偏見に満ちた日々の雑感・・・とHR/HMや映画のレビュー
by Tibbets_EnolaGay
検索
カテゴリ
全体
地震関連
世俗的なこと
腐れ警察
NHK放逐への道
悪徳企業の傾向と対策
医療・健康
資格試験
賃貸生活
三面記事
懸賞生活
HR/HM
映画
TV
コンピュータなど
ごく身近なこと
本・マンガ
トンでも話
動画
リンク

  ■Excite:ニュース
  ■Excite:翻訳

  ■Infoseek:ニュース
    Infoseek stock
  ■Yahoo:ニュース

  ■懸賞BOX
  ■ラブ懸賞
  ■懸賞~る
  ■懸賞の杜
  ■A・round(エーラウンド)アンケート
  ■【楽天市場】懸賞市場
  ■応募の達人(クローズド懸賞)
  ■登竜門(公募情報)

  ■Ameblo(アメブロ)-トップ

  ■コカ・コーラパーク

  ■楽天ブックス 
    



 
【医療問題に関するサイト】

  ■ナースシングプラザ.com
  ■キャリア・ブレイン 医師の転職、薬剤師・看護師・介護職の転職サイト


【調べもの】

  ■Wikipedia
  ■mapFan地図サイト
  ■ジョルダン 
 
【趣味のサイト】

  ■ヘビメタさん
  ■テレビ東京 「ROCK FUJIYAMA」


【少し世間の見方が変わるサイト】
 ※お口直しにどうぞ。

  ■サヨナラ!石原都知事(TOKYO-MXのプロパガンダにうんざりした人は必見!!
公開期間に限りがあるようですので、保存したい人はお急ぎください)
)

  ■RED-PIPERS.COM("赤い笛吹き”と題されたサイト。国民の未来を想う行為には、右翼も左翼もないのです)
)

  ■NHK受信料を考える
(NHKのヤクザまがいの横暴さを実感できるページ。「NHKへ一方的に受信契約解除する方法」は一読の価値ありです!)
  ■NHK受信料制度と裏事情
  
MAMO's Site →NHK受信料問題とは?

■NHKの不祥事 (from YourPedia)   ■立花孝志-内部告発 -(※ 勇気ある元NHK職員の詳細な内部告発情報)
  ■全国市民オンブズマン 警察裏金・不正支出問題
  ■東急不動産東急リバブル不買運動
  ■反中、嫌韓者のためのページ!!
  ■チームニッポン
  ■ルーブログ(※アメブロに引越しされたようです。前のサイトはコチラ)



以前の記事
2012年 01月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
more...
タグ
ライフログ
書籍
音楽
映画
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:ナショナリズム ( 37 ) タグの人気記事
”JUNKYARD DOG”
ジョンウン氏漢字名は「正恩」 「恩を与える」後継者という意味?
2010年10月1日 18時21分 (2010年10月1日 18時47分 更新)
社会総合 - エキサイトニュース
[JCastニュース]
ジョンウン氏漢字名は「正恩」 「恩を与える」後継者という意味?

北朝鮮の金正日総書記の後継者が、三男のジョンウン氏に決まったことが正式に発表され、写真も公開された。写真と同様に明らかにされてこなかったのが、ジョンウン氏の漢字表記だ。「正雲」「ジョンウン」「正銀」などと二転三転、結局「正恩」だったことが発表された。日本側から北朝鮮にメールで問い合わせて3日たって、やっと「正恩」という「正解」が明らかになった。

中国政府関係のウェブサイトも「正銀」と表記してしまうなど、中朝間の微妙な距離感も浮き彫りになっている。

平壌の朝鮮中央通信にメールで問い合わせて判明
北朝鮮では、1970年代から、ほとんど漢字は使われていない。そのため、人名表記は、北朝鮮側から発表がない限り、ハングルの音に対応する漢字を推測して使用しているのが現状だ。実際、金正日総書記が故・金日成主席の後継者として取りざたされていた際も、当初は各メディアが「正一」などと表記してきた。後に朝鮮総連経由で「正日」と伝えられ、それ以降は「正日」の表記が使われているという経緯がある。

朝鮮中央通信の公式ウェブサイトを運営している朝鮮通信社(東京都文京区)によると、同社が9月28日に正恩氏の漢字表記について平壌の朝鮮中央通信にメールで問い合わせたところ、10月1日の9時頃に返信があった。ハングルで書かれたメールの中に、漢字で「正恩」の表記があったという。

金正日総書記の後継者として、最初に正恩氏の名前が取りざたされたのは2003年のことだ。6月には韓国の朝鮮日報が、情報当局者の話として「後継者として有力視されている」と報じたほか、9月には聯合ニュースが「後継者として準備が進められているもよう」などと報じた。この頃から、日本メディアは足並みを揃える形で「正雲」の表記を使ってきた。

だが、09年10月になって、韓国統一省が、北朝鮮内の文書などを根拠に「ハングル表記を変更する」と発表。このハングル表記は「正雲」とは対応しないことから、各紙はいっせいに「ジョンウン」と表記を変更した。ただし、日本国内メディアの中で毎日新聞だけは、09年11月29日の1面に、

「毎日新聞が入手した内部文書によって、『ウン』については『雲』ではなく『銀』や『恩』などに当たるハングル表記であることが既に判明しています。…


薄汚いブタ面の独裁者の子せがれが、そんなに興味深いかね?

英国のロイヤルファミリーを追いかけるタブロイド記事さながらだが、こんな中身のない人物の詳細になど誰も興味を持つはずがなく、北朝鮮のリークか韓国政府の宥和派による誘導の気配がぷんぷんする。

もっと日本のメディアが真剣に取り上げるべき問題は他にたくさんあるはずだ。

「うん」でも「うんこ」でも、どうでもいい(実質はさして変わらない)。

どうしても統一表記が必要なら、”キム公Jr”でいいではないか。
[PR]
by tibbets_enolagay | 2010-10-01 20:44 | 世俗的なこと
東アジアの当たり屋
パンダ「コウコウ」の死に賠償金? 人為的ミスあれば4200万円 2010年9月16日 19時32分 (2010年9月16日 19時32分 更新)
社会総合 - エキサイトニュース2010年9月16日 19時32分 (2010年9月16日 19時32分 更新)
[JCastニュース]
パンダ「コウコウ」の死に賠償金? 人為的ミスあれば4200万円

神戸市立王子動物園で飼育されていたジャイアントパンダ「コウコウ(興興)」が死んだことで、日本側が賠償金の支払いを求められるとの報道が飛び交っている。

中国側は日本に調査団を派遣し、死亡の原因究明に当たるという。日本側に全面的な責任があるとなれば、賠償額は協定により50万ドル(約4200万円)になるというのだ。

尖閣諸島問題と絡めて報道
オスのジャイアントパンダ、コウコウは2010年9月9日に急死した。王子動物園の発表によるとこの日、メスのパンダ「タンタン(旦旦)」に発情の兆候が見られたため、コウコウに麻酔をして精子の採取を試みた。ところが麻酔から覚める過程で心配停止となり、正午過ぎに死んだことが確認された。死因は不明だという。

中国の報道によると、死因の確認のために中国野生動物保護協会が「調査団」を日本に派遣するとのこと。さらに、コウコウの死に対して日本側が賠償金を支払うことになる可能性があり、その金額は50万米ドル(約4200万円)に及ぶという。

このニュースは各国で報じられた。米MSNBC.comは9月14日、「パンダの死で外交論争激化」と題した記事を配信。尖閣諸島沖で9月7日、中国漁船が日本の海上保安庁巡視船と衝突、その後日本側が船長を逮捕したことで日中間に緊張が高まっていることと絡めて伝えた。米ウォールストリートジャーナル(電子版)も、中国が日本に対して船長逮捕に関する不快感を表明してきたが、その「最新の動き」としてパンダ問題に触れてきた、としている。

英デイリーテレグラフ紙(電子版)は9月13日付の記事で、中国の大手ポータルサイトに寄せられたコメントを紹介。「コウコウが死んだのは、確か中国人船長が逮捕された翌日だったよな」「10年間何事もなく生きてきたのに、突然死んだのは偶然だったのか」と「陰謀説」を唱える声や、「精子の採取で死んだのは、日本人が中国人を侮辱しようとしたからじゃないか」との意見まで並んだという。

中国から調査団、専門家による死因解明
中国の人民網(日本語版)によると、中国国家林業局が派遣した調査団は3人の専門家で、9月15日に来日しコウコウの死因の解明と事後処理にあたるという。…


国内のネットや風評によって作られた「都市伝説」じみたものが、そのまま”外交”になってしまうあの国には、本当にゲッソリするしかない。

発想が死ぬほど貧困・・・というか、気のせいで生きているような国なのね。

教訓としては、あんな愚にもつかないケモノを、大金を払って貸与してしまう悪弊はこれっきりにすべきということだろう。

何か、事故でもあれば、言いがかりを付けられて法外な賠償を請求されるのだ。

---

どうでもいいけど、例の毒ギョウザのときにもこれほどの迅速さで捜査を行ってほしいものだ。

あの件では、野生動物などではなく、何人もの人間の生命が危険にさらされたのだ。

それでも、日本の警察関係者が中国に乗り込んだ際には、まるで協力的な態度を取らなかったばかりか、適当な捜査情報を与えて、ガキの使いであるかの如く追いかえす有様だった。
日本側が、あの事件の真相追及について、腫れ物に触るかのような対応したのにも関わらずだ。今回のように、”ストーリー”を作り上げて、大勢の捜査関係者を日本に派遣するような事を、日本政府が中国に対して行ったらどういう反応が返ってくるのだろうか?
※中国本土に厳然として存在する、麻薬のプランテーションや精製施設、海賊版ソフトや偽札の製造工場に向けて、「日本政府が大きな被害を受けているから調査する」などといって、日本人の捜査官を派遣すれば、連中は「国家主権の侵害だ」などと大騒ぎするに違いない。

・・・などという経緯から鑑みれば、日本政府当局者の取るべきもっとも適正な対応は、動物園の飼育管理者による状況報告を粛々とまとめて連中に手渡してやることだ。
具体的には、(イチャモンを付けに意気揚々と乗り込んでくる)調査団とやらに、到着したばかりの空港内で書類を渡して、
これが当方で実施した調査の結果です。
事実はこれ以上でもこれ以下でもありません。
あなた方はこの国に居留する権利はありますが、件の飼育施設を調査する権限も、関係者に聞き取りをする権限も有しません。
また、そうした作業に我が国が費用を負担する用意は一切ありません。

と告げてやればよい(”外交”というものを完全に履き違えている連中にはいい薬だと思うのだが)。

しかし、中国におけるインチキ情報まみれのネット掲示板で、「陰謀論」などをわめいている脳タリン(※あの国では”ネトサヨ”とでもいうのだろうか)によって、国政が行われるとはなんとも暇な国だ。
国際社会にそっぽを向かれる前に、もっと平衡感覚を取り戻す努力をするべきではないだろうか?
[PR]
by tibbets_enolagay | 2010-09-16 23:19 | 世俗的なこと
新たな主(あるじ)は元の主と同じ
<ブッシュ前大統領>式典でブーイング ホワイトハウス去る 2009年1月21日 10時59分 ( 2009年1月21日 11時47分更新 )
Excite エキサイト : 国際ニュース

映画の「ダイ・ハード2」や「ファイナル・ディスティネーション」みたいに、去り際に旅客機ごと〇〇すれば立つ鳥あとを濁さずで、21世紀にも希望が持てたと思うのだが。
※世界の人々はあまねく勧善懲悪に、調和を見出す。

しかし・・・。
”オバマ”でなにかすべてが良くなるような一種の集団催眠のような現象がおきているが、なにかの勘違いだ。

日本のメディアもばかみたいに、「株価への影響は」だの「日米関係は」などと自国のことのように騒いでいるが、足元にいくらでも報じるべき話題はあるだろうに。

日本に限って言えば、新人社員があらゆる業務を(おそらく国内を最優先)でOJTする中で、かなりプライオリティの低い政治課題と扱われるのは容易に想像できる。

経営者や禁輸資本家が自らの怠慢を棚に上げて、今の悪状況を米国の所為にするのもムカつくが、米国が変化すれば自分たちがおいしい目にあえるという乞食のような発想にもヘドがでる。

なんにも変わりはしない。
むしろ、6ヶ国協議よりも、もっと無関心に扱われるのがおちだ。経済力も、外交力もない国に何の関心も持つものか。

”コイズミ”のように、大統領の前でプレスリーをチャラけて踊るタイコ持ちでも居れば違うかもしれないが・・・。

---

ところで、オバマ大統領の就任式典(正確には式典後のイヴェント?)はなにやらお祭り騒ぎ。

ちょっと、フセインの銅像が倒されたときのバグダッドのような空騒ぎとダブって見えてしまった。

そして、なつかしの「LIVE AID」のような豪華ミュージシャンの競演("スティービー・ワンダー"以外はあまりよく見なかったが大物ぞろいだったらしい)。

ブッシュの、退任イヴェントもアーティスト参加を募って派手にやればよかったのに。

"レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン"とか、”マリリン・マンソン”とか、”スリップ・ノット”とか。。。

レディング・フェスティバルでパフォーマンスするような大物が、喜んで参加してくれそうだ。
[PR]
by Tibbets_EnolaGay | 2009-01-21 16:18 | 世俗的なこと
〇カはどっちだ、イシ・ジョンイル
「宮内庁のばかが」と、また批判 石原知事が五輪招致で 2008年7月17日 18時58分
Excite エキサイト : 社会ニュース
[共同通信]

16年夏季五輪招致を目指す東京都の石原慎太郎知事は17日、横浜市で開催中の全国知事会議で発言し、皇太子さまの招致活動への協力は難しいとした宮内庁東宮大夫の見解に触れ「宮内庁のばかが余計なことを言って」と批判した。「(五輪招致は)国民が熱願すること。宮内庁が反対する理由はないと思う」と強調。「お国のために皇太子さん頑張ってくださいよと声を上げるのはごく当たり前と思う」と話した。

なんでも、あの人の感覚からすると、都や県の自治体が宮内庁や皇室に協力してきたのだから、この際都の政策に協力しということらしい。

このオッサンは、象徴天皇とか、皇室が政治に介入しないという戦後の大原則を知らないらしい。

かなり昔の、筒井康隆氏のエッセイに、
主婦の集団が天皇陛下(かその取り巻き)に直訴状を渡そうとしている様子をニュース報道で見た星新一氏が、
「あれは、議会制民主主義の否定ではないのか?」
と訝る場面が紹介されているが、今回の件でこの知事の場合は仮にも東京都という自治体の長である。

宮内庁や皇太子を、(私利私欲の)五輪招致にひっぱりだすことの異様さを理解していないというのはちょっと考えられないし、うすら寒い。

"KY"という域を超えて、暴走機関車である。

ちなみに、私も多くの都民と同じく、
東京五輪招致反対!!
である。

直近としては、医療や生活基盤の充足や、公務員の無駄金を減らすなどの足元を見つめた政策が必要なのであって、お茶濁しのお祭り(おそらくは知事としての自分の名前が残るという意味もあるのだろう)などしている場合ではない。
例の大金つぎ込んだ銀行も、どう後始末をつけるつもりだろう。

都民の関心がまったくないのには、十分な理由がある。

ま、都知事を辞めるまで一切気づこうともしないのだろうけども。

---
なんだか、この人、右寄りかと思ったら、宮内庁や皇室とケンカするし、さながら中国全体主義を真似たような五輪招致政策をゴリ押しするわで、アティテュードがよく理解できない。

支離滅裂なんですな。

一般にはまったく評価されていないけれども、すでに計画がスタートしていた東京万博(だったっけ?)を中止した、青島前都知事は偉大だったのだなあ・・・と感じる次第。
[PR]
by Tibbets_EnolaGay | 2008-07-18 10:12 | 世俗的なこと
"対話してやる”とはおこがましい
<中国>「ダライ・ラマ側と数日中に会談」チベット暴動後初 [ 04月25日 21時39分 ]
Excite エキサイト : 国際ニュース
[毎日jp]

 【北京・浦松丈二】中国政府は25日、チベット仏教の最高指導者、ダライ・ラマ14世の代理人と数日中に会談すると発表した。会談が実現すれば、チベット自治区ラサでの暴動発生後初めてとなる。中国側には対話再開を求める国際圧力をかわし、北京五輪の順調な開催につなげる狙いがあるとみられる。

 中国国営・新華社通信によると、中国当局者は「ダライ側が繰り返し対話再開を求めていることを考慮した」と述べた。中国政府によるラサ暴動の「鎮圧」を受け、世界各地の北京五輪聖火リレーで妨害が相次ぐなか、欧米諸国の指導者から中国政府とダライ・ラマの対話再開を求める声が高まり、五輪開会式を欠席する動きも出ていた。

 中国政府は02年以降、ダライ・ラマ側と6回接触しているが、チベット問題をめぐる本格的な対話再開は実現していない。

 当局者はまた、ダライ・ラマとの対話再開の条件として、中国分裂活動▽暴動の画策・扇動▽北京五輪の妨害・破壊活動――の停止を再確認した。

 中国政府はダライ・ラマ側がチベット暴動を「画策、扇動」したと主張。世界各地で相次いでいる北京五輪聖火リレーの妨害についても「少数のチベット独立主義者の犯行」と批判している。中国政府は会談を通じてダライ・ラマ側に謝罪など具体的な行動を要求する見通しだ。

中国がダライ・ラマ側と対話へ 五輪妨害の停止求める [ 04月25日 22時02分 ]
Excite エキサイト : 国際ニュース
共同通信

 【北京25日共同】中国国営の新華社通信は25日、中国政府がチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世側の度重なる求めを考慮しダライ・ラマの私的代表との「接触と協議」を行う準備を進めていると伝えた。対話進展の条件として「北京五輪妨害の停止」を挙げた。中国政府とダライ・ラマ側の対話ば昨年7月以来で、協議は7回目。北京五輪の聖火リレーをめぐる混乱沈静化をにらんだ措置とみられる。

ダライ・ラマ氏を暴動の扇動者としてさんざメディアを使って罵り、「対話する用意がある」とぶち上げる中国共産党もたいしたものだ。
※これを見ていて不思議に思わない、全世界の中国人の国粋主義にも年季が入っていると思うが。

それでいて、我々日本人はこうした彼らの言動をあまり奇異に感じていないというのが現状だろうか。

以外に冷静な世論や、「中国ならあのくらいは仕方ない」という報道のあり方がそれを物語っている。

それもそのはず。
日本には、他国に不法に侵入して人間を拉致したり、核兵器やミサイルを開発したことを誇示して、協議に応じてやるだの、経済支援をよこせだのという狂った隣人がいるのである。

どこかで見たような映像だなと、中国外務官のロボットのような会見を見ても不思議に思わないのは免疫ができてしまっているからなのだ。
従って、この対談が実現したとしても、国際社会に中国の面子をたてるためだけのものであり、チベット問題の解決に実効力など全くないことも、彼ら自身がチベット人の期待する国策を忌避し続けることも、(単なる悲観論としてではなく)我々はすでに理解している。

あまり、いいこととは思えないけれども。

---
どうにも日々の報道を見ていると、人をレイプしておいて「文句があるなら聞いてやる」とのたまう変人のように見えて仕方がない。

ともあれ、「北京五輪妨害の停止」を訴えている中国自身がオリンピック精神を踏みにじった事実は歴史に残っていいはずである。

物々しい警備が護送しないと聖火(と呼ぶべきなのだろうか)が運べないオリンピックなど、聞いたことがない。

そんなリレーは天安門の前で、ミサイルと戦車を引きつれて永遠にやっていればいい。
迷惑だから、他国を通るな・・・というようなことを日本の政府(※口が滑る閣僚の人材には事欠かない)が言ったら面白いのに。
[PR]
by Tibbets_EnolaGay | 2008-04-25 22:34 | 世俗的なこと
"We Didn't Start the Fire."
善光寺で追悼のともしび チベットに平和実現訴え [ 04月13日 21時57分 ]
Excite エキサイト : 社会ニュース
共同通信

 長野市で26日に行われる北京五輪聖火リレーで、チベットの人権改善を訴える予定の市民団体「チベット問題を考える長野の会」が13日夕、聖火リレー出発予定地の善光寺で、ろうそくを使いチベット騒乱の死者を追悼するイベントを開いた。小雨が降る中集まった約60人が善光寺境内近くで、177人分(会推計)のろうそくを仏教で「円満な世界」を表す円形状に並べ、善光寺などの僧侶約10人が念仏を唱えた。

<聖火リレー>英仏米で混乱 ルートの短縮・変更相次ぐ [ 04月11日 21時23分 ]
Excite エキサイト : 国際ニュース
[毎日jp]
 【メキシコ市・庭田学、ジャカルタ井田純、北京・浦松丈二】中国のチベット政策をめぐり北京五輪聖火リレーに対する激しい抗議行動が続き、今後のリレー開催国は対応に追われている。英仏両国での混乱を教訓にリレーコースの大幅な短縮、変更に踏み切った米サンフランシスコに続き、これから聖火が運ばれる国々も当初計画の見直しや警備の一層の強化などに乗り出し始めた。

 聖火は10日、米国から空路ブエノスアイレスに到着。空港には報道陣も近づけず、アルゼンチン史上初の聖火リレーにもかかわらず式典はなかった。

 空港の敷地から長い車列が出てきたが、AP通信はトラブルを避けるための「おとり」と報道。聖火は11日の本番まで秘密の場所に保管される。当日は約14キロのコースを約6000人が警備する。

 24日にリレーが行われるオーストラリアでは、地元メディアによると首都キャンベラの中国大使館前を通過する当初のコースが変更された。野党党首が「オーストラリアに来る前に国際オリンピック委員会がリレー自体の中止を決めても不思議ではない」と発言するなど、冷ややかな見方も出ている。

 また、11日付の香港紙「明報」(電子版)によると、香港特別行政区政府当局者は、5月2日予定の聖火リレーについて、ルート変更も視野に対応策を検討していることを明らかにした。

 一方、世界19カ国を経て5月4日にリレーが始まる中国でも警戒が強まっている。聖火は分離・独立運動を抱えるチベット自治区や新疆(しんきょう)ウイグル自治区を含む31の省・自治区・直轄市のすべてを回り、開幕2日前の8月6日に北京入りする。

 公安省は、コースの危険度を評価したうえで「リスクが残る場合はコースの調整を提案しなければならない」との通知を地方政府に出し、安全対策の強化を指示。4月末までに最低2回のリハーサルも命じている。

 このほか、亡命政府を抱え、世界最大のチベット人社会を有するインド(17日)や、インドネシア(22日)でもコース短縮などが決まっている。
既に各地で途切れ、リレーできていない炎をいまだに、リレーと称するのはいかがなものか。

どんな理由があるにせよ、大量殺戮を犯したばかりの国の威信のみを表現して走っているリレーの炎などけしからんと、善光寺の仏さまも罰を当てそうなものだが。

一連のニュースを見て、連想した人も多いと思うのだが、一応。。。

ビリー・ジョエルのちょっと変わった曲に、
"We Didn’t Start the Fire”
という曲がある(※邦題はダサいのでパス)。
彼がこの曲を書いてから、国際的にはずいぶん大きな出来事が様々におきたので、内容としてはちょっと古くなっているかも知れないが、そのテーマはまさに今を象徴している。

We Didn’t Start the Fire.
It was always burning     
Since the world's been turning.

リレーの炎などではない。
この際、そんなものはどうでもいい。たかだか国際金融家が多国籍企業や小銭を儲けるためのくだらない商業的イベントである。

彼らが、チベットの人々を弾圧し、信教の自由や、その権利を、暴力で奪ったときから、その炎はずっと燃え続けていたのである。

大勢の人民(別に辺境や寒村の人々だけをいうのではない)の生き血をすって、中国共産党の一握りの人間と腐った官僚が肥え太っている間、その炎は彼らも想像しなかったほどに大きくなっていたのだ。

したがって、彼らに「国際協調で五輪を成功させるべき(またはそれに、他国も協力するべき)」だとか、「リレーを妨害するような行為は不当である(それを扇動する行為は中国の発展をけん制するもの)」だなどという資格はない。

私なりの解釈で言えば、彼らが起こした炎で彼ら自身がその姿を燻りだされるか、もっと直接的には業火に焼かれる時がきたというだけである。
※どちらも、はっきりとした形で自然発生的に全世界で起きていることである。

我々は、何も扇動などしてないし、する必要もない。
彼らが、彼らの起こした(あるいは利権に目が眩んで)炎で、赤々と燃え上がるのは、因果応報なのである。

---
西側メディアのチベット報道を皮肉る曲、中国でネットに [ 2008年04月15日 18時49分 ]
西側メディアのチベット報道を皮肉る曲、中国でネットに | Excite エキサイト
[ロイター]

 4月14日、中国のインターネットユーザーの間でチベット騒乱に対する西側メディアの報道を皮肉った「CNNになり過ぎるな」という曲が出回っている。写真は先月14日にラサで撮影(2008年 ロイター)

 [北京 14日 ロイター] 中国のインターネットユーザーの間で、チベット騒乱に対する西側メディアの報道を皮肉った「Don't be too CNN(CNNになり過ぎるな)」という曲が出回っている。

 Mu Rongxuanという人物が作曲・演奏したとされる同曲は、チベット自治区ラサで起きた騒乱を西側メディアが歪曲(わいきょく)して報道していると非難する内容。

 歌詞の一部には「CNNは報道するすべてが真実だと厳かに断言するが、私はそれが実は幻想だということがだんだん分かってきた」とあり、ビデオクリップの映像には、ラサでの焼け落ちた店舗や立ち上る煙など、中国の新聞が繰り返し掲載してきた写真が使われている。

 同ビデオクリップは、中国中央電視台(国営テレビ)のウェブサイトにも掲載されていた。

こちらのほうが、よりリアルだと思うのだが。
先にあげた曲のフラッシュである。アマチュアの作品だが、コマーシャルや政治臭いメッセージを除けばよくできている。
http://yeli.us/Flash/Fire.html
[PR]
by Tibbets_EnolaGay | 2008-04-14 04:35 | 世俗的なこと
さすが、メディア統制国家中国
中国製「毒ギョウザ」事件 中国で広がる「日本の陰謀説」 [ 02月22日 20時06分 ] Excite エキサイト : 社会ニュース
J-CASTニュース

中国のネット上では日本の「陰謀説」まで囁かれている

冷凍ギョウザをはじめ中国製食品で相次いで殺虫剤混入が明らかになった問題で、国内では中国で殺虫剤が混入したことが濃厚との見方が大半だ。しかし、中国では「日本に責任がある」という主張が広がっている。ネット上では、「日本は謝罪すべきだ」「日本側が国内で農薬が混入したことを認めたはずだ」といった書き込みが出始めている。

「日本人が毒物を混入した」との「誤解」が強まる
日本側からすれば、中国国内での殺虫剤混入は当然といえば当然。大阪府枚方市のスーパーから回収された未開封のギョーザのうち2袋から、有機リン系殺虫剤「メタミドホス」が検出され、そのうち1袋は、包装袋の内側と外側から検出されたが、袋は完全な密封状態だった。それに加え、殺虫剤が日本で流通したものでないことが明らかになっている。さらに、日本各地の冷凍ギョーザや天洋食品以外の中国製食品でも「メタミドホス」などの殺虫剤が検出され、中国側の製造段階に混入した可能性が濃厚との見方が強まった。

そんななか、警察庁は2008年2月21日、国内で中国製冷凍ギョーザから検出された農薬メタミドホス成分の鑑定結果などから、有機リン系殺虫剤「メタミドホス」は中国国内で混入されたとする見方を示した。

しかし、中国ではそう受け取られてないらしい。

徳島では冷凍ギョーザのうち5袋の包装の外側から微量の有機リン系殺虫剤「ジクロルボス」が検出されたが、県が2月11日に、販売店が防虫作業のために「ジクロルボス」を含む薬剤を使用している可能性があり、この薬剤が包装の表面に付着した可能性もあるとの見方を示した。この話が中国に伝わり、「日本人が毒物を混入した」との「誤解」が強まっているようだ。

「餃子事件は日本の右派かアメリカの計画的陰謀」
中国国内の報道では、「農薬と食品問題の裏に日本の戦略上の問題が隠されているのでは」といった陰謀説も出始め、ネット上の掲示板では、

「今度の餃子事件は日本の右派それともアメリカの力を借りて、計画的な陰謀ではないのか」
「中国人は馬鹿ではない。自分の食品の中に毒を入れるなんて、馬鹿すぎるのではないのか」
「中国政府を信じてます。日本人はどこまでもひどいことができる」
「オム真理教のことはまだ覚えてる?日本人は自分自身で毒を作ってるんだよ」
と書き込まれており、毒物混入は日本で行われたとの見方が中国国内の世論で強まっている。

さらに、動画投稿サイト「YouTube(ユーチューブ)」では、「毒入りギョウザ」を報じる日本の放送をまとめた動画が多数投稿されているが、そこでは中国人ユーザーと思われる人が、

「今に、毒の源泉は日本側だったという調査結果が出るさ。日本(Jap)政府は中国に謝罪すべきだ」
「徳島県知事が記者会見で『毒物混入の原因は店舗内だった』と言ったじゃないか」
などと書き込んでいる。

なお、警察庁が中国国内で混入されたとの見解を示したことについて、中国外務省の劉建超報道局長は2008年2月21に「現段階で推測や不完全な証拠に基づいた判断は責任ある態度ではない」と述べ、日本側を批判している。

「陰謀論」などをもてあそぶのは、もっと知的水準が高い人に任せたほうが良いと思うのだが。

「日本の店舗内で混入した」という発言は少なくとも、聞いたことがないし、日本には"天洋食品"のギョウザで、中国国内での被害者が出ているというニュースも配信されているのだが。

このあたりは流石、メディア統制の徹底した中国というところか。
※この国では、指導者自身がメディアの検閲を行っているといわれる。寒村で、自国民が飢えようが、女性が強制的に不妊手術や堕胎をさせられようが、急速な工業の発達で公害病が蔓延しようが、そんな小手先の国民統制にご執心とは呑気なことだ。

未開封の商品からも農薬が検出されても、中国当局は自国内での混入の可能性を認めないばかりか、日系企業の管理責任を追求する始末である(当然、こんな事実は中国のメディアには一切流れまい)。

事実関係がはっきりしない段階で、混入の可能性は、中国の生産・流通の過程と、日本への輸送・国内流通の過程のどちらもありうると強調していた某大学教授の発言も、(予断を許さないという意味では)その時点で妥当だったかも知れないが、こうした状況になると日本での混入を示唆するような受け取られかたをする可能性もあり、結局不用意な発言だったと言えそうだ。
例の農薬(メタミドホス)が「日本国内でも手に入らないことはない」ともいっていたが、中国国内で当該の薬品がほんの一昨年前まで禁止されておらず、普通に店に流通している(家庭に保管されている薬もあるし、違法に取り扱っている店もある)という事実と考えると、あまりに中国寄りの弁明のように思える。

自国に都合の良い妄言だけで、成り立つ中国。
いい加減、日本はこの国と手を切る時期に着たのではなかろうか。
---
私自身は別にナショナリストでも、右翼でもなんでもないが、"Jap"という蔑称がメディアに流れたと聞けばさすがに癇に障る(これが欧米のメディアでも同じことだ)。

従って、こちらもはっきり言っておこう。

これは日本の陰謀や、日本国内の犯罪ではなく、"ちゃんころ"の国における、意図的、あるいは国際的にも稀なほどお粗末な品質管理上の問題による毒物混入事件である。
[PR]
by Tibbets_EnolaGay | 2008-02-23 14:00 | 世俗的なこと
危機管理どころか、責任意識もない防衛大臣
<イージス艦事故>政府に与野党から批判相次ぐ [ 02月19日 13時34分 ]
Excite エキサイト : 政治ニュース
[毎日jp]
 イージス艦の漁船との衝突事故について与野党からは19日、政府の初動対応への批判や責任を問う声が相次いだ。

 自民党は国会内で開いた総務会に防衛省幹部を呼び、事故の経緯や現状の説明を受けたが、石破茂防衛相への報告が事故発生から1時間半たっていたことに「もっと緊張感を持って対応すべきだ」などと批判が集中。「防衛省はイージス艦の性能や能力を誇っていたが、どうして事故が起きたのか」「事故発生から時間がたつのに党に十分な報告がない」と、いらだちの声も上がった。

 二階俊博総務会長は終了後の記者会見で、「政府はきっちり対応しなければいけない。党として厳しく意見を述べていく」と険しい表情で語った。

 一方、民主党の鳩山由紀夫幹事長は党本部で記者団に「海上自衛隊の猛省を促したい。事故や事件を起こし続けた体制自体に緊張感が足りない。防衛相への連絡が1時間も2時間もかかるようでは日本の防衛が心もとない。役所全体の問題で気が緩んでいる」と厳しく批判した。

 共産党の穀田恵二国会対策委員長は国会内で記者団に「軍艦が民間の漁船に衝突するというのはあってはならないことで厳しく抗議する。連絡を一刻も早くやるのが当然なので、防衛相への報告が遅れたのは驚く。真相究明が今は最大の責任だ」と強調した。

 社民党の福島瑞穂党首も「これからもこんなことが日本の海で起こるとすれば安心できない。事実の究明を優先し、原因を精査するが、場合によっては防衛相の責任も追及していく」と指摘。国民新党の亀井久興幹事長も「防衛相への連絡体制がどうなっていたのか、究明する必要がある。結果によっては防衛省の責任も問わなければいけないかもしれない」と語った。

首相連絡は1時間半後 石破氏、伝達遅れ認める [ 02月19日 11時54分 ]
Excite エキサイト : 政治ニュース
共同通信

 海上自衛隊のイージス艦と漁船の衝突事故で、福田首相や石破防衛相への一報は発生から1時間半以上かかった。石破氏は衆院予算委員会で「十分でなかったと認識している」と情報伝達の遅れを認め、体制見直しを急ぐ意向を表明した。政府によると、19日午前4時7分に事故が発生、石破氏が連絡を受けたのは5時38分、首相ら官邸メンバーへはその後で、官邸は5時55分に情報連絡室を設置した。
発言を聞く限り、結局責任感のかけらもなし。

この人、自衛隊のすべての活動の管理監督の責任を負う防衛庁の上に立つ人物としては、「連絡が遅い」などと他人事のようにいらだってみせるなど完全な勘違い人間なのでは。

国防に関する組織の責任者として、謝罪の一言を被害者やそのご家族に発するべきであって、「遺憾だ」とか「報告に時間がかかりすぎているので見直しが必要だ」などとコメントしている場合ではないのだろうか。
そんなことは、当たり前の話で、いちいち報告するのではなく内部で処理しろと言いたい。

米国兵が犯罪を起こしたり、戦闘機やヘリコプターが事故を起こせば、日本政府はその責任者として米政府や、在日大使館に釈明を求めるのは当たり前だし、こうした人災に際しても、その防衛組織の長である防衛相や日本政府が、もっとも責任を負うのは自明である。

就任して日が浅いだのと理屈をこねて、指揮系統に問題があると、前任の防衛相や閣僚に責任を押し付けるのであればそれはそれでかまわないが、組織の指揮系統からいってそのトップが責任を認めてなんらかの謝罪をするのが最初であるはずである。

事故がおきて、真っ先に連絡を上げるべき相手が官邸や防衛相であると主張するなら(無論もっともな話である)、まず、事故の責任を自ら負うという相応の自覚を持つのが先ではなかろうか。
[PR]
by Tibbets_EnolaGay | 2008-02-19 23:46 | 世俗的なこと
ゴミだなNHK
橋下大阪府知事 遅刻発言に怒ってNHKに絶縁宣言 [ 02月12日 15時35分 ] Excite エキサイト : 社会ニュース
J-CASTニュース

橋下徹大阪府知事(38)は、前日に生出演したNHKの番組で司会の女性アナウンサーから「遅刻」と指摘されたことに怒りをあらわにし、「今後一切、NHKのスタジオには行きません」と述べた。大阪府庁で2008年2月9日に行われた会見で発言した。橋下知事はまた、NHK側から番組前後にあいさつやねぎらいの言葉がなかったとして「黙っていても金が入ってくる組織はこんなもの。民間企業はあんな態度をとらない」とも語った。
NHKの番組は、8日午後7時半から関西で放送された「かんさい特集」。橋下知事は同日、東京で政党などへのあいさつ回りを終えて帰阪し、同8時ごろにスタジオ入りした。女性アナから「30分の遅刻で到着されました」と紹介され、「遅刻は僕の責任じゃない。(公務で冒頭から)来れませんと再三、言っていた」と反論していた。

橋本知事のシンパでもなんでもないし、非難のしかたも子供じみているとは思うが、NHKの傲慢ぶりは想像に難くないし、これほど不祥事が相次ぐ中でなぜこんなに面の皮が厚いのかと呆れるしだいである。

橋本氏の非難が稚拙だと非難される向きには、NHKのやり方も(人づて聞く限りは)かなり酷いものである。
※橋本氏の発言が、わざと明け透けで隙だらけであるのも、世の耳目を集める手段なのかも知れない。

さっさとなくなれ、NHK。
[PR]
by Tibbets_EnolaGay | 2008-02-13 23:07 | 世俗的なこと
東京五輪招致にみる全体主義
<16年五輪招致>申請書の概要発表…「都市と一体」前面に [ 01月15日 20時32分 ]
Excite エキサイト : スポーツニュース
[毎日jp]

 16年夏季五輪招致を目指す東京オリンピック招致委員会(会長・石原慎太郎都知事)は15日、国際オリンピック委員会(IOC)に提出した申請書の概要を発表した。「都市と一体になった大会」を前面に出している。

 申請書は開催計画概要に対してIOCが25項目を質問。それに回答する形で14日に締め切られた。東京都は10日に提出した。

 大会コンセプトでは、新設するメーン競技場(東京都中央区)を中心に半径8キロ以内に95%の会場を集約した「世界一コンパクトな大会」を強調。この圏内全体を「五輪公園」と位置付けて「五輪の経験が都市の隅々に行きわたる」と説明した。コンセプトを伝える「The City is the Games(都市全体が五輪」などのフレーズが発表された。

 また、五輪開催の動機は「高度な都市化、高齢化、成熟社会の課題を経験しつつある東京が未来に向けて生まれ変わる契機」と説明。大会予算は明示されなかったが、収入に関してはローカルスポンサー料、チケット料などで1790・55億円を見込んでいることや、招致予算は55億円などと回答した。

 16年五輪には東京、シカゴ(米国)、プラハ(チェコ)、リオデジェネイロ(ブラジル)、バクー(アゼルバイジャン)、ドーハ(カタール)、マドリード(スペイン)の計7都市が立候補。6月のIOC理事会で5都市程度に絞られて、09年10月に正式に決まる。

東京都が、五輪招致に向けた一方的なプロパガンダを続ける中で、なんと学校教育にも「五輪教育」というのが導入されることになったそうな。

中国共産党ならなにをやっても驚かないのだが。
「ここ、日本だよな・・・」
と思わずつぶやきたくなる気分。

只でさえ、学力の低下や、教育機会の格差が問題になっている昨今、こんなプログラムを政治的な意図で押し込んでいる余裕などあるのだろうか?

オリンピックをやって権威を得たいという大人のエゴのために、望みもしないことを教えられる子供もかわいそうなものだ。

なにやら珍妙な"カミカゼ映画"をつくって国民を軍国思想に導こうと言う思惑はまだ笑っていられるが、子供の脳みそまで手篭めにしようというあたりはあざといとしか言いようが無い。
というより、こんなことを簡単に教育委員会の許可を得てに行えるのは驚きである(あるいは都の子飼いの組織なのかも知れないが)。
[PR]
by Tibbets_EnolaGay | 2008-01-17 19:54 | 世俗的なこと