偏見に満ちた日々の雑感・・・とHR/HMや映画のレビュー
by Tibbets_EnolaGay
検索
カテゴリ
全体
地震関連
世俗的なこと
腐れ警察
NHK放逐への道
悪徳企業の傾向と対策
医療・健康
資格試験
賃貸生活
三面記事
懸賞生活
HR/HM
映画
TV
コンピュータなど
ごく身近なこと
本・マンガ
トンでも話
動画
リンク

  ■Excite:ニュース
  ■Excite:翻訳

  ■Infoseek:ニュース
    Infoseek stock
  ■Yahoo:ニュース

  ■懸賞BOX
  ■ラブ懸賞
  ■懸賞~る
  ■懸賞の杜
  ■A・round(エーラウンド)アンケート
  ■【楽天市場】懸賞市場
  ■応募の達人(クローズド懸賞)
  ■登竜門(公募情報)

  ■Ameblo(アメブロ)-トップ

  ■コカ・コーラパーク

  ■楽天ブックス 
    



 
【医療問題に関するサイト】

  ■ナースシングプラザ.com
  ■キャリア・ブレイン 医師の転職、薬剤師・看護師・介護職の転職サイト


【調べもの】

  ■Wikipedia
  ■mapFan地図サイト
  ■ジョルダン 
 
【趣味のサイト】

  ■ヘビメタさん
  ■テレビ東京 「ROCK FUJIYAMA」


【少し世間の見方が変わるサイト】
 ※お口直しにどうぞ。

  ■サヨナラ!石原都知事(TOKYO-MXのプロパガンダにうんざりした人は必見!!
公開期間に限りがあるようですので、保存したい人はお急ぎください)
)

  ■RED-PIPERS.COM("赤い笛吹き”と題されたサイト。国民の未来を想う行為には、右翼も左翼もないのです)
)

  ■NHK受信料を考える
(NHKのヤクザまがいの横暴さを実感できるページ。「NHKへ一方的に受信契約解除する方法」は一読の価値ありです!)
  ■NHK受信料制度と裏事情
  
MAMO's Site →NHK受信料問題とは?

■NHKの不祥事 (from YourPedia)   ■立花孝志-内部告発 -(※ 勇気ある元NHK職員の詳細な内部告発情報)
  ■全国市民オンブズマン 警察裏金・不正支出問題
  ■東急不動産東急リバブル不買運動
  ■反中、嫌韓者のためのページ!!
  ■チームニッポン
  ■ルーブログ(※アメブロに引越しされたようです。前のサイトはコチラ)



以前の記事
2012年 01月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
more...
タグ
ライフログ
書籍
音楽
映画
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:外務省 ( 8 ) タグの人気記事
拉致問題は草の根運動でよいのか?
卑劣な行為と国民全員が憤ったのも遠い昔。

メディアにさんざ消費されたせいか、この話題も何故か当事者の活動ばかりで、政府や世論が後押しする状況からどんどん離れていく気がする。

さんざん念の押した米国の協力も得られず、日本の政権は平壌宣言が重しになってなんら有効な手段が取れない(※小泉氏の首相任期中に犯した最大の過ちである)。

こういった国民の人権を反故にする行為に対し、国がかくも関心がないのはどういうことなのだろうか。

拉致被害者の家族会などが、講演や海外への渡航を通じて一所懸命問題の解決をすればするほど、この問題はそういうレベルの話なのかと思わざるを得ない。

エリツィン元ロシア(ソ連だっけ?)大統領の葬儀にも、飛行機の都合がつかなくて(恥ずかしい・・・)出かけられない、外務相のおっさんはなにをしているのだろうか。

マンガでも、読んでのほほんとしているのかな?

「胸が痛む」と蓮池さん めぐみさん拉致映画を鑑賞 [ 04月28日 19時26分 ]
Excite エキサイト : 社会ニュース
共同通信

 北朝鮮による横田めぐみさん拉致事件をテーマにしたドキュメンタリー映画「めぐみ-引き裂かれた家族の30年」の上映会が28日、新潟県柏崎市の文化会館であり、拉致被害者の蓮池薫さん(49)夫妻が鑑賞した。蓮池さんは上映後「われわれがいなくなったことで親たちも戸惑い、絶望感を感じたと思うと胸が痛む」「残された被害者が早く家族に再会できるよう政府に尽力をお願いしたい」と話した。

[PR]
by Tibbets_EnolaGay | 2007-04-29 13:27 | 世俗的なこと
"外相の異常な愛情"
麻生外相の罷免要求へ 野党4党が週内にも [ 11月08日 12時33分 ]
Excite エキサイト : 政治ニュース
<核保有論議>野党4党が麻生外相の罷免要求決める [ 11月08日 20時11分 ]
Excite エキサイト : 政治ニュース
麻生外相「こち亀」に マンガへの愛を語る [ 11月09日 21時01分 ]
Excite エキサイト : 社会ニュース

奇妙なイメージ戦略もあったものである。

しかも、こんな"おためごかし"で、「親しみがもてるようになった」だと?
寝言もいい加減にしてほしい。

世界の国々に対し、日本を代表して言葉を交わすべき立場の人間が、実に不用意で、稚拙で、無神経な言動を繰り返すと思ったら、道理で。この程度のレベルだったわけである。

マンガを読み漁る時間があったら、世界の情勢や文化や歴史をもう少し勉強して、適切な発言ができる素養を磨いてはどうか?

米国では、リチャード・ニクソンの行った政策を分析して、一貫性がなく、極めて幼児性の強い性格破綻者だったという説が本になったりしているわけだが。

「外相の異常な愛情 -
または私は如何にして心配するのを止めて原爆を愛するようになったか」

このオッサンについては、後世こんな論文が書かれそうだ。
[PR]
by Tibbets_EnolaGay | 2006-11-10 09:11 | 世俗的なこと
"Smoking gun"
テレ朝番組に 外務省マジギレ [ 10月27日 16時29分 ]
Excite エキサイト : 社会ニュース


ふーん、まったくないと言い切れるのか?

各省庁や都や自治体の職員、そして警察官や自衛官ですら、あさましい不祥事が々と発覚しているこのご時勢に、エリート中のエリートを自負する外務官僚すべてが、既得権益で私腹を肥やしたり、公金の私的流用の誘惑をまったくよせつけない聖人君子なのだろうか。

勿論、身を粉にして誠実にはたらいている職員もいるだろうが(というより、そうでなければ困るのだが)、全員が全員そうだとはだれにも言い切れない。

火のない処には、煙は立たず。

存在することを反証するには、すべての根拠を検証し否定しなければなければならず、それは事実上不可能である。

---

Excite エキサイト : 政治ニュース外相が5億円弱でトップ 平均9136万円、閣僚資産 [ 11月02日 17時07分 ]
共同通信

 安倍晋三首相と閣僚17人が2日、9月の内閣発足時の保有資産を公開した。総資産の平均は9136万円。
 トップは麻生太郎外相の4億9055万円で、安倍首相は3位の1億4790万円、最下位は久間章生防衛庁長官の2091万円だった。
 ただ副大臣、政務官を加えると、大野松茂総務副大臣が6億7121万円、池坊保子文部科学副大臣が5億7260万円で、麻生氏を超える。
 麻生氏は東京都渋谷区の自宅のほか、福岡県飯塚市、長野県軽井沢町などに不動産を所有。預貯金などの金融資産も家族分を合わせ7850万円に上る。
 首相は山口県下関市、同長門市などに不動産を所有。定期預金なども妻と合わせ5030万円ある。


案の定というか、数字は真実を語る。
トップがこうなのだから、その手下どもの資産も推して知るべしである。
[PR]
by Tibbets_EnolaGay | 2006-10-28 10:41 | 世俗的なこと
お前らが一番不安だよ
<北朝鮮核実験>日本政府が右往左往 情報収集、伝達に遅れ [ 10月11日 19時52分 ]
Excite エキサイト : 政治ニュース

なにやら、うろがきている政府内の対応が見苦しい。

国民の不安をあおるため、本来は「2回目があるというのは絶対に言ってはいけない情報」(政府筋)
と記事にあるが、不安をあおるのはそういうことを勝手に決め付けて一貫性のない対応を繰り返す政府の対応だ。
必要なのは正確な情報の把握と公開と、適切な指揮権の確保である。
知るべき情報を勝手に選別したり隠蔽することではない。

ど素人のじいさんに国防を託すのは、いい加減にしたい。
[PR]
by Tibbets_EnolaGay | 2006-10-11 22:32 | 世俗的なこと
破滅へのカウントダウン(Countdown to Extinction)
米産牛肉輸入を正式決定 半年ぶりに再開 [ 07月27日 12時44分 ]
Excite エキサイト : 経済ニュース
共同通信

 農水省は27日、牛海綿状脳症(BSE)対策本部(本部長・宮腰光寛副大臣)を開き、脊柱(せきちゅう)の混入で今年1月に止まった米国産牛肉の輸入を、約半年ぶりに再開することを正式決定した。厚生労働省も同日、再開を正式決定。政府は同日午後、内閣府食品安全委員会に決定を報告した後、米国に連絡する。
 米国に通知後、現地の34食肉処理施設で日本向け牛肉の食肉処理が解禁される。8月初めにも、実際の輸入が始まる見通しだ。
 冒頭、宮腰副大臣は「輸入手続き再開にあたり、消費者の理解と信頼を得るよう対処することが大変重要」と指摘。
米産牛肉、8月店頭へ 消費者から拙速批判も [ 07月26日 22時40分 ]
Excite エキサイト : 経済ニュース
共同通信

 政府は26日、米国産牛肉の輸入再開問題で、対日輸出認定を受けた米食肉処理施設のうち1施設を除く34施設からの輸入を認める方針を自民党に示し、同党は了承した。政府は27日に輸入再開を正式決定する。8月初めごろに米国産牛肉の輸入が再開され店頭に並ぶ見通しだ。
 輸入再開は、今年1月に牛海綿状脳症(BSE)の病原体がたまりやすい特定危険部位である脊柱(せきちゅう)の混入が発覚し再停止して以来、約半年ぶり。日米政府は再発防止への取り組みを進めてきたが、消費者の間では米国産牛肉の安全性に対する不安が根強く、拙速な再開との批判も出ている。

あまりに不快な記事なので、うんざりしながらも投稿している.
※内容がかなり不真面目になるのはその為なので、ご了承願いたい。


小泉政治の最後の仕上げ、日本人家畜化計画がいよいよ最終段階に入った。

米国は日本に原子爆弾を落とすだけでは物足りず、生物化学兵器にも匹敵する危険な汚染牛肉の輸入を再開した。
これは日本の国民を人種的に劣化させるための綿密に練られた作戦であり、実験である。

十数年後には日本人のクロイツフェルトヤコブ病の罹病率は全世界でもトップクラスになり、その知能レベルは決して2度と先進国に並ぶことはない。

人口の大半が高齢化に向かう日本には、この病禍と戦う力はすでになく、米国から言われるままに危険な牛を輸入し続け、その牛を粉末にした餌を与えられる国内の牛も(さらにはその牛を餌にする牛も)狂牛病に汚染されていく。

これは米国に思わぬ副産物をもたらす。思考力の衰えた日本人は平洋戦争後の日本のような米国に従順な政策を採るようになるが、これは米国の支配力による日本の支配が始まることを意味する。
そして、米国の傀儡と化した日本はもはや、米国に必要な資源や労働力を提供する植民地・・・いや牧場である。

来るべき未来の食糧危機の際には、まともにものを考える力のなくなった日本政府は米国のいわれるままに、国民を米国人の食料として供し始める(映画"ソイレントグリーン"のように)。

もちろん彼らは、”特定危険部位”である”脳髄"や"脊髄"や"背骨付近の肉"などは取り除いて、飽食を謳歌するだろう。

『ニホンは、スシよりもニンゲンがうまいネ~』

----

ここからは、まじめに。
将来的に、この米国産牛肉が原因で国内にクロイツフェルトヤコブ病の罹病者がでたら(まず、間違いなくでると思うが)、日本政府はどうするのだろうか。

牛肉は、そのまま店頭にならぶものもあれば、ほかの牛の餌にもなるし、エキスなどの原材料の形でさまざまな食品に混入する。われわれはそれを厳密に選別する方法を持たない。
結局、発病者と米国産牛肉との直接的な因果関係はわからない(もしくは無い)という政府の回答でお茶を濁して、だれも責任をとらない形になるのだろうか。
何せ、日本の査察団が行っている調査で、"安全"と保障された牛肉が入ってくる"前提"なのだから。

先日結審した血液製剤の問題をなんの教訓にもできないのか。
水俣病や被爆者のように、国に賠償を求めても暖簾に腕押しで何十年も裁判で係争する愚を繰り返すことになるのだろうか?

すくなくとも、われわれは現時点の総理大臣、外相、農水相、厚労相の名前は覚えている。
あとで白をきっても、責任を逃れることは許さない。

また、国内のクロイツフェルトヤコブ病患者が、輸入された米国産牛肉によって生じたと認定されても問題は残る。

以前英国に滞在歴のある人物がクロイツフェルトヤコブ病に罹ったとされ、同じような海外渡航歴のある人は献血ができなくなった。(※ほんの一ヶ月くらいの滞在で感染したとされており、"安全な部位を普通に食べる分には感染の確率は相当に低い"としていた国の説明と大きく食い違うが)

米国産牛肉の輸入再開後、国内でクロイツフェルトヤコブ病の患者が発生したら、こんどは日本国内で生活している人間すべてが輸血用の血液を提供できなくなる。
従って、国内の患者が米国産牛肉と結び付けられることは実際的にはありえなさそうである。

かくして、われわれは煉獄の入り口に立たされた。

最近、先の大戦におけるA級戦犯の靖国合祀に関する話題が喧しいが、本当の意味で国民を裏切り、危険にさらした戦犯は疑いなく今の日本政府である。

f0072284_7321428.jpg
こんな日常にピッタリの、"MEGADETH"の割と新しいアルバム
”破滅へのカウントダウン(Countdown to Extinction)”

[PR]
by Tibbets_EnolaGay | 2006-07-27 07:30 | 世俗的なこと
粗悪品
<北朝鮮ミサイル>7発発射、日本海に落下 テポドン2号も [ 07月05日 19時46分 ]
Excite エキサイト : 政治ニュース
<北朝鮮ミサイル>米政府、テポドン2号の失敗を確認 [ 07月05日 11時16分 ]
Excite エキサイト : 国際ニュース

なんでも、日本時間の夜中の2時3時に発射したということで、最悪の場合には我々は焦土と変わった東京で眠りつづけていた可能性も無きにしも非ずだが・・・。

ミサイルがどこを向いていたのか定かではないが、付近を航行していた艦船や漁船、そして航空機などには危険極まりなく、まさにキ○○イの所業である。
北朝鮮が国力を挙げた最先端技術の結晶であるミサイルの性能が、ペットボトルロケットと大差ないことを全世界に知らしめた打ち上げショーだった訳だが、一応金属による外装をもった飛行体であるから弾頭がなくてもあたれば大変危険であるし、公海にこんなものを投棄するのは国際法上問題であろう。

とりあえず、ちょっと語弊があるのを承知で述べると、拉致被害者の方々が願っていた経済制裁や国連における制裁措置への方向へ少しずつ進み始めたということで、結果的にはよいことだったのかも知れない。
政府の課題というより、しだいに草の根運動のようになっていた北朝鮮の制裁に関する動きだが、この国の馬鹿政府もさすがにこれだけのことをやられると何か対応をとらざるを得ないと考えたようである。

また、内政に関して欺瞞だらけの小泉首相が唯一手柄にしてしまいそうな(もちろん全くの勘違いではあるが・・・)、日朝平壌宣言の締結もしっかり破棄されたという受け止め方をされているようで、何はともあれ良い結果をもたらす出来事だったと取れなくもない。
[PR]
by Tibbets_EnolaGay | 2006-07-05 17:29 | 世俗的なこと
過ちは二度と繰り返し・・・あれ?
米牛肉輸入再開で合意 日米、BSE対策強化条件 [ 06月21日 12時46分 ]
Excite エキサイト : 経済ニュース
 政府は21日午前、米国産牛肉の輸入再開問題で米政府と局長級のテレビ電話会議を再開、日本側の米食肉処理施設への現地調査により牛海綿状脳症(BSE)対策の強化を確認することなどを条件に輸入再開で合意した。約1カ月の調査の後、米国から日本に牛肉が到着するのは、7月後半以降になる見込みだ。
 政府が14日までに全国10カ所で開いた消費者らとの意見交換会では、米国産牛肉の安全性への懸念を理由に輸入再開に反対する意見が数多く寄せられた。不安を解消できないまま、輸入再開に踏み切ることになる。
 厚生労働、農水両省は近く米国に担当者を派遣。対日輸出の認定を得た35カ所の米施設で、特定危険部位の除去など輸入条件を守る準備ができているかどうかを調べる。日本側が問題ないと判断した施設に限定して輸入再開を認めることで、政府は再開への反発が強い消費者の理解を得たい考えだ。
日本政府、米施設の検査後に牛肉の輸入再開で合意 [ 06月21日 13時32分 ]
Excite エキサイト : 国際ニュース 
[東京 21日 ロイター] 日本は、米国産牛肉の輸入再開について、米政府の認定を受けた食肉処理施設を日本側が査察したうえで輸入再開することで合意した。日本政府高官が21日、明らかにした。小泉首相の訪米を1週間余り先に控えるなかでの発表。
 米国産牛肉禁輸問題は、日米間の懸案のひとつとなっていた。

牛肉輸入再開、日米間で話し合いを通じ合意できた=首相 [ 06月21日 21時41分 ]
Excite エキサイト : 経済ニュース
[東京 21日 ロイター] 小泉首相は、米国産牛肉の輸入再開で日米両政府が合意したことに関連し「米国は(日本の輸入再開を)遅すぎると思っている」としたうえで、「(日米間で)意見の違いはあるが、話し合いを通じて合意することができた」と述べた。官邸内で記者団に語った。
 小泉首相は輸入再開について、国民は安心を得られると思うかと聞かれ「得られると思う」と答えた。また、米国産牛肉に関して、好みや価格の違いを指摘しながら「米国産牛肉を食べたい人もいる。個人の選択の問題だ」と語った。
 政府は21日午前、米国産牛肉の輸入再開問題で米政府と協議し、日本側の米食肉処理施設への現地調査により、牛海綿状脳症(BSE)対策の強化を確認することなどを条件に輸入再開で合意した。

なにやら出来レースのような形式的な協議から、あっという間に輸入再開決定へ。
いったいなにを合意したのかよくわからないが、ともかく日本政府と米国の思惑通り輸入再開に踏み切るようである。
昨日の時点ではどうしても折り合わないところがあると報道されていたが、政府側の協議への姿勢や努力をアピールする意図的なリーク情報だったのか・・・。

イギリスにすこしでも渡航歴がある人の献血を停止している実情からすると、あまりに安易に思えるが、当初から輸入再開ありきで進められた協議の欺瞞にはうんざりさせられる。
高齢者の医療費負担がどんどん重くなる中、脳への罹病のリスクのある食品を輸入する政府(というより小泉内閣か)はもはや、戦時中の戦犯よりも悪質な国家への反逆を犯していると言えるのではないだろうか。

奇しくもC型肝炎の薬害訴訟に関する国の部分的な責任を認める判決がでたこの日に、ゆん銃再開が合意されたのはなにかの皮肉なのだろうか。

BSEも発病までの期間が長いことから、このケースでも国内に被害が広がったころには輸入再開を推進した責任者はすでに死去している可能性が高い(こんなところまで先の裁判と類似している)。
また、すでに国内でもBSE感染牛が現れていることや、米国の検査体制を全面的にしんらいするような言質を与える合意をしてしまっていることから、被害が出ても米国産牛肉と発病の因果関係がうやむやになる可能性すらある。米国政府は検査に合格した牛肉を輸入したと主張し、被害者にたいし賠償責任など認めはしないだろう(原子爆弾や核実験の被爆者にすら賠償責任を認めないどころか、広島・長崎への原爆投下を戦時下での正当な行為であり、科学的には成果であると公言してはばからないお国である)。

では、将来国内でクロイツフェルト・ヤコブ病が氾濫した際にだれが責任をとれるのだろうか。今度の輸入輸入再開に関しては、小泉内閣と厚生労働省(そして名前を忘れたがあの有識者の検討チーム)が"ミドリ十字"にあたると言われても仕方がない。
それだけの覚悟が彼らにあるのだろうか?
[PR]
by Tibbets_EnolaGay | 2006-06-22 00:01 | 世俗的なこと
悪しき前例
<反日デモ>上海日本総領事館と上海市、原状回復で合意 [ 06月20日 03時00分 ]
Excite エキサイト : 国際ニュース
 【上海・大谷麻由美】上海で昨年4月16日に起きた反日デモの際、投石などで破損した上海日本総領事館の外壁や窓ガラスなどについて、総領事館と上海市政府との間で、資材をすべて日本から輸入し、原状回復することで合意した。上海の外交筋が19日、明らかにした。北京の日本大使館と大使公邸は昨年末に工事が完了している。交渉が難航していた総領事館も反日デモから1年以上がたち、工事着手に動き出すことになった。

 外交筋によると、同市政府は5月下旬、総領事館の要求通りに原状回復すると通達した。同市政府の見積書では、工賃などは含まず、資材費だけで約4000万円に上る。現在は、総領事館と同市政府が業務を委託した中国企業との間で、工事の打ち合わせを行っている。資材の輸送などで、工事開始は早くても秋以降になる見通し。総領事館の割れた窓ガラスや外壁の傷は現在もそのままになっている。

業務に支障をきたした期間(着工は秋ということだから、事件があってからとんでもなく時間がかかるものだと呆れる)についての人件費や業務妨害に関する賠償や、領事館員の精神的苦痛に対する責任を問わず、原状回復だけで終わらせてしまうことには大いに疑問を感じる。

事件が発生した当初、中国当局は十分な安全を確保すべき他国の領事館について十分な防備を怠ったばかりか、暴力的なデモの鎮圧にも積極的に対応しなかった。
そのせいで、多くの民間の日本関連店舗にも被害が拡大したのである(そちらにはガラスの修理代として数万円が手渡されるなど、小学生の使いのような対応がとられたと聞いているが)。

中国の防諜機関が、日本人の領事館員に対し機密情報の提供を強要し自殺に追い込んだた事件についても知らぬ存ぜぬを通している状況にも不穏なものを感じる。
女性関係をネタに脅されたという噂がもっぱらだが、事実であれば仮にも外交関係がある国に対してこんな不遜な国家はなかなかない。
※日本でも中国の領事館の警備や付近の交通整備を放棄してみればよい。毎日のように、右翼の街宣車が周囲を囲んでがなりたてたり、ビール瓶が放り込まれたりで、さぞにぎやかで楽しいことだろう。

日本の外務省の弱腰で、現状復帰などで和解するのは悪しき前例となりかねず賛成できない(少なくともODAの解除や、輸入品のセーフガード強化などの対策が必要ではないか)。

卑近な例をひとつ挙げると、一度人に暴力をふるって相手に怪我を負わせたが、l叱られなかった子供は、次に同じ事を更にエスカレートした形で繰り返すものである。

また何かのきっかけでこうした事件が起きたときには、日本の政治家にも大きな責任があるだろう。
[PR]
by Tibbets_EnolaGay | 2006-06-20 09:13 | 世俗的なこと