偏見に満ちた日々の雑感・・・とHR/HMや映画のレビュー
by Tibbets_EnolaGay
検索
カテゴリ
全体
地震関連
世俗的なこと
腐れ警察
NHK放逐への道
悪徳企業の傾向と対策
医療・健康
資格試験
賃貸生活
三面記事
懸賞生活
HR/HM
映画
TV
コンピュータなど
ごく身近なこと
本・マンガ
トンでも話
動画
リンク

  ■Excite:ニュース
  ■Excite:翻訳

  ■Infoseek:ニュース
    Infoseek stock
  ■Yahoo:ニュース

  ■懸賞BOX
  ■ラブ懸賞
  ■懸賞~る
  ■懸賞の杜
  ■A・round(エーラウンド)アンケート
  ■【楽天市場】懸賞市場
  ■応募の達人(クローズド懸賞)
  ■登竜門(公募情報)

  ■Ameblo(アメブロ)-トップ

  ■コカ・コーラパーク

  ■楽天ブックス 
    



 
【医療問題に関するサイト】

  ■ナースシングプラザ.com
  ■キャリア・ブレイン 医師の転職、薬剤師・看護師・介護職の転職サイト


【調べもの】

  ■Wikipedia
  ■mapFan地図サイト
  ■ジョルダン 
 
【趣味のサイト】

  ■ヘビメタさん
  ■テレビ東京 「ROCK FUJIYAMA」


【少し世間の見方が変わるサイト】
 ※お口直しにどうぞ。

  ■サヨナラ!石原都知事(TOKYO-MXのプロパガンダにうんざりした人は必見!!
公開期間に限りがあるようですので、保存したい人はお急ぎください)
)

  ■RED-PIPERS.COM("赤い笛吹き”と題されたサイト。国民の未来を想う行為には、右翼も左翼もないのです)
)

  ■NHK受信料を考える
(NHKのヤクザまがいの横暴さを実感できるページ。「NHKへ一方的に受信契約解除する方法」は一読の価値ありです!)
  ■NHK受信料制度と裏事情
  
MAMO's Site →NHK受信料問題とは?

■NHKの不祥事 (from YourPedia)   ■立花孝志-内部告発 -(※ 勇気ある元NHK職員の詳細な内部告発情報)
  ■全国市民オンブズマン 警察裏金・不正支出問題
  ■東急不動産東急リバブル不買運動
  ■反中、嫌韓者のためのページ!!
  ■チームニッポン
  ■ルーブログ(※アメブロに引越しされたようです。前のサイトはコチラ)



以前の記事
2012年 01月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
more...
タグ
ライフログ
書籍
音楽
映画
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧
高岡韓流騒動に高城剛が「参戦」 「テレビ利権と芸能プロが問われている」
高岡韓流騒動に高城剛が「参戦」 「テレビ利権と芸能プロが問われている」2011年8月2日 17時35分 (2011年8月2日 18時05分 更新

エンタメ総合 - エキサイトニュース
[JCast News]
韓流を強く推すテレビ局の姿勢を批判して騒動になっている俳優の高岡蒼甫さんについて、ハイパーメディアクリエーターの高城剛さんがブログでコメントした。

高岡さんの行動を支持するとともに、妻、宮崎あおいさんとの夫婦関係を危惧している。

「苦言と甘言。」というタイトルで、2011年8月1日付けで更新された。

事務所が解雇したか「真実を追究すべき」
最近「ある俳優」の発言が物議を醸したことにより、「あらためて、テレビ利権およびそこにぶら下がる既得権益の芸能プロダクションの問題が問われる事になっている」と指摘。

高岡さんの所属していた事務所スターダストプロモーションが、解雇もしくはそれに近いことをしたかどうかが一つの争点になるとして、「マスコミは、『スターダストプロモーション』社長を執拗なまでに追って真実を追究すべきである」と呼びかけている。

また、高岡さんは「もう一週間近くも連絡がこない。解雇になったことも話せてない。彼女がそれでいいと思うならそれでいい」と夫婦関係が危ぶまれる内容をツイッターに投稿していた。

高城さんもブログで夫婦について書いていて、「今後週刊誌が、ある俳優のあることないこと書き上げ、さらに同業の妻の周辺の利権芸能クリエイターが己の利益のために『あんな旦那と別れたほうがいい』と毎日本人と家族までにささやき、違う問題が勃発することが考えられる」としている。

「心折れずに、最後まで自分を貫くべきだ」
高城さんは芸能事務所の問題が気になって仕方がない様子だが、高城さんの妻、沢尻エリカさんもかつてスターダストに所属し、09年に解雇された経緯がある。夫婦関係について言及しているのも、自分と沢尻さんの夫婦関係が、周囲によって滅茶苦茶にされてしまったという思いがあるのだろう。

ブログでは「ある俳優」の今後について、これから別の芸能事務所が甘い言葉を囁いてきても「『所属事務所に反旗を翻した時に、応援しお世話になった人たちに罪をなすりつけて裏切る』ようなことだけは、してはいけないと思う。…


心折れずに、最後まで自分を貫くべきだ」と応援。「そして、少しでもメディアに出て発言力がある人たちは、この国難の際にこそ、自分の立場や意見をキチンと表明することが、いまなにより多くの日本人に求められているはずだ」と呼びかけている。
ちなみに、期日とされていた5月16日を過ぎた後も、沢尻さんとの離婚がどうなったか明らかでない高城さんだが、最近も相変わらず世界中を飛び回っている。7月中旬に更新されたブログでは、ロンドンから「放射能対策ホメオパシー」を紹介。夫婦関係とは別に、仕事は充実しているようだ。


あまり、興味の無かった人だったけど主張は実に正論。

こういうふうに思ったことをいえる状況がどんどん生まれて来るといいなあと思う。

高岡という俳優さんの発言が、只の妄言として葬り去られるよりはよっぽど良い。

ついでに、もうひとつ、意外な人の発言に関する記事。

ふかわりょう高岡蒼甫に共感? 韓流偏重「テレビ終わったな」2011/7/31 19:23
http://www.j-cast.com/2011/07/31102979.html
韓流を強く推すテレビ局の姿勢を批判し、事務所を退社した俳優、高岡蒼甫さんが話題になる中、お笑いタレントのふかわりょうさんが騒動についてコメントし、ネット上で話題になっている。

ふかわさんがパーソナリティを務めている、「ROCKETMAN SHOW」(J-WAVE)の2011年7月31日放送回で、高岡さんの騒動について触れられた。

「言論統制が行われているような空気感」
高岡さんが俳優業を諦める事態にまで発展していることについては、「言論の自由っていうのが、言葉だけは存在しているけど、実際には、凄く閉鎖的で、言論統制が行われているような殺伐とした空気感。村八分社会が未だに続いていて、なんか違うことをやるとやり玉に挙げられる」

その後、「本当か分からない」としながらも、例えば「あるテレビ局」が韓国政府からK-POPを流すようお金をもらい、さらに楽曲の権利も持っていて、K-POP歌手が売れれば売れるほど、テレビ局にお金が入る仕組みがあったとして、「だからその局がK-POPをバンバン流すというのは駄目なことか」と問題提起する。

ふかわさんは「法律はない」とするも、「影響力がある公共の電波を用いて一企業の私腹を肥やすやり方を推進するのは違反なことだと思う」と指摘。さらに、ある局がお金をもらってK-POPのCMを流すのと、番組の中で流れるのは「決定的に違う」とし、

「CMだったら視聴者はCMとして受け止めるけど、番組で取り上げるのは世の中の現象がこうなっているかのように偽装している。そこにメディアの大事な境界線がある」「刷り込みとかって、僕らはまだ判断できるけど、小中学生はそれが全てになってしまうから」
今回の騒動で、「テレビは時代を映すものではなくなった」と感じたといい、「完全に終わったなと思った」「テレビの画面を通して世界を見てたら、自分が痛い目に遭う時代になっちゃった」。かつて、時代を見るために映画館に行く人がいなくなったように「テレビの役目が変わった」とする。騒動の結論としては、「言いたくなる気持ちも分かるけど、批判しても結果的にあんまいいことない。我慢して自分の世界を突き進むのが正解な気がする」と話している。

ふかわさんの話はネット上で大きな話題となり、「説得力ありすぎ」「凄い言葉を選んでるね」「よく言ったふかわ 完全に応援する」といったものや、「言ってることは正論で真っ当だが、ふかわはこの件に関わるな。潰される可能性がリアルにあるとか異常な状態だからな」と心配する書き込みが寄せられている。



指摘にあるとおり、放送法という憲法に抵触する問題だ。

まあ、NHKという腐った利権団体が何十年も国に擁護されて存在し続けている国だから、もはや何の疑問も感じなくなっていうのかも知れないが。
[PR]
by tibbets_enolagay | 2011-08-02 20:32 | TV