偏見に満ちた日々の雑感・・・とHR/HMや映画のレビュー
by Tibbets_EnolaGay
検索
カテゴリ
全体
地震関連
世俗的なこと
腐れ警察
NHK放逐への道
悪徳企業の傾向と対策
医療・健康
資格試験
賃貸生活
三面記事
懸賞生活
HR/HM
映画
TV
コンピュータなど
ごく身近なこと
本・マンガ
トンでも話
動画
リンク

  ■Excite:ニュース
  ■Excite:翻訳

  ■Infoseek:ニュース
    Infoseek stock
  ■Yahoo:ニュース

  ■懸賞BOX
  ■ラブ懸賞
  ■懸賞~る
  ■懸賞の杜
  ■A・round(エーラウンド)アンケート
  ■【楽天市場】懸賞市場
  ■応募の達人(クローズド懸賞)
  ■登竜門(公募情報)

  ■Ameblo(アメブロ)-トップ

  ■コカ・コーラパーク

  ■楽天ブックス 
    



 
【医療問題に関するサイト】

  ■ナースシングプラザ.com
  ■キャリア・ブレイン 医師の転職、薬剤師・看護師・介護職の転職サイト


【調べもの】

  ■Wikipedia
  ■mapFan地図サイト
  ■ジョルダン 
 
【趣味のサイト】

  ■ヘビメタさん
  ■テレビ東京 「ROCK FUJIYAMA」


【少し世間の見方が変わるサイト】
 ※お口直しにどうぞ。

  ■サヨナラ!石原都知事(TOKYO-MXのプロパガンダにうんざりした人は必見!!
公開期間に限りがあるようですので、保存したい人はお急ぎください)
)

  ■RED-PIPERS.COM("赤い笛吹き”と題されたサイト。国民の未来を想う行為には、右翼も左翼もないのです)
)

  ■NHK受信料を考える
(NHKのヤクザまがいの横暴さを実感できるページ。「NHKへ一方的に受信契約解除する方法」は一読の価値ありです!)
  ■NHK受信料制度と裏事情
  
MAMO's Site →NHK受信料問題とは?

■NHKの不祥事 (from YourPedia)   ■立花孝志-内部告発 -(※ 勇気ある元NHK職員の詳細な内部告発情報)
  ■全国市民オンブズマン 警察裏金・不正支出問題
  ■東急不動産東急リバブル不買運動
  ■反中、嫌韓者のためのページ!!
  ■チームニッポン
  ■ルーブログ(※アメブロに引越しされたようです。前のサイトはコチラ)



以前の記事
2012年 01月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
more...
タグ
ライフログ
書籍
音楽
映画
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「仏TV「日本人はバラエティー番組見て笑い転げてる場合か?」」
仏TV「日本人はバラエティー番組見て笑い転げてる場合か?」 2011年4月9日 07時00分
国際総合 - エキサイトニュース
[NEWSポスト]

 東日本大震災直後はモラルある日本を称賛する海外メディアが多かったが、福島第一原発事故以降、彼らからは日本人の反応に疑問の声が上がっている。『ニューヨークタイムズ』紙は、

「日本人はどこまで政府や保安院、東京電力の言葉を信用しているのか。座して死を待つかのような日本人の対応はおかしい」という米国人記者の話を掲載。

 フランスのテレビ番組では、日本在住フランス人が怒りをぶちまけた。

「ニュースでは“何の心配もいらない、大丈夫だ”と繰り返している。必要なインフォメーションは何もない。バラエティー番組を見て笑い転げている場合か?」

 また、日本滞在経験があり、いまはパリに住むフランス人女性はこういう。

「東京は福島からそう遠くないのに、サラリーマンは“まだ大丈夫”という意識で働き続けている。我慢強いのかもしれないが、仕事は生きるためのものでしょう? 命を落としてまで働こうなんて誰も思わない。放射能の危険にさらされても逃げないなんて、欧米人の感覚からは信じられません」

※女性セブン2011年4月21日号


記事にもあるが、こういうのは欧米人の感覚であり、理屈なんだろうな。

少なくとも、国民の大多数が笑い転げちゃいないし、後ろめたさを感じているだろう。
それでも、こういう日常を求めずにはいられないのだ。

かつて、広島や長崎に投下された原子爆弾は、かろうじて生き残った人々にとほうもない無力感をもたらした。

瓦礫と死体の山の中、燃え盛る焔にあぶられながらも逃げる気力すら失われた人々は呆けたようにその光景を眺めていたという。

この震災による被災にも、少なくともそうしたものと似通った心情を生み出す要素があると思われる。

そんな中、悲惨な現実に直面した人々を上から目線であれこれ論じるのはどういう神経だろう。

それも、大量殺戮兵器を嬉々として実験・開発してきた国のメディアが。
---

Wikipediaによると、フランスは1960年から1996年までの間に、およそ210回以上の核実験を行っているという。
実験を行った場所は、サハラ砂漠とポリネシアにあるフランス領だそうだ。
ちなみに、初めて水爆を実験したのは、1968年。

以下はネット上で見つけた、フランスによる核実験の画像(念の為言っておくが、CGや絵ではなく高精細の写真である)。

このようなことを行っている民族になにか発言する資格などあるだろうか。

f0072284_14564662.jpg
f0072284_14565156.jpg

※1970年7月3日に行われた水爆の実験のもの。
実験名は、「リコルヌ」(Licorne)というそうだ。
[PR]
# by tibbets_enolagay | 2011-04-09 14:41 | 地震関連
「汚染水放出で日本は世界に相手にされなくなる (ゲンダイネット)」
汚染水放出で日本は世界に相手にされなくなる (ゲンダイネット) [ 2011年4月8日10時00分 ]
http://news.www.infoseek.co.jp/topics/society/n_kan_ministry__20110408_7/story/08gendainet000141794/
[日刊ゲンダイネット] 東日本大震災から3週間以上が経ち、菅政権の恐るべき初動の不始末が次々と明らかになっている。

 中でも仰天したのが震災当日、11日夕方の出来事だ。福島原発の危機に際し、菅首相は公邸の伸子夫人に電話した。そして母校の東工大の名簿を「すぐに探してくれ」と頼んだというのである。

 周辺の学者の言うことは当てにならない。だから、母校の学者に助言を求めようとしたのだろうが、一国の首相のやることか。

 完全に正常な判断力を失った菅は翌日の午前6時過ぎ、ヘリに乗り込み、原発視察を強行する。危機管理において、もっとも冷静さを求められる指揮官がイの一番にパニックに陥ったのである。

「ふつう、ここまで大将が冷静さを失えば、周囲がいさめる。ところが、菅さんがイラつき、怒鳴りまくるものだから、みんな、何も言えなくなった。菅首相は15日には東電に乗り込み、今月2日には陸前高田市などの被災地視察を強行した。周囲はイエスマンばかりで福山官房副長官などは菅の行動力を褒めているのだから、どうしようもありません」(官邸関係者)

 官邸の不始末のせいで、放射能がダダ漏れになった福島第1原発のタービン建屋は注水による高濃度汚染水であふれ、それが海に流れ込んでいる。汚染水の処理のスペース確保のために施設内の1万1500トンもの放射能汚染水の海への放出が始まった。建屋内に比べれば低濃度というが、それでも国の基準の500倍だ。枝野官房長官はシレッと会見していたが、ハッキリ言って、日本は終わりだ。「前代未聞の暴挙。もう国際社会は相手にしないだろう」(元レバノン大使・天木直人氏)し、即刻、菅は辞任すべきだ。


●避難所に被災民が死ににいく悲惨

 ところが、こんな亡国首相が震災対応ではボコボコ6つの対策本部を立ち上げ、今なお、そのトップに君臨している。

 そのため、被災地の救命、復興は遅々として進まず、「さながら無政府状態」(被災地のボランティア)が続いているのだ。

 遺体の埋葬は進まず、秩序立ったガレキの撤去も遅れている。仮設住宅に至っては3日までに岩手県陸前高田市の36戸しか完成していない。阪神大震災の1カ月後の40分の1というありさまだ。各県からの要望は4万2000戸なのに着工が決まったのは約5000戸ほど。これは避難所生活の長期化を意味する。すなわち、死者の増加だ。東大医科学研究所の村重直子氏はこう言った。

「災害後の避難所の死亡率は通常の60倍になるという論文もあります、食料、電気、水道、暖房、排泄などがままならない体育館のような避難所で、大勢が密集して生活する環境では、清潔を保つのも難しいからです。避難所生活が長引けば、命を落とす方が増える。集団で環境がいいところに移れるとよいのですが、仕事、学校の当てもない新天地への引っ越しには多くの人が不安を感じ、踏み切れないでいる。だとすれば、せめて巡回バスを回して欲しい。津波でも2階は大丈夫だった家にいる人も大勢いますが、病院に薬を取りにいくのにも足がない。車を回すにしてもガソリンがないのです」

 これでは避難所に死ににいくようなものだ。菅が首相でいる限り、復興どころの話ではない。国民の眼前に広がっているのは絶望の2文字だけ。

(日刊ゲンダイ2011年4月5日掲載)

[ 2011年4月8日10時00分 ]


多少、悲観的な記事だが、それにも同調できる。

菅の酷さに免疫が出来ていたと思ったのだが、改めて事実を知ると空恐ろしくなる。

「ボクは原子力は得意なんだ」
と大見得を切ったアホの正真正銘の姿。

きっと、全部を知ったら生きるのも馬鹿馬鹿しくなるに違いない。

---

この記事とも、震災関連の話題とも全く関係ないが、とある記事で紹介されていた写真を。

f0072284_136160.jpg

菅が、国会答弁用に使っていたカンペである。
※記事も保存してあったはずなので、見つかり次第紹介しよう。

きっと世話係の取り巻きが用意したのだろう。

こんな人間のボケた頭に、生殺与奪を握られているなんてゾッとするではないか。

---
首相・文科相の「子どもたちへメッセージ」 「文章、洗練されている」と好評 2011年4月7日 19時05分 (2011年4月7日 19時52分 更新)
社会総合 - エキサイトニュース
入学や新学期を迎えた小、中学生や高校生らに向け首相と文部科学相の連名で発表されたメッセージが好評のようだ。インターネット上で「よく練られている」などと評されている。

「何を言いたいのか、思いが伝わってこない」との不評の声も多かったこれまでの菅直人首相の震災関連会見内容と比べ、一転した印象をもった人も少なくないようだ。ネットのツイッターでは「良くできてるけど、これは菅さん本人が書いたもんじゃないだろう」といった声もある。

宮沢賢治の作品を引用
2011年4月6日、東京都内の多くの公立小、中学校で始業式があったこの日、菅首相と高木義明・文科相の連名で、新学期を迎える子どもたちへのメッセージが発表された。中高生用のものと、小学生向けの2種類があり、官邸と文科省のサイトに掲載している。文科省サイトでは、高木文科相がメッセージを読み上げる動画もある。

2種類のメッセージは、共通部分もある。中・高校生用は、約1800字のメッセージだ。小学生用には、漢字に読み仮名をふっている。

共通部分では、避難所の中で食事の準備やお年寄りたちの手助けをする子どもたちがいるという話を「たくさん」聞いているとして、「本当にありがとう」と書いている。

また、小学生用では、被災地域以外の子どもたちも節電や募金に取り組んでいるとして、「みなさんのその思いやりがあれば、日本はきっと、もっともっと素晴らしい国になって、もう一度立ち上がります」(原文はルビあり)などとしている。

中高生用は、岩手県出身の宮沢賢治の作品を引用しつつ、「賢治の言う『ほんとうのさいわい』とは何でしょう。この大きな災害と混乱の中で、皆さんに、このことを考えて欲しいのです」と呼びかけている。

「外部ライターに依頼」説も
ツイッターでは、「これ読んだら朝から涙止まらなくなった」(小学生用メッセージに対し)、「優等生が書きました感がするけど、文章が洗練されてて割と好印象」「よく練られている」(中・高生用に対し)といった「つぶやき」が続いた。

勇ましくないところがいい」などと概ね好評だ。
一方、「2ちゃんねる」をみると、メッセージ中の「日本の未来は、皆さんの双肩にかかっています」という表現に対し、「責任を(子どもたちへ)丸投げ」「尻ぬぐいよろしくと言われているようなもんだ」とかみつく反応もあった。

ところで、メッセージを高評価する書き込みでも、文章を書いたのは、「菅首相や高木文科相ではなく、どうせ外部ライターだろう」という指摘が少なくない。一般的には、省庁の担当課が書いた文案を政治家が目を通して多少修正した上で発表する、という形がイメージされるが、文章の出来が「お役所的ではない」せいか、「外部ライターに原稿を依頼」説が優勢のようだ。

実際はどうだったのか。文部科学省の担当者によると、「政務3役(大臣、副大臣、政務官)のご指示により事務方で作成し、その後、政務3役と官邸にご相談して決めた文章」だという。


うーん。こんな記事も。

他意はない。が、対比すると実に寒々しい。

”9.11”の時に、WTCビルに2機目の航空機が突入する最中、ブッシュが小学生の読み上げる「山羊の冒険」を熱心に聞き入っていたという話を思い出さずにはいられない。

そして、「先ず間違いなく自分で書いたんじゃないだろうな」と思っていたら案の定…(笑)
[PR]
# by Tibbets_EnolaGay | 2011-04-08 12:54 | 地震関連
「原発でぴりぴりの日本を核で脅せ、香港紙がトンデモない暴論」
原発でぴりぴりの日本を核で脅せ、香港紙がトンデモない暴論 2011年4月6日 22時15分
中国社会 - エキサイトニュース  
日本の教科書検定で尖閣諸島(中国名:釣魚島)が日本の領土と記述されたことを受け、中国では強い反発が広がっている。香港の東方日報は、「中国が核を使用する勇気を示さなければ、中日間に平和は来ない」と報じた。

 5日付香港紙・東方日報は、「日本は世界のなかで唯一、100年の間に2度も核による打撃を受けた国である。1度目は、米国による原爆投下、2度目は今回の福島の原発事故。日本は核に対して非常に敏感であり、中国がこれを利用しない手はない」とする記事を掲載した。

 記事は「多くの日本人にとって、広島、長崎に落とされた原爆は忘れることのできない悪夢であり、心の傷となっている。さらに今回の原発事故による不安と恐れから、日本の官も民も麻痺状態に陥り、政治家は支離滅裂な発言を繰り返し、最も優先すべき災害救援活動がおろそかになっている」と指摘した。

 さらに「日本は中国には“ノー”と言えるが、核には“ノー”と言えない。中国が日本の尊敬を勝ち得るためには、核について言及し、さらには核の使用も辞さない態度が必要であり、こうしてはじめて中国と日本の間に平和が訪れる。日本という国は自尊心が高く、負けた相手にしか屈しない。日本は、第二次大戦で米国に敗れたと思っても、中国に負けたという認識はないため、中国には強い態度で迫る。

 尖閣諸島の問題についても、このような国難の時にあっても、教科書問題を通じて中国を挑発してくる。このような国に対して、中国はなぜ核の先制使用はしないと約束するのか?」などと結論づけた。(編集担当:中岡秀雄)


「感情を害する選択」 日本の教科書検定に台湾メディアが憤慨示すY! 【政治ニュース】 2011/04/01(金) 10:50  
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0401&f=politics_0401_003.shtml
[サーチナ]
  台湾メディアNOWnewsは3月31日、日本の教科書検定で尖閣諸島(中国名:釣魚島)を「日本領土」とする記述があったことについて、「各国が東日本大震災に対して愛を示し、日本が緊急事態を乗り越えるよう支援してきたが、このような時にも日本政府は中国や台湾、韓国、ロシアの感情を害する選択をした」と批判した。

  記事は、3月29日までに14の政府機関から2億4000万台湾ドル(約6億8000万円)、8つの民間団体から23億9000万台湾ドル(約68億円)の義援金を集めたことに言及したうえで、「日本政府は尖閣諸島を日本の領土とみなしている」と憤慨した。

  また、「日本の教科書に竹島(韓国名:独島)や北方領土、尖閣諸島を自国領と記載すれば、中国や台湾、韓国、ロシアを挑発することになる」と報じた。

  さらに記事は、韓国での反応を取り上げ、「韓国を含めたアジア諸国は、日本の震災に救助の手を差し伸べた。韓国では、日本政府はなぜこの時期に周辺国家を刺激するようなことをするのかと非難が高まっている」と紹介した。(編集担当:畠山栄)



どいつもこいつも、震災に乗じて好きなことを言うとウンザリしてしまう。

吐き気がする。
[PR]
# by tibbets_enolagay | 2011-04-07 11:57 | 地震関連
「東京の水道水は大丈夫なのか / 放射能測定結果をチェック」
東京の水道水は大丈夫なのか / 放射能測定結果をチェック 2011年4月5日 17時00分
ネットコラム - エキサイトニュース
現在、福島の東京電力福島第一原子力発電所から高いレベルの放射線汚染水が流れ出しており、深刻な状態が続いている。また、福島近隣の野菜や魚介類からも基準値を上回る放射性物質が相次いで検出。そして以前、東京の水道水からも基準値を超える放射性物質が検出され、水の買い占めなどの問題にもなった。

それでは、現在の東京の水はどのような状態になっているのだろうか?

東京都水道局によると、昨日4日の時点では金町浄水場、朝霧浄水場、小作浄水場の浄水(水道水)からは放射性ヨウ素(ヨウ素131)ならびに放射性セシウム(134・137)は不検出と発表。

しかしながら、東京都新宿区百人町にある「東京都健康安全研究センター」の蛇口から4日に出した水道水からは、ヨウ素131が3.82Bq/kg、セシウム134が0.31Bq/kg、セシウム137が0.27Bq/kg検出されたとしている。

最も数値が高かった3月26日のヨウ素131の値、37.2Bq/kgに比べると10分の1程度の値だが、ここ数日で徐々に上昇しつつある。

東京都水道局のホームページには、「浄水場の浄水(水道水)の放射能測定結果」と「都内の水道水中の放射能調査結果」が毎日アップされているので、気になる人はチェックすることをオススメしたい。

参照元:東京都水道局「水道水の放射能の影響等について」
このニュースの元記事を読む


安全じゃない。

そもそも、この計測装置の精度は、もう2,3ケタ下まで計れるものでないといけないのではないのか?
※なんか手持ちの測定機器でとりあえず計測しているような気がしてしかたない。本当に実用レベルの器機を使っているのかと疑ってしまう。

それに計測が、(東京の場合)特定の場所に限定されてすぎているのも気になる。

普通の感覚なら、浄水場で何箇所かサンプリングして、都内でも水道の蛇口からの水を区や地域ごとに調査するなどして、(可能ならば)安全性を訴えるなどすればよいと思うのだが。
区役所の職員が、勤め先で蛇口を捻って計測し、一報すれば良いことだ。

例えばの話だが、浄水場で病原菌や、重金属で汚染された水を投入するというテロ行為があったとする。
当然、施設内で、原因物質を取り除いたり、消毒を行ったりという善処を行うだろうが、その後で、汚染度やその影響を計るのにどんな手が妥当だろう。
自分は、先に挙げたような複数のデータを集める調査が適していると思う。

しかしながら、東京都水道局の調査報告というのは、当初の頃から計測精度や調査規模がまったく変わらない。

なんだか、お役所仕事の延長で、安全だといっている気がして仕方ないのである。
[PR]
# by tibbets_enolagay | 2011-04-05 19:37 | 地震関連
「「感情を害する選択」 日本の教科書検定に台湾メディアが憤慨示す」
「感情を害する選択」 日本の教科書検定に台湾メディアが憤慨示す 2011年4月1日 10時50分
中国社会 - エキサイトニュース
 台湾メディアNOWnewsは3月31日、日本の教科書検定で尖閣諸島(中国名:釣魚島)を「日本領土」とする記述があったことについて、「各国が東日本大震災に対して愛を示し、日本が緊急事態を乗り越えるよう支援してきたが、このような時にも日本政府は中国や台湾、韓国、ロシアの感情を害する選択をした」と批判した。

 記事は、3月29日までに14の政府機関から2億4000万台湾ドル(約6億8000万円)、8つの民間団体から23億9000万台湾ドル(約68億円)の義援金を集めたことに言及したうえで、「日本政府は尖閣諸島を日本の領土とみなしている」と憤慨した。

 また、「日本の教科書に竹島(韓国名:独島)や北方領土、尖閣諸島を自国領と記載すれば、中国や台湾、韓国、ロシアを挑発することになる」と報じた。

 さらに記事は、韓国での反応を取り上げ、「韓国を含めたアジア諸国は、日本の震災に救助の手を差し伸べた。韓国では、日本政府はなぜこの時期に周辺国家を刺激するようなことをするのかと非難が高まっている」と紹介した。(編集担当:畠山栄)


日本の外交は、変な圧力が介在しないほうがうまく行くようである。

今までは、いつも彼らに変に阿った修正が加わることになり、彼らを刺激しないように(彼らのための)教科書が出来上がるという筋書きだった。

このたびは、そういう手続きがなんらかの原因で省かれた(教科書検定という極限られた場面ではあるが)。
それがこの結果を生んだと想像している。
勿論、元になっている主張はトッピなものでもなんでもなく、日本が何度も、国際社会に向けて(無論中国や韓国にも向けて)、表明してきた領土・領海を反映したものである。何も不自然なところはない。
※地形や経緯度の表記において、恐らく中国のそれより正確な内容であろうし。

中国や韓国、台湾の反発を招いているが、皮肉なことにこの教科書の発行はいままで日本がやらなければならなかったことだ。
それが恐らく、変な政治的なバイアスを持ったチェック機構が機能しなかった所為で、実現されてしまった。

日本には、政治家とか官僚はいないほうが良いのかもしれない。

---

あと、彼らがこんなことを気にするかどうかは知らないが、他国の教科書に口出しする内容をメディアで云々するなど、他国への干渉を目的とした世論誘導そのものだ。まっとうな国際社会では許されない。

日本は中国の教科書の中にどんな捏造があろうと関知しないし、どんなに反日的な文言が含まれようと、干渉することなどありえない。
※相手が潜在的な敵性国家だとしたら、表に出さなくても評価や分析くら行っていてもいいものだと思うが、この外交ベタで能天気な国はそんなことすらしてない。

彼らの示している反発というのは、無分別で身勝手なものだ。

それを震災と結びつけて、恩だの仇だのといきり立つほうがおかしい。支援金をチラつかせるいやらしい方法で。

あの時、いくら恵んでやったのに、なんて態度を取りやがるんだ」という訳である。

日本がそんな事を言われる筋合いはない。

アホな政治家や官僚が、この記事にあるような圧力に負けて、教科書を修正してしまわないように祈る。

---

更に(このところ五月蝿い)台湾と中国について言及しておくと。

以前、日本の教科書におけるアジアの地図で、中国と台湾を別の色で表記したことがあった。

その当時台湾は、中国から独立するという気運が高く、国際社会からもそうした扱いを受けることを望んでいた。

この教科書に文句をつけたのは、中国だ。
台湾の独立云々は自国の問題である前提など、ほっぽり出して日本を非難した。
台湾は・・・?何をいったっけ。空気になってたのかな?

まあ、この連中はこんなものである。

何かをこちらが譲歩を与えると、どこまでも付け入ってくる。

国際協調というのは、馴れ合いで成り立つものではない。

間違ったことを言う国には、正論を叩きつけて、距離をおくのも効果的だ。
[PR]
# by tibbets_enolagay | 2011-04-02 05:27 | 地震関連
「飯館村「避難見直す必要なし」 原子力安全委員会」
飯館村「避難見直す必要なし」 原子力安全委員会 2011年3月31日 19時51分
科学・環境 - エキサイトニュース

 国際原子力機関(IAEA)が福島第1原発の北西約40キロの福島県飯館村で放射性物質の数値が避難基準を上回ったと指摘したのを受け、国の原子力安全委員会は31日、避難区域の設定を見直す必要はないとの考えをあらためて示した。原子力安全委は31日の記者会見で、日本とIAEAの間で住民に避難を指示する基準が異なると強調。原発から半径20キロを「避難」、20〜30キロを「屋内退避」とした設定を「妥当だ」とした。IAEAは3月18〜26日、福島県内の土壌を測定、避難区域外の飯館村で「IAEA基準の2倍」に相当する放射性物質を検出したとしている。


こんなときまで、「事なかれ」。

自分たちが、IAEAよりも優れているとでも考えているのだろうか?

間違いない。
近いうち、この国は、国際機関によって原子力施設の運営を全て禁止される。

コレだけの大規模な被害を出したことで、日本だけでなく世界中に汚染を広げた責任は必ず問われる。

仮に、稼動する許可が下りるとしても、何十もの国際的な品質・安全管理基準を満たしてからということになる。

その審査を行うのは、日本の原発運用のアブなさを身にしみて感じた国際社会の代表となるだろう。

恐らく、認定を受けることは出来まい。

「優れた技術」「世界最高水準の安全性」…、化けの皮のはがれた日本のお題目は、二度と見向きもされないだろう。

かくて、日本は三流国(あるいは四流国)に堕ちていく。
[PR]
# by tibbets_enolagay | 2011-04-01 03:56 | 地震関連
「東電、計画停電を終日見送り 31日も実施せず」
東電、計画停電を終日見送り 31日も実施せず 2011年3月30日 12時49分 (2011年3月30日 13時04分 更新)
社会総合 - エキサイトニュース
 東京電力本店=東京・内幸町


[拡大写真]
 東京電力は30日、地域ごとに交代で電気を止める計画停電を見送った。31日も実施しないと発表。平年並みに暖かくなる見通しのため、暖房が少なく済み、電力需要を賄えると判断した。平日に一日中、計画停電を回避するのは3日連続となる。30日の供給力は最大3800万キロワットで、午後6〜7時の需要ピークの想定3500万キロワットを上回っている。ただ太平洋岸の火力発電所の多くは依然として停止したままで、例年より供給力が大幅に不足している状況は変わらないため、東電は引き続き節電を呼び掛けている。


この計画停電の阻止には、これまた東京電力の利権が絡んでいる。

停電をしないことで、地元議員からの圧力を回避する、あるいは地域住民への被害をとどめる、というよりは彼らが儲けるための口実を(結果的にかもしれないが)生み出しているのだ。

先日、東京電力から、
「3月14日に、地震被害の影響で検針に訪問できませんでした。
つきましては、23年3月分の電気使用量は、2月分のものと同一とさせていただき、電気料金を徴収させていただきます」

※これは東京23区やその近郊だけに配られたものかもしれないし、あるいはもっと広範囲に及んでいるかもしれない。

こんな商売があるだろうか?

金を取るのは構わない。割高になったとしても、事後で通知が来たとしても払うことに異議はない。
それよりなにより、(原発事故の収集さえついていない時期に)徴収の為の口実をこしらえて、通知をしてくるというのは異様だ。

そして、このどう考えても通らない理屈を、押し通すための根拠。

そのために東京23区での計画停電が阻止されたという側面があるのかも知れない。

考えすぎだろうか?いや、連中ならこんなことを考えても不思議はないと思うのだ。

何せ、原発の事後処理すらもう自分達と関係ないといわんばかり。社外から雇いいれた労働者を使って、軍政国家の強制労働所にも、劣らない非人道的な環境で後始末をさせているのである。

こんな人間達が、国民の生活の礎を担っていたのだ。

今回のような地震がなくても、崩れるのは時間の問題だったろう。

---
民間企業での存続目指す=経営「大変厳しい」―東電会長 2011年3月30日 18時39分
民間企業での存続目指す=経営「大変厳しい」―東電会長(時事通信社) - エキサイトニュース 
東京電力の勝俣恒久会長は30日の記者会見で、福島第1原発の事故で生じる賠償問題などを受けた同社の今後の姿について「民間企業であるために最大限の努力をしたい」と述べ、一時国有化などを避けて現在の状態での存続を目指す姿勢を強調した。ただ、経営を取り巻く環境は「大変厳しい状況だ」と認め、コスト削減や事業の見直しを徹底する意向を表明した。

 勝俣会長は、業績の先行きに関して「重要な要因をめぐって『アンノウン』(未知)の部分が多い」と語り、福島第1原発の処理に掛かる費用や賠償の範囲などが現時点では不透明と指摘。被害補償は、原子力損害賠償法などに基づく対象の確定なども見ながら準備を進めるとしている。

 その上で、今後の資金調達などは「政府とも協議しながら努力したい」として、資金不足や信用不安を招かないよう全力を尽くすと力説した。

 同社の株価下落が止まらず、48年ぶりの安値を付けたことには「原子炉の状態を安定させるのが出発点だ」として、当面の事態を収束させて投資家の不安を払拭(ふっしょく)する考えを示した。

 さらに東電が昨年、資本参加した米国テキサス州の原発増設事業に関して、勝俣会長は「継続するのは難しい」と言明。原発への不安感が世界で高まっていることを踏まえ、日本の電力会社として初めて海外の原発に出資した同事業の断念の可能性を示唆した。


嘘つけ。

さっさと潰れて国営化になって、自分たちが責任を逃れられれば、後はどうでもいいんだろ?

資金調達などは「政府とも協議しながら努力したい」"?

公費として国民から毟り取れる日を待ち望んでます、とでもいいたいんだろ?

下種め。
[PR]
# by tibbets_enolagay | 2011-03-30 19:46 | 地震関連
「東電に警察・公安から天下り多い理由 暴力団からの「用心棒」」
東電に警察・公安から天下り多い理由 暴力団からの「用心棒」 2011年3月30日 16時00分
社会総合 - エキサイトニュース
[NEWSポスト]

 原子力発電所の用地買収や反対派の説得交渉は暴力団や悪徳ブローカーの格好の金づるとなるため、一民間企業の東電社員にそれを抑え込むことは困難だ。そのため、「蛇の道は蛇。闇社会に顔が利く組織や人物に頼らざるを得ない」(東電の元幹部)となる。

 東電の用地買収に関わった土地ブローカーが語る。

「電力会社はどれほど反対があっても発電所を作らなくてはならない。工作に注ぎ込むカネも潤沢だ。だから、ゴネる側も交渉を代行する側も要求が膨れあがる。

 関西電力の話だが、1990年代に進められた石川県の珠洲原発建設計画(2003年に中止)の用地買収に協力した暴力団組長が、見返りとして関電に30億円を要求したことが明らかになった。民間同士の取引なので事件化することはほとんどないが、この種の話は東電でも腐るほどあった」

 東京電力に警察・公安関係組織の天下りが多い理由もここにある。

「彼らを受け入れるのは、暴力団やブローカーの要求がエスカレートするのを防ぐため。いわば用心棒役です」(前出の元幹部)

※週刊ポスト2011年4月8日号


電力原理主義の、右翼団体か。

どういう世界でも、暴力団が警察と仲良くやっている訳がよく分かる。

カスめ。
[PR]
# by tibbets_enolagay | 2011-03-30 19:21 | 地震関連
「菅総理、松本防災相への電話連絡を一般人にかけ間違がえる」
某掲示板で、とんでもなくクレイジーな記事を見つけてしまった。
その内容自体、雑誌の内容を完全にコピペしたものなので、どうかと思ったが、内容が内容だけに掲載してしまうことにする。

<週間文春 - 記事抜粋>
前日に福島第一原発三号機が水素爆発し、日本中が固唾を呑んで
事態の推移を見守っていた、15日午前3時のことである。
鹿児島県内に住む、ある男性の携帯電話が鳴った。
「菅ですが……」

そう名乗った相手に、電話を受けた男性はこう告げた。
「総理、また電話をお間違えですよ。今、地震でお国が大変な時だ。
日本のために頑張ってくださいよ」


この男性本人が語る。「私がそう言うと『わかりました』といって、電話は切れました。
私は菅さんとは面識はない。間違い電話を貰うのは、実はこれで3度目なんです」

最初は昨年9月のこと。男性の留守番電話に「菅直人です。また
明日電話します」というメッセージが入っており、翌日本当に電話が掛かって来たのだという。
「『総理大臣ですか?』と聞いたら、間違いと気付いたようで、
『間違えました』と言って切れた。一応、その番号は『菅総理
大臣』として登録しました」

男性が登録した番号を小誌で調べたところ、確かに菅首相本人の携帯電話であることが判明した。
同じ昨年9月、菅改造内閣の組閣当日の朝7時に、ふたたび
「菅総理大臣」からの電話がかかってくる。

「もしもし、リュウさん? 菅ですけど」男性が語る。
「あのとき、環境大臣で入閣した松本龍さんにかけているつもり
だったんでしょう。私が『頑張ってください』と言ったら、
『いやー、失礼しました』と言って切れました」

そして3回目の電話が冒頭のやりとりだったのである。件の男性が呆れる。
-以下省略-

f0072284_22183430.jpg



































フィクションだとしたら、おもしろい(こんな雑なプロットを小説に書かせてくれる編集者もいないだろうが)。

恐らく、首相や内閣関係者から、言質を取ることは不可能だろう。

しかし、これが我々の社会で現実に起きている出来事だとしたら?

この国が、とっくの昔に中国やロシアに占領されていないことをありがたいと思うしかない。
[PR]
# by tibbets_enolagay | 2011-03-29 22:23 | 地震関連
「「急な右腹の痛み」……これって虫垂炎?」
「急な右腹の痛み」……これって虫垂炎? 2011年3月28日 10時00分
「急な右腹の痛み」……これって虫垂炎?(Excite Bit コネタ) - エキサイトニュース
意外と診断の難しい「盲腸(虫垂炎)」。注意が必要な病気です。
急激な右下腹部の痛みに、「もしかして盲腸?」と不安に思ったことはないだろうか。

かつて「盲腸(炎)」と呼ばれていた「虫垂炎(急性虫垂炎)」。
盲腸の先の突起部分「虫垂」が炎症を起こしたものだが、急な痛みで「盲腸?」と疑い、全く違っていた……という経験をしたことのある人は多いもの。

では、本当の虫垂炎って、どう違うのか。
独立行政法人まつもと医療センター松本病院外科・救急医療部長の小池祥一郎医師に聞いた。

「『急に右の下っ腹が痛くなった』と言って受診する人は多いですが、『急に痛くなった』という人のは、たいてい違います。虫垂炎は炎症なので、数時間から数日かかかるのが一般的で、痛みの前に様々な前駆症状があるものなんですよ」
なんと、自分で「盲腸?」と診断する人はほぼ100%(!)と違うそうだ。

炎症の程度によっても違うが、前駆症状としては、以下のような症状が見られる。

・風邪っぽい
・みぞおちあたりが痛いとか、モヤモヤする
・食欲がない(おなかが張る、吐き気がする)
・微熱(子どもの場合は、38~39度の高熱になることも)

「虫垂炎の診断は診察と血液検査だけでは難しく、個人のクリニック・医院ではCTなどの検査ができないため、『虫垂炎の可能性がある』と診断されたものでも、実際に虫垂炎である場合は半数ぐらいですね」
なかには、家族などが虫垂炎を経験していて、経過を間近で見ていたことから自分でわかる人もいるそうだが、その前に医師には「風邪」「胃腸炎」と言われて帰されているケースもあるのだそうだ。

「最近はあまり切らないでクスリで散らすんだよ」などとも聞くけど、手術は本当に減っいるのだろうか。
「20~30年前に比べると、確かに手術は減っています。超音波検査やCTによる診断の精度が上がって他の原因のものを切らずにすむようになったのが、理由のひとつですね。昔は『右腹が痛い』というだけで『盲腸だ』とすぐ切ってしまったので、違う原因でも切られていたことがありました。…
12 次へ [>>]


わりとどうでもいい話題だが、参考になったのでクリップ。

そういや、「ER」でもまったく問題のない患者を盲腸だと診断したカーター君が、開腹手術をしていたっけ。

健康な盲腸を見ても、カーター君は、「どうせ、いつか切るんだからいいでしょう?」と最後まで手術をしたがってました。

当然、本人の同意なしには手術は出来ないわけですが。

なんとなく、上の記事を連想させるお話です。

---

しかし、この文からすると熱が出たり吐き気がしたり、風邪症状がなかなか治らないなーというときには、虫垂炎の疑いがあるということが。

推測するに今の内科医のレベルでは結構、誤診をしてそうなんだが。

触診もしないで、ハイハイと風邪薬を出す医者も多いし、開業医にはレントゲンの設備を持たないものも珍しくない。
[PR]
# by tibbets_enolagay | 2011-03-29 04:50 | 医療・健康
「CNNやテレグラフ震災記事は「インチキ」 海外メディア監視サイトが「告発」」
CNNやテレグラフ震災記事は「インチキ」 海外メディア監視サイトが「告発」 2011年3月27日 17時24分 (2011年3月27日 20時18分 更新)
社会総合 - エキサイトニュース
[JCastニュース]

ネット利用者がメディアを監視して投稿

東北関東大震災のニュースを発信する海外メディア。福島第1原子力発電所の事故では、政府当局や東京電力の対応に鋭く切り込むなど高い評価を得ている報道もある。だが中には、読者の恐怖心をあおるような内容も見られるようだ。

インターネットでは、各種メディアの報道内容を監視するサイトが立ち上がった。米CNNやCBS、英テレグラフといった大手テレビ局や新聞もやり玉にあがっている。

日本の食品に交じって放射性物質米国に入ってくる
「ジャーナリスト恥辱の壁」という英語のウェブサイトがある。横浜在住で、映画事業に携わるアンドリュー・ウールナー氏が中心となって立ち上げた。東北関東大震災以降、怪しげな情報源をもとに記事を発信したり、事実とは異なる報道をしたりするメディアをネット利用者から「告発」してもらい、「恥辱の壁」のサイトで暴露していこうというものだ。

サイトには、記者の名前から媒体名、記事の見出し、ウェブのURLがリスト化され、ずらりと並んでいる。報道内容の「違法性」を11段階で独自に評価。レベル1では「意図的でないものの粗悪な情報に基づいた記事」という程度だが、数字が大きくなると「事実を検証せずうわさを事実のように伝えている」「読者の恐怖心をあおって記事を読ませる」となり、最悪のレベル11は「悪魔」とレッテルを張っている。

ユーザーからは多くの記事、メディアが報告されている。米CNNは、多くの映像が対象となった。例えば2011年3月20日の映像を見ると、女性キャスターが「放射性物質が、日本から輸入される食品に交じって米国に入ってくる恐れがあります」とやや上ずった声で伝えた後、空気中の放射性物質が日本から風に乗って米国本土にまで拡散するのではないか、と気象予報士にと尋ねた。予報士が「米国にはまず影響ありません」と返答するやいなや女性キャスターは、「この間も同じこと言ったじゃない」「大丈夫というのは、日本政府が言っていることでしょ」と、少々感情的に予報士に食ってかかった。さらに、カリフォルニア州が津波の影響で「非常事態宣言」を出したことを、福島第1の事故の関連による宣言だと勘違いして、予報士がいくら「影響はない」と言っても「だったらどうして、非常事態宣言なんか出されたのか」と納得しない。…


「放射性物質が、日本から輸入される食品に交じって米国に入ってくる恐れがあります」・・・正しい。

「大丈夫というのは、日本政府が言っていることでしょ」・・・優れた洞察。

彼らの報道が全て正しいのか、見れてはいないので断言できないが、それなりに信頼できると思うのだが。

まあ、9.11やイラク戦争の報道を経験して、恣意的に捻じ曲げれた情報に拒否反応があるのかも知れないが。

海外のメディアばかりを責めるのも酷だ。
米国政府も指摘しているように、日本政府は報告することに常に信憑性がなく、また情報を集約する能力が極めて劣っている組織だからだ。

変な風評が広まったんだとしたら、彼ら(海外メディア)の悪意や興味本位にではなく、日本そのものが持つ体質に原因が求められるのではなかろうか。
[PR]
# by tibbets_enolagay | 2011-03-29 02:45 | 地震関連
「震災で壊れた金庫から…4000万円盗難」
震災で壊れた金庫から…4000万円盗難 [ 2011年3月23日 06:00 ]
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/03/23/kiji/K20110323000479690.html sponichi annex
[スポニチアネックス] 宮城県気仙沼市松崎片浜の気仙沼信用金庫松岩支店で22日、金庫室に保管していた現金4000万円が盗まれているのを職員が発見、110番した。

 県警によると、同支店は震災による津波で外壁などが損壊し、金庫室まで自由に出入りできる状態だった。金庫室のドアは電子ロックが壊れてかかっていなかったが、職員らは壊れていることに気付いていなかった。19日午前に職員が金庫室の現金を確認しており、3連休中に盗まれたとみられる。22日朝に支店を片付けに来た男性職員が気付いた。県警は震災に乗じた窃盗事件として調べている


世界で、日本人の国民性を称える言葉を表明するメディアや個人が多くあるが、こんなものあるという証明として。

まさに、言葉にするのもおぞましい外道だ。

被害のあまりなかった関東近郊や都内で、ガソリンを盗んだり、コンビニで空き巣をはたらいたりするカスの話題もよく聞く。

世の中は、たった一つの視点では語れないということ。

ただ、この外道ども(おそらく複数犯だろう)は、必ず追い詰められて重罪に処せられる必要がある。

もしかしたら、震災のなかった地域から狙いをつけてやってきて、まんまと被災した人々の財産も含まれるであろう現金を盗みおおせた人間モドキども。

必ず、誰かが捕まえててくれることを期待して。その日まで、この記事は消さないでおく。
[PR]
# by tibbets_enolagay | 2011-03-25 16:28 | 地震関連
高橋洋一の民主党ウォッチ原子力安全・保安院の問題体質 経産省「植民地」、そして「東電の虜」
高橋洋一の民主党ウォッチ原子力安全・保安院の問題体質 経産省「植民地」、そして「東電の虜」 2011年3月24日 16時58分 (2011年3月24日 19時11分 更新)
社会総合 - エキサイトニュース
[JCastニュース]

東京電力の福島第1原発事故で現場の活躍が連日報じられている。欧米でも日本の原発事故の話が多く、現場の活躍を伝える一方でトップのダメさ加減を指摘する声が最近多い。昨日(2011年3月23日)のウォール・ストリート・ジャーナルはその典型だ。表題は「日本の規制当局、原子炉のぜい弱性を軽視」(Japan Ignored Warning of Nuclear Vulnerability )で、原子力安全委員会が2010年10月に電力を必要としない冷却施設の採用を無視してしまったという記事だ。

ここで取り上げられているのは、原子力安全委員会という内閣府の組織だ。今回の原発事故ではほとんど表に出てきていない。3月23日夜になって、ようやく原発事故後初の会見を開いた程度だ。

「規制の虜」のメカニズム
それにひきかえ、経産省の原子力安全・保安院は、テレビに映る記者会見ででずっぱりだ。口の悪いネットの上では、経産省のスポークスマンのズラ疑惑が面白可笑しく取り上げられているが、それも対外的なメッセージが原子力安全・保安院から多く出されていることをある意味で物語っている。

しかし、この原子力安全・保安院はこれまであまり知られていない行政組織だ。原子力安全・保安院は原子力等のエネルギーに係る安全及び産業保安の確保を図るための機関。原発などの安全確保のために厳正な監督を行うことになっている。経産省の外局で、有り体に言えば植民地だ。

ここで、東電との関係が気にかかる。東電は独占企業だから、ライバル企業との競争はない。監督するのは政府=原子力安全・保安院だけで、政府さえ丸め込めば、恐いモノなしだ。実際、東電は歴代経産幹部の天下りを受け入れており、11年1月には原子力安全・保安院の上部組織である経産省資源エネルギー庁の前長官だった石田徹氏が、退官後わずか4か月で顧問に天下っている。そうした天下りの見返りとして政府は厳しい監督をせず、安全基準も今となっては甘かったことが明らかになった。

このように、規制する側が規制される側に取り込まれて、規制が規制される側に都合よく歪曲されるメカニズムを「Regulatory Capture」(規制の虜)という。

東電の虜になった政府は、国民に対して「由(よ)らしむべし、知らしむべからず」の姿勢で原子力行政を行い、今回そのツケが最悪の形で回ってきたのだ。安全・保安院トップは百貨店担当していた文系事務官
特に、規制サイドに専門知識がない場合には、簡単に虜になってしまう。原子力安全・保安院の現院長である寺坂信昭氏は、エネ庁勤務の経験もあるが、同院入りの前職が経産省商務流通審議官であり、三越や伊勢丹などの百貨店担当をしていた文系事務官だ。とても、原子力関係の専門知識があるとはいえない。ちなみに、件のスポークスマンも通商関係が比較的長い文系事務官だ。

欧米では、原子力の安全管理は、専門家集団によって構成された独立した機関で行っている。その観点からいえば、原子力保安検査官など技術系職員もいるとはいえ、専門知識が乏しい経産省原子力安全・保安院が説明するのに違和感があるのだろう。そのため、情報公開が少ないという批判になっていると思われる。

もっとも、情報公開するにも専門知識が必要なので、原子力安全・保安院では無理なのかしれない。それくらい、東電の虜になってしまったともいえる。むしろ虜側に知恵があると東電にとっては不都合なのだ。

日本にとって深刻なのは、今の原発事故のみならず、経産省原子力安全・保安院と東電のようなもたれ合い関係が政府の至る所にあることだ。石田氏のような露骨な天下りはこれまでなかった。民主党政権になって、特に菅政権では、天下り根絶という言葉はなくなり天下りを従来より容認する姿勢になっているので、事態は深刻化しているといえよう。

++ 高橋洋一プロフィール
高橋洋一(たかはし よういち) 元内閣参事官、現「政策工房」会長
1955年生まれ。80年に大蔵省に入省、2006年からは内閣参事官も務めた。07年、いわゆる「埋蔵金」を指摘し注目された。08年に退官。10年から嘉悦大学教授。著書に「さらば財務省!」、「日本は財政危機ではない!」、「恐慌は日本の大チャンス」(いずれも講談社)など。東電の虜になった政府は、国民に対して「由(よ)らしむべし、知らしむべからず」の姿勢で原子力行政を行い、今回そのツケが最悪の形で回ってきたのだ。安全・保安院トップは百貨店担当していた文系事務官
特に、規制サイドに専門知識がない場合には、簡単に虜になってしまう。原子力安全・保安院の現院長である寺坂信昭氏は、エネ庁勤務の経験もあるが、同院入りの前職が経産省商務流通審議官であり、三越や伊勢丹などの百貨店担当をしていた文系事務官だ。とても、原子力関係の専門知識があるとはいえない。ちなみに、件のスポークスマンも通商関係が比較的長い文系事務官だ。

欧米では、原子力の安全管理は、専門家集団によって構成された独立した機関で行っている。その観点からいえば、原子力保安検査官など技術系職員もいるとはいえ、専門知識が乏しい経産省原子力安全・保安院が説明するのに違和感があるのだろう。そのため、情報公開が少ないという批判になっていると思われる。

もっとも、情報公開するにも専門知識が必要なので、原子力安全・保安院では無理なのかしれない。それくらい、東電の虜になってしまったともいえる。むしろ虜側に知恵があると東電にとっては不都合なのだ。

日本にとって深刻なのは、今の原発事故のみならず、経産省原子力安全・保安院と東電のようなもたれ合い関係が政府の至る所にあることだ。石田氏のような露骨な天下りはこれまでなかった。民主党政権になって、特に菅政権では、天下り根絶という言葉はなくなり天下りを従来より容認する姿勢になっているので、事態は深刻化しているといえよう。

++ 高橋洋一プロフィール
高橋洋一(たかはし よういち) 元内閣参事官、現「政策工房」会長
1955年生まれ。80年に大蔵省に入省、2006年からは内閣参事官も務めた。07年、いわゆる「埋蔵金」を指摘し注目された。08年に退官。10年から嘉悦大学教授。著書に「さらば財務省!」、「日本は財政危機ではない!」、「恐慌は日本の大チャンス」(いずれも講談社)など。


最後に、民主党と菅政権を批判して終わっているが、この記事はこの人の略歴を紹介しないままでは不公正であろう。

高橋洋一 (経済学者) ウィキペディア

主張は概ね理屈が通っていると思うが、意図的に内閣と原子力・安全院との関係を忌避しているような文章が気になる。

小泉&竹中政権が(彼らが初めてではないが)、強行に原発推進を推し進めたこと、経費節減のために発電所等施設の耐震性試験機関を”コイズミ改革”が廃止したこと、そして小泉が首相時に原発の損傷についての報告を握りつぶしたこと(これは疑惑の域をでないが裏付ける公的文書があるらしい)、についてはどう論じるのだろうか? 
[PR]
# by tibbets_enolagay | 2011-03-24 20:27 | 地震関連