴さを実感できるページ。「NHKへ一方的に受信契約解除する方法」は一読の価値ありです!)
  ■NHK受信料制度と裏事情
  
MAMO's Site →NHK受信料問題とは?

■NHKの不祥事 (from YourPedia)   ■立花孝志-内部告発 -(※ 勇気ある元NHK職員の詳細な内部告発情報)
  ■全国市民オンブズマン 警察裏金・不正支出問題
  ■東急不動産東急リバブル不買運動
  ■反中、嫌韓者のためのページ!!
  ■チームニッポン
  ■ルーブログ(※アメブロに引越しされたようです。前のサイトはコチラ)



以前の記事
2012年 01月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
more...
タグ
ライフログ
書籍
音楽
映画
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:ごく身近なこと( 21 )
掃除機の買い替え
掃除機が壊れた。

ダイソンの馬鹿高いモデルだが、モーターがヘタれてあっけなくお陀仏。

サービス窓口に電話すると、どんな故障でも一律18,900円かかるとのこと。
一応、どこが壊れていようと(たとえ部品が全とっかえになろうと)それで間に合うそうなのだが、こういう融通の利かないサービスってどうかと思う。
※ネットでいろいろ調べてみると、海外のメーカだけあって修理に異様に手間取るケースもあるらしい。

壊れたものを下取りに出して、新しい機種を安く購入できるそうなのだが、ネットで調べてみるとこれまた評判の悪いこと。
騒音レベルが、とても日本の家屋で使えるものではないらしいのだ(そういや壊れたやつもうるさかった・・・)。
おまけに、リコール

という訳で買い替えを決定。

パナソニックの エアシス MC-SXD410という評判のよさそうなものを選んだのだが、これが高い。

三洋が開発して、十万以上で売っていたモデルの後継だが、家電事業が潰れて別メーカに技術が流れてしまったものらしい。

自分とこで開発したわけじゃないんだからもっと安く売ればいいのに・・・。

・一番安値だったところ














・長期保障の付いているところ

[PR]
by tibbets_enolagay | 2012-01-15 01:07 | ごく身近なこと
「エキサイト」いい加減にしろよ・・・
どうやら、記事内にテキスト広告が掲載されるようになったようだ。

ブログ設置者になんら断りもなく

無論、申し込み手続きに該当するような操作や、メールのやり取りを行った覚えは一切ない。

しかも、簡単に調べただけだが、参照したページの先頭記事に自動的に添付されるようで、どこかのリンクから飛んできた人には強制的に表示されるようになっている。

外す設定も明記されていない

どこかに書かれているのかも知れないが、あえて見つかりにくくしてあるのか、ともかく自分には分からなかった。

このブログのくだらない記事を、なにかの気まぐれか偶然で、閲覧してくださった方には大変申し訳ない。
※携帯とかで参照した日には、無駄なテキストがだらだら流れるのだろうか。利用者にはエラい迷惑である。

だから、エキサイトって嫌だ。普通のポータルサイトはこんな無神経なことはするまい。

理不尽なキレ方をしている、と受け取る方もいるかも知れない。
タダでブログを設営しているんだから、広告くらい我慢しろとすべきというのも正論かも知れない。
しかし、利用者に断りもなく、解除機能に関する説明もなく、こんなものを設置する権利はどんなサーバ管理者にも無いはずである。
※おまけにこのサイト、他にも前歴があるのだ。ブログへログインしたトップページに、「自民党なんたらかんたら」というバナーを掲載したり、非公開にしていたコメントや、トラックバックを無断で公開設定に変更してしまったり・・・。

早く引越ししたいなあ。

---
しかし、ここだけの話、ブログの引越し機能をこの業者はまともに整備するつもりが無いようなのだ(他のサイトから引っ越す機能はあるというのに、なんという独善!!)。

全部おっぽりだして、移転するしかないのかな。
[PR]
by tibbets_enolagay | 2010-07-05 13:14 | ごく身近なこと
仕事のセンスに不自由なひとたち(その2)
こういう連中はネタがつきない。
また、同じテーマでいろいろ書いてみようと思う。

まずは。
・アホ警官 Vol.1

といっても、DNA検査とか大層なものを振りかざして、無実の人を17年以上も監獄につなぐようなおえらい人ではなくて、交番の警官やパトカーで警邏をしたりする連中である。

とあるコンビニの前で、なにやら白バイにまたがった警官が学生らしき若者を捕まえて、なにか取り調べのようなことを行っている。

見ると、近くには50ccの原付バイクがとめてある。

何かの事故かと思い聞き耳を立ててみると、何のことはない。

その若者が、コンビニの駐輪スペースに原付を止める際に、エンジンを切らないでそのまま歩道を進んだことを咎めているようだ。
※といっても、それほど大きな道路に面した店ではないので、原付が止めてあるのはせいぜい自転車が数台止められる程度のスペースで、道路から2メートルも離れていない。

なんとご立派な警官なのだろう!!

”だからどうした”というのだ。
違反切符が切れるわけでも、罰金が分取れる捕れるわけでもないのに、クドクド注意を繰り返すのに時間を費やしているのである。

交通マナーやモラルのことをいうなら、大きな公道がそのすぐ百メートル先を走っていて、夜になると改造バイクやスピード違反の車両が大きな音を出して連日走り回っている。
家は道路からそれほど近くないというのに、23時から3時くらいまで、爆音がほとんど毎日のように聞こえてくるのだ(苦情が警察に通報されていないわけはあるまい)。

それを取り締まろうともしないで、コンビニそばで原付にのった若者を尋問だと!?

平和な話だ。
給料返して、とっとと止めちまえ。

続いても、
・アホ警官 Vol.2

先日、雨のそぼ降る中、一人で警邏をしている警官を見つけた。

いい年をして、自転車にのって交番勤務をしているような連中だから無能であることは承知しているのだが。

なにやら、電柱の周りをうろうろしている。

何をしているのだろうと良く見ると、とめてある自転車の登録番号を調べている。

自転車は真新しく、鍵もかけてあるようだったが、警官は興味津々である。

ちなみに、周囲には戸建ての家やアパートなどが林立している場所である。
広大な空き地や、工場の跡地に廃棄されているわけでもない自転車をこの警官は調べているのだ。

断っておくと、この自転車のとめてある場所から数メートル離れている場所には、住宅の入り口があったし、近所にアパートやマンションも多い。誰かが近所の友人のうちにフラっとと立ち寄り、その間、住宅の構内に置き場のない自転車を付近に止めることなどこの警官は思いつかないようである。

まあ、していること自体は非難できない-と思いかけたのだが、公金から高い給料をもらっている警官がいちいち歩き回る中で、こんなことをしているのは本当に合理的だろうか?

住宅地の片隅で、置かれている自転車を見かけるだびに立ち止まって一台一台調べるよりも、もっと、広範囲を歩き回って警邏するほうが、治安のためになると思わないのだろうか?
※個人的には、あの連中が警防や実弾をこめた銃をもってウロツクのには不穏なものを禁じえないが、本来の交番の警官による警邏活動というのはそうしたことを地道に行うことで、治安を守ってきたのである。

また、警察の下請けをして生業としている連中が大勢居ることを考えるとこれはどう考えてもムダだ。

駅の近くに自転車を止めるだけで、勝手に自転車のカギを壊して、自転車集積所に集める業者や、自動車の違法駐車を見つけるたびに嬉々としてデジカメで写真を撮っている取締り業者といった類の連中がいるではないか。

こういうムダなことこそ、あの薄汚い害虫(失礼、”外注”だ)連中に任せて、ご自身たちは世の中の治安維持に努めたほうが建設的というものではないだろうか?
[PR]
by Tibbets_EnolaGay | 2010-05-17 22:54 | ごく身近なこと
これで診療報酬を上げろとは片腹痛い
様々な医療関係者への不満は、以前いろいろと書いたのだが。

最近罹っている医師のアホアホぶりに辟易したので、毒抜きの意味でここに書いておく。

かなりヤブな医者にはいろいろであってきたのだが、今回はなかなか酷い。

・治療や薬の処方について相談すると、きったない字で書かれたカルテを患者の目の前に広げてずっと読みふける。
 薬の変更などがあると、大変である。いつからどの薬をはじめた・・・などということを延々調べ始めるので、体調や愁訴などの話は、いつのまにかどこかにトンでしまっている。

・薬の処方の段になると、いちいち薬の量をこちらに聞きながら、処方箋を書く。
 普通、患者が退席してから一人で書くものだと思うのだが、飲み方や分量などを患者に聞けるというのが都合が良いらしく、いちいち薬の名前や、量を声に出して読み上げながら、処方箋を記入していく。
 おかげで、健康保険証の番号などを調べ調べ記入するのを診療室で待たなければならない。

・診断書を書く間もずっと同席させられる。
 とある、医療費の免除制度を利用しようと、医師の証明となる診断書(自治体の用意したフォーマット)をもらおうとしたのだが、どの項目にどう書いていいのか分からないらしく、すべての項目をこちらに質問しながら書き込んでいた。
 書面は、すべて医師しか分からない専門用語ばかりであるし、診断書用紙には区が用意したQA表もついていたのだが、患者が一問一答のように項目を答えるというのはどう考えてもおかしいのだが。
 それでいて、診断書を書いてもらうのに数千円もかかってしまったのだから、笑いごとにもならない。

・・・などなど。他にもいろいろあるのだが、ここまでにしておく。

こんな奴のために医療報酬が引き上げられるということを考えると空しくなるなあ。
[PR]
by Tibbets_EnolaGay | 2010-04-10 13:24 | ごく身近なこと
仕事のセンスに不自由なひとたち
最近もらっている給料に値しないアルバイトレベルの連中に出くわしてうんざりすることが増えてきた。

その場で文句を言った場合もあるが(大概はいちいち目くじらを立てるまいとなにも言わずに引き下がるのだが)、まったく理解できない様子でボーッと聞いているヤツもいるので不快である。

以下、完全に愚痴を並べ立てるだけになるが、吐き出さないと気持ちが悪いので実例を並べてみることにする。
※無理くり、口実を付ければ、昨今の企業やお役所の怠慢や不祥事はこうした仕事に対するプロ意識の欠如と同根だと考えるからである。ここで批判したかといってどうなるわけでもないが、だからといって皆が見てみぬ振りをすればよいというわけでもあるまい。

・とある病院の看護師兼会計係
 数年通院したのだが、当初”領収書”というものを一切発行されなかったことがある(要求しなかったこちらも悪いのだが)。
 並行して、別の歯科や、他の病院を利用した年に、確定申告で医療費負担の一部が控除されるかも知れないからと、領収書を要求したら、(なんと!)一年分の金額を書いた領収書を手渡された。
 「こんなものが税務署に信じてもらえるのか」と思ったが、一応提出したところ、還付金申請はそれで認められた。

 まあ、件の領収書には病院の捺印もあり、不正や不備があったら、それは病院の責任ということになるのだが・・・。
 それでも、これはどうかと思う。

 ちなみに、現在では、医療費を印刷する機械が導入されたらしく、受診時には毎回領収書を発行してくれる(この器機が無かったらたぶん毎回言わないともらえないのだと思う)。
 だが、話はそれだけで終わらない。
 その機械でプリントアウトされる領収書は、所謂スーパーやコンビニのレジで使われるような感熱ロール紙で発行されるのである。
 半年もすれば、書かれている字はかすれてくるのだ・・・。

 おかしいよ。この病院(笑)

・区役所の受付担当者

 区役所の”健康管理センター”でとある申請書類を出そうとしたところ、山のような準備資料の他に”3ヶ月以内の住民票”を添付しろといわれた。
 同じ区役所で出す書類なのに、なんでわざわざ住民票が必要なのかとも思うのだが、まあ「お役所」の言うことである。
 文句を言っても始まらないと、住民票を発行してもらいに行こうとすると窓口は別の棟だという(はいはい、なんでもないさ。もちろんタダじゃないがな)。
 その窓口に赴き、住民票の発行手続きを待つ間、「また区役所をあちこち行きかうのはごめんだ」と思い、必要書類を確認する。すると、(気付かないぐらいの小さな字で)住民票の提出に関して”廃票”が必要だという意味の但し書きがある。
 ”廃票”というの専門用語で必要だなどと書かれてもさっぱり分からない。(※ちなみに申請用紙のどこを読んでもこの言葉の説明らしきものはない)

 受付の順番が来たので、住民票の発行を申し込むついでに、この”廃票”というのが何かと聞いてみる。
 担当者は答えて曰く。
 「その申請書に記載されているのであれば、お宅が申請される先の担当者にお聞きいただけますか?」

 だから、その用語自体が分からんし、そもそも同じ区役所が出せといっている書類なんだろうが!!

 そろそろ、このタライ回しぶりにイライラし始めて、食い下がる。
 「この申請用紙に、”今の住所に一年以上住んでいる人は別途廃票が必要”と書かれているんです。
 そもそも”廃票”というのはなんですか」”
 窓口の女、
 「さあ?こちらではなんとも。お手持ちの申請書の担当者の方にお聞きください」
 「転出用の住民票が必要なら別の書類が必要ですが」 
 と要領を得ない。

 住民票を発行してもらうために、印紙代まで払って、これである(ちなみに、言いたくはないが、こちとらこの申請をするためにバスを乗り継いで、区役所まで来ているのだ)。

 すったもんだの末、もうすこしベテランの職員さんに声をかけてみたところ、こんな回答が・・・。
 「今の住所に一年以上お住まいですか?
 であれば、住民票の別欄に前の住所が記載されますが。それのことではないですか?」

 「はあ・・・」

 要するに、(特殊なオプションを持たない)通常の住民票を発行してもらえば、”廃票”とやらが含まれたものが手に入るということらしい。

・・・って、分かるかよ!!
 限られた時間に区役所に出向いて、 お役所の職員同士でも分からないような”用語”でタライ回しされる身にもなれ。
 
 恐らくだが、”健康管理センター”へ戻って「この住民票の”廃票”ってなんですか」と尋ねたところで、「住民票の受付窓口で聞いてみてください」という答えが返ってきたと思う(あくまで推測ではあるが、彼らは彼らで自分たちの働いているところで取り扱う手続きにしか知識がないのだから)。
 
 ちなみに、住民票の発行手数料は300円。
 ※一般のアルバイト職なら拘束時間数十分の賃金に相当する額である。無論、9時-5時仕事で、税金を食い潰す下っ端役人には屁でもないだろうが。いいご身分である。

 (そろそろコンビニなどで発行サービスが開始されると聞くが)我々は、区役所ないし区民会館でしか、住民票を発行してもらえないために、平日のオンタイムに連中のところに出向かなければならない・・・。

 こんな奴らのために税金を払わされるなんて、バカバカしいよ。

 
・病院に来るセールスマン

病院の大小関わらず、よく見かけるのがこの手の営業マンだ。

きちんとプロ意識を持っているやつや、大きな病院の窓口に来るやつはまだマシなのだが、よくいるのが受診者がいるのに、長々と病院の窓口でくっちゃべるやつ。

(小さな病院だと特に)会計や調剤を延々待たされることになり、不愉快この上ない。

こういう連中は、自分たちの営業成績のほうが、病院の受診者より大切だなどといのが、どれだけ本末顛倒な話なのか思いもつかないのだろう。

この辺は、医薬器機を売りにきているやつと、薬を置いてくれるよう売り込みに着ているやつとの違いはあまりない。が、後者であれば、後発薬の促進を遅らせるために大手の製薬会社が走狗として使っている麻薬のディーラー(小売業者)のようなものと見て、それほど齟齬はないだろう。

人間の健康や命を、自分たちの利益と引き換えにする畜生どもだ(ちょっと怒りすぎかな?)。

・サーク○Kサン○スの店員

※ほんとうはこういうのを列記したくて書き始めたのだが忘れていた。

近所のコンビニのなかなかにセンスの無いアホ店員について。

レジ袋の中に、買った弁当の上に2リットルのペットボトルや牛乳のパックを載せるのなど当たり前、アイスクリームを入れた袋の中にホットのペットボトルを入れるような離れ技までやってのける。

支払いにEdyを使って、不足分を現金で支払おうとするとレジの前でフリーズしてしまう。

普通コンビニなどで、清算に1万円札を渡すことで小銭に崩すということはよくあるのだが、怖くてこの店で万札や五千円札を渡すなどことなどできない。
[PR]
by tibbets_enolagay | 2010-02-26 15:41 | ごく身近なこと
〇膿運輸のお話
先日この運送会社からの不在連絡票がポスト入っていた。
調べてみると、この運送会社、Webからの受付の機構も無ければ、無料電話による再配達の受付も行っていた無い。

しかもその番号にかけてみると、電話に出ないこと出ないこと(何十回かけて、何百回コールしただろう)。

ようやく、夕方になってつながって、託送を以来すると、「本日の配送は無理」で明日以降の配送となるという。

どういう神経なのだろう。

個人的には、今まで、運送会社のサービスレベルのワースト1は、ペ○カン便だったが、軽々とそれを追い越してしまった。

もっとも、ヤマト運輸のような大手でも、メール便の多くを未配送のままにしているケースが散見されるという。
※これは、明らかになったものが、しっかり報道されているので実名でも構うまい。ただ、実際に報告されている件数が氷山の一角である可能性はある。

これはこれで、(受け取りの確認がないのをいいことに)してもいない仕事の報酬を受け取っているわけで、業腹な話ではある。
[PR]
by Tibbets_EnolaGay | 2009-11-01 16:08 | ごく身近なこと
”馬鹿”親を助長する”少子化対策”に意味はあるのか
セキュリティの甘い(というかまったく考慮されていない)ボロアパートにすんでいる所為か、近所の馬鹿な親やそこから培養されたバカ餓鬼に悩まれされる毎日である。

いちばん良くあるのは、奇声を発しながらアパートの廊下や階段を走り回るアホ餓鬼をしり目に、おばはん数人が付近の道路で井戸端会議をしている状況である(※ロックは勿論、門や柵がないため、脳みその足りない〇愚どもには格好の遊び場になるらしい。一種の不法侵入なのであるが)。

その様子をなにもせず(というか当たり前のように放置し)、なにやらばばあが顔を突き合わせて話し合っているのが実に業腹である。
脳みその足りないババアが集まって、何を話し合うことがあるのか・・・という疑問は置いておくにしても、自分の子供がすることならなんでも許されるという傲慢には真に醜い利己主義が伺える。

この辺は、電車の中で走り回る子供を注意もせずに掘っておく男親などの姿に見えるものと同じなので、同じ感覚を共有した人も大野ではなかろうか。
この連中はほぼ例外なく、
「子供が騒いですみません。年端もいかないので我慢してやってください」
というエクスキューズもなしに、当たり前の権利のように振舞うのである。

身近な話題ばかりに終始するとつまらないので、少し視点を広げてみる。

最近、”少子化対策”という論点で(※ここがかなりオカシイのだが)、主婦の自転車の3人乗りが許可されるべきだという主張がなされた。
言い出したのはどこかの主婦で、市販の自転車のほとんどが2人乗りを想定して設計されていないのにも関わらず、自分たちが子育てをするには自転車に子供を乗せる必要があると、もっともらしい理由をつけて述べたのである。

驚くべきことに、この無茶苦茶な主張に対応する形で、3人乗りに関する安全性調査が、警察や自治体によって行われたり、自転車メーカーによる3人乗り自転車の研究が進められたりもし、実際にこうした3人乗り自転車(新たに開発されたものではないだろうが)を街中で良く見かけるようになった。

本当の問題点を素通りし、こうした目先の対応に終始するのは女性ならではの近視眼だというべきだろうが、こうしたことに批判の目があつまることはほとんど無い。

しかし、この3人乗り自転車を巻き込む事故を起こしたドライバーは、あきらかに既存の道交法に違反している自転車の危険運転行為を差し引いて、過失傷害の責任を問われることになる可能性が高い。

そして、その際自らの子供を危険に晒したのはほかならぬ親なのである。
※実際に、身の回りで走るこのバカ主婦の3人乗り(あるいは2人乗り)自転車は、ふらふらして危険きわまりない。自転車の構造がそういう運転を前提に設計されていないばかりか、ろくな運転技術も無い主婦が乗っているのだから当たり前のことである。

最初の話に戻ると、子供を近所のアパートや(場合によっては道路)などで走り回らせている親も、そこで子供が階段から転落したり、隣接した駐車上から発車した車に接触したり、道路を飛び出して事故にあったりすることに関して、まったく自己の責任を放棄している(それ以前に近所迷惑をかけているのは言わずもがななのだが)。
[PR]
by Tibbets_EnolaGay | 2009-03-19 09:58 | ごく身近なこと
ジェネリック医薬品を阻害する医療現場
他に書き散らしていることより、まじめな話題だが、身近な話として体験したことを書く。

ジェネリック医薬品(ライセンスが切れるなどして、後発の薬品として安価に生産・提供される医薬品・・・で認識はあってる?)が、実際の医療現場で非常に排斥されている現状がある。

多くの医師は、明らかに医薬品の更新に熱心ではないし(なんらかの利権構造もあるようだ)、ジェネリック医薬品について全く知識がないか、その認識がまちまちである。

これには厚生労働省の公知活動にも責任があるのだろう。

この問題に関するプライベートな話題は今度じっくり書くとして。

この後発薬品、医師がはっきりと処方箋で禁止したりできるようになっているほか、院内処方では出さない(※つまり処方箋の発行料と、薬局への往来や薬局の手数料は別に発生)方針があったり、医師がまったくそうした情報を受け取るルートがないという場合もあるようだ。
恐らく、こうしたクスリの収益に群がる吸血ヒルのような連中がいるのだろう。

すくなくとも、十数年前から同じくクスリを処方されているものに関しては、1/7~1/5になるようなものもあることが実体験から分かったが、多くの医師はまったく意に介さず同じクスリを処方し続けているようだ。
恐らくその利益は莫大なものになるだろう。

医師や看護師の不足の原因を、医療報酬やその過酷な条件に求めるなら、この無駄な金の流れを止めて、報酬に当てればよさそうなものだ。

そして、”事なかれ主義の医師”にもその責任はある。

政府が財政難や、医療サービスの低下を問題視している最中、(医薬品会社と直接・間接に結びついた)自分の利益や、あるいは無関心のために、その状況を変えようともしないのである。
(むしろ、積極的に阻害しようとしているように思える)

※これは「東〇日動海上」のとある医師の話だが、非常に頭に来る話なので、冷静に書く自信がない。
別の投稿であらためて書くことにする。ほんとうにあった話であり、まったく誹謗中傷のつもりもないし、その内容に問題があればこちらにではなく、彼らにある。

[PR]
by Tibbets_EnolaGay | 2009-02-06 08:01 | ごく身近なこと
コンビニ アホバイト三態
<労働白書>仕事の満足度低下 背景に非正規急増や成果主義 2008年7月22日 12時14分
Excite エキサイト : 社会ニュース
[毎日jp]

 厚生労働省は22日、08年版の「労働経済の分析」(労働白書)を公表した。労働者の仕事に対する満足感を初めて取り上げ、雇用の安定や仕事のやりがいなどの面で満足度が低下していると指摘。背景として非正規労働の急増や成果主義賃金の導入などを挙げ、「日本的雇用制度への再評価が広がっている」と分析している。

 白書は内閣府の「国民生活選好度調査」からデータを引き、「雇用の安定」について「満足」と答えた人の割合が78年の33%から05年には14.8%に減ったと指摘。同じく「仕事のやりがい」は30.5%から16.6%に、「収入の増加」も23.7%から6.2%に低下したことを示した。そのうえで「企業が仕事への意欲を高める目的で導入した成果主義賃金制度が必ずしも成功していない。賃金制度の運用改善に心がける必要がある」と提言している。

 また、正社員の仕事がなく、パート以外の非正規で働いている人の割合は01年の38%から06年には44%に上昇し、正社員に比べ相対的に仕事への満足感が低いと強調。「正社員になれない就業者の不安や不満が高まっている。非正規雇用はコスト削減には有効でも、職業能力を高めず、労働生産性向上にはマイナス」と断じた。

 そして、日本が国際競争力を失っていく過程で批判された長期雇用や年功序列賃金制度などに言及、「再評価の動きがある」とした。【東海林智】

なにが、「労働生産力向上」だ。

日本には生産などを行う産業基盤はすでにありはしない。
自らすべて捨て去ってしまったのだ。

しかもしれっと「日本的雇用制度への再評価」だのと、自慢たらしく・・・呆れてものも言えない。
「成果主義」だのを”モーセの十戒”の如く喧伝し、「終身雇用」や「年功序列」を害悪のように言い募っていた連中が舌の根も乾かぬうちに一転これである。

あるのは、既得権益でうまい汁をすする老人の座席だけである。

すべては、産業型資本主義を壊死させてきた薄汚い守銭奴のおかげで、この日本は完全なるアマチュア・アルバイト社会に成り果てた。

以下は、その現状についての個人的な愚痴である。

暇な人はお付き合いを。。。
---

最近、とみにコンビニのアホ店員の行状が気に障るようになってきた。
ここにいくつか例を挙げよう。
※大げさかもしれないが、これは団塊の世代の怠慢が許した、人間の劣化であり、日本の縮図である。


---
ンターネットで買い物したものを、受け取れるというので、通り道のサンクスを送付先にしたところ、受け取るのが偉い大変なことになった。
「インターネットで買い物したもの受け取りたいんですけど。。。」
と店員にいうと、
「はい」と返事はするものの。

こちらの出した受け取り番号のメモと、レジを睨めっこしてようやく上のクラスの店員を呼びにいった。
何を粘ってんだか。わからんのなら最初から聞きにいけよ。
というより、この連中わかる人間がいなかったらどうするつもりなのだろうか?

---
近になって、Edyはなにやら、管理会社が変わったようで、インターネットの買い物などには使えなくなった模様。
コンビニの系列によっても違うようだが、公共料金などの支払いにも使えないらしく(いつからそうなったのか最初からそうなのかわからない)、それならばわざわざこんなカードを使うかは消費者にしてみれば疑問のあるところで、サービスレベルの低下を周知するなり、解約する選択肢を与えるなりするべきだと思うのだが。
※これでは、ただのコンビニのポイントカードのようなもので、不特定多数のコンビニを利用するものとしてはメリットは薄い。

とある日、インターネットで購入したCDと食品を買いに訪れた。
レジに商品を渡して、
食品のほうは通常通りEdyで、ネットで買ったものは現金でお願いします
というと、
はあ・・・
との生返事。

こちらの発言の意味が理解の範疇にないのか、わけのわからない客に無理難題を言われたと思ったのか。
客に対して、「はあ・・・」は無いと思うのだが。

このアホバイト、その後もレジを何度も、
このお弁当だけ、カード(Edy)で支払いですか?」
「いや、飲み物とか他のもですけど・・・」

何で弁当だけ選択的にカードで支払うのか?
本当のアホである。

Edyというのは、利用者が300円を支払って利便性のために利用しているサービスのはずだが、この店員のようなアホはその仕組みすらご理解ないようだ。
ちなみに、私はこのカードでレジの処理時間が短くなったとは一向に思えない。

逆にスキミングや店員によるの改ざんなどの犯罪や、清算処理の誤りで金を損失しそうな気がして、あまり金額を入れないようにしている。

---
て最後は、一番多いタイプで、実際に体験されたことも多いと思う手合い。

清算の際、Edyやnanacoなどのカードの残金が不足している場合がある。

「すみません。チャージしてからの支払いでお願いします。」
というと、
「残金だけ現金でお支払いはだめですか?」

「?」
と思い、
「いや、一回カードにお金を追加して、それで支払いたいんですけど・・・」
と言うと(別に不合理でも、難題を吹っかけているわけでも無い筈だ)、
「(うーん)」
と相手の店員は、悩んだまま、レジと格闘している。

「一回未払いの状態に戻してから、チャージからやり直してほしいんですけど・・・」
とこちらが丁寧に、行動を示唆しても上の空である。

常識的に考えると、清算の途中で、それをクリアして再度入力が行えないようなシステムを作るバカなエンジニアはいない。
この連中はその操作を教わっていないか、使えないだけなのだ。
時には、
「その処理はできないんですけど」
などと言い逃れようとする不遜で面の皮の厚いやつもいる(※こういう人間には、個人的に酷い迷惑をこうむったことがあるので、後述する)。

このような輩には、コンビニに限らず、スーパーなどで、商品券や割引券を使った場合にもよく出会う。
支払いの際に、現金と併せて券を出すと、
「・・・?」
と思考停止する。

そして、
「ちょっと・・・、まってください」
明らかに自分が直面してる状況の意味が分からない姿を露呈する。
通常の清算の操作に、その券をどう加えればいいのか分からないのである(たいていは脇にある一つのキーを押すだけだったりという単純なことなのだが)。

そのうち、レジと格闘し始めるが、どこにその処理をする機能があるか分かるはずも無い。
すぐに、詳しい店員に聞きに行くのならまだましだが(それでもレジにたっている人間がいちいち人が列を作っている中でレジを離れるのも相当恥ずかしい話だ)、ずっと券とレジスターをにらんだまま、時間だけを浪費するものもいる。

こういうバカを見ると、「大丈夫かな、二重に請求されたり、余計な処理をされていないかな」と心配する一コンシューマーの自分がいる。
金を払ってまで、不安を買うとは理解に苦しむが、それが現状だ。

カードを使っているせいで、清算の処理時間がえらく長くなっている気がするのは自分だけだろうか?
日本全国で統計を取ってみたらどうなのだろう?
儲けているのはカードの機械を作っている会社と清算処理を行っている金融機関だけで、我々はカードを持つことで、余計な時間の浪費とコンビニのQoSの劣化という不利益を負わされているだけではないのか。
※カードはたいてい、発行手数料や、管理費も発生するので、それでうまい汁を吸っている輩も多いだろう。

ともあれ、いきおいカードにチャージするお金は最小限になるし、家に帰って商品とレシートを見比べる不便な毎日は続くことになるのだ。

---
小うるさいクレーマーと言う無かれ。。。

個人的には、以前セ〇イレブンの店員に、一万円を払ったところ、おつりが全然足りずどうやら5千円のつもりで清算されてしまったことが判明したこともあった。
※注意をおこたった自分が悪いのであるし、レシートの確認を月末まで行わなかった日常の財務管理も大甘であった(銀行からの引き落とし明細と、どうしても計算が合わないのでかろうじて気づいたのだ)。

また、お役所仕事という意味では、このバイトの無駄飯食いの役立たず(ユースレス・イーターズ)は、会社の総務や経理の人間と重なる面もある。
※いずれも、企業内で利権を悪用する人間の代名詞だ。
企業では、社員が通勤ルートを総務部などに提示して、登録する制度がある。後で、労災認定などのために必要なのだろう。
とある年、JRと地下鉄を乗り継いで新宿に行く通勤絽を申請した後で、地下鉄と私鉄の相互乗り入れを利用したほうが7~9分早く着けることが分かって、登録したルートの変更を求めたところ、
”コバヤシ”(”※今でも名前は忘れない)という総務部の人間が、一旦登録したのでルートの変更はできないという。
定期券(会社支給のもの)の変更もムリだと自信満々にいう。
しかたなしに、通勤ルートはそのままにして、半年後通勤ルートを変更しようとしたら、なんとその”コバヤシ”は既に会社を辞めていて、通勤路の変更などいつでも出来ることがわかった。
(自信満々の役人口調のあの人間を信じた自分をこれ以上ないほど恥じたが)あの時、定期券を払い戻して、新しい定期に変更して、総務に伝えればよかっただけのことであった。

などなど、いろんな経緯を経て、私はマニュアル人間(パート・アルバイトだけでなく最近はどの企業もそうだ)や、お役所、警察官などすべての、生きるために人の命令に従っている人間を信じないし、尊重もしない。
[PR]
by Tibbets_EnolaGay | 2008-07-22 00:09 | ごく身近なこと
エキサイトメール・・・その後
案の上というか、またもや外注丸投げのずさん管理の実態が・・・。
※こちらの予想したシナリオとまったく違いがないのが、恐ろしいところだ。

どこぞの電機メーカや食品会社と変わりはないようだ。

しかし、有料サービスを受けている人も同じ状況なのだろうか。だとすれば、サービスの利用阻害度は度が過ぎたもので、補償の問題にもなりそうだ。

なんにせよ、これだけのことを認めるのに数ヶ月も時間がかかるとは、お粗末なものだ。
---

件名 エキサイトメールに関する大切なお知らせ
日時 08/03/01 06:03
差出人 Excite Information

エキサイト及び、エキサイトメールをご利用のお客様へ大切なお知らせ


平素は エキサイトをご利用頂き、誠にありがとうございます。

さて、昨年12月21日に、エキサイトメールのリニューアルを行いましたが、
その直後に、ログイン障害、受信メールの大幅な遅延、過去データの復帰の
遅延等の障害が発生し、大変ご迷惑をおかけしました。

これら一連の障害については、リニューアル以降のサービス委託先である
株式会社ISAOと早期の不具合改善にむけてさまざまな施策を行ってまいり
ましたが、現時点で多くの障害がほぼ解消に向かってはいるものの、
いまだ完全な復旧に至ってはおりません。

そこで、これ以上の長期化を避けるために、この度メールの運用・開発を
自社に切り替え、以前のエキサイトメールと同じシステムで再構築すること
を決定いたしましたのでご連絡申し上げます。

元のシステムに戻す理由としては、長年安定した運用実績があり、現在発生
しているレスポンスの悪さや、ログインの問題が解消すると判断したためです。

なお、再構築されたメールシステムの利用開始時期は4月上旬を予定しております。
詳細については逐次お伝えさせていただきます。再構築までの間も現行のシステム
においてお客様のサポートを含め障害対策を継続して参りますので、
引き続きエキサイトメールのご利用をお願いいたします。

なお、エキサイトメールに関する現状は以下のとおりとなります。

ログイン障害: 概ね安定しておりますが、現在も時間帯によってログイン
しにくい場合がございます。引き続き、システムの安定に
向けて対策を採っております

メールの送受信: 現在は障害は発生しておりませんが、ご不明な点は個別に
サポートさせていただいております

過去データの移行: 現在は完了しておりますが、個別にお問い合わせを受け
付けております

現状に関するお知らせに関しましては、お知らせページをご覧ください。

今後のシステム再構築につきましては、今回の事態を真摯に受け止め、
再びお客様にご迷惑をおかけしないよう万全の体制で実施する所存でございます。
今後とも変わらぬご愛顧を賜りますよう、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

エキサイト株式会社

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
SSL対応問い合わせフォーム
https://sec.excite.co.jp/help/support
非SSL対応問い合わせフォーム
http://regist.excite.co.jp/help/support
※「無料メール」をお選び下さい。
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
---------------------------------------------------------------------------
エキサイト株式会社
http://www.excite.co.jp/
Copyright 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved
---------------------------------------------------------------------------


---
文章は丁寧だが、こんなあほな謝罪メールを書くほうも(まあ、代理で作らされているのだろうが)さぞ情けないだろうに。
[PR]
by Tibbets_EnolaGay | 2008-03-01 08:32 | ごく身近なこと