偏見に満ちた日々の雑感・・・とHR/HMや映画のレビュー
by Tibbets_EnolaGay
検索
カテゴリ
全体
地震関連
世俗的なこと
腐れ警察
NHK放逐への道
悪徳企業の傾向と対策
医療・健康
資格試験
賃貸生活
三面記事
懸賞生活
HR/HM
映画
TV
コンピュータなど
ごく身近なこと
本・マンガ
トンでも話
動画
リンク

  ■Excite:ニュース
  ■Excite:翻訳

  ■Infoseek:ニュース
    Infoseek stock
  ■Yahoo:ニュース

  ■懸賞BOX
  ■ラブ懸賞
  ■懸賞~る
  ■懸賞の杜
  ■A・round(エーラウンド)アンケート
  ■【楽天市場】懸賞市場
  ■応募の達人(クローズド懸賞)
  ■登竜門(公募情報)

  ■Ameblo(アメブロ)-トップ

  ■コカ・コーラパーク

  ■楽天ブックス 
    



 
【医療問題に関するサイト】

  ■ナースシングプラザ.com
  ■キャリア・ブレイン 医師の転職、薬剤師・看護師・介護職の転職サイト


【調べもの】

  ■Wikipedia
  ■mapFan地図サイト
  ■ジョルダン 
 
【趣味のサイト】

  ■ヘビメタさん
  ■テレビ東京 「ROCK FUJIYAMA」


【少し世間の見方が変わるサイト】
 ※お口直しにどうぞ。

  ■サヨナラ!石原都知事(TOKYO-MXのプロパガンダにうんざりした人は必見!!
公開期間に限りがあるようですので、保存したい人はお急ぎください)
)

  ■RED-PIPERS.COM("赤い笛吹き”と題されたサイト。国民の未来を想う行為には、右翼も左翼もないのです)
)

  ■NHK受信料を考える
(NHKのヤクザまがいの横暴さを実感できるページ。「NHKへ一方的に受信契約解除する方法」は一読の価値ありです!)
  ■NHK受信料制度と裏事情
  
MAMO's Site →NHK受信料問題とは?

■NHKの不祥事 (from YourPedia)   ■立花孝志-内部告発 -(※ 勇気ある元NHK職員の詳細な内部告発情報)
  ■全国市民オンブズマン 警察裏金・不正支出問題
  ■東急不動産東急リバブル不買運動
  ■反中、嫌韓者のためのページ!!
  ■チームニッポン
  ■ルーブログ(※アメブロに引越しされたようです。前のサイトはコチラ)



以前の記事
2012年 01月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
more...
タグ
ライフログ
書籍
音楽
映画
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:稀にみる馬鹿 ( 279 ) タグの人気記事
民主・石井副代表ら、比でゴルフ 「目につかないと思った」
民主・石井副代表ら、比でゴルフ 「目につかないと思った」 2011年5月6日 10時37分 (2011年5月6日 10時59分 更新)
政治 - エキサイトニュース

f0072284_13175560.jpg

 5日、マニラ首都圏郊外でゴルフを楽しむ民主党の石井一副代表(共同)
[拡大写真]

 【マニラ共同】民主党の震災対策副本部長を務めている石井一副代表、生方幸夫元副幹事長、那谷屋正義参院議員の同党議員3人が、訪問先のフィリピン・マニラ首都圏郊外のゴルフ場で5日、在留邦人らとゴルフをしていたことが6日、分かった。石井氏は「あくまで公務」としたうえで、「国外であれば目につかないと思った」と説明。「被災者の方から見れば『何だ』という気持ちになるでしょうね」と述べた。


人間のクズとしか思えない奴を扱った、まさしく最低な記事。

とくにコメントする内容も思いつかないが、半永久的に保存しておこう。

---

あれ?
何かデジャビュを感じると思ったら、あの”ラグビーゴリラ”の森喜朗も、えひめ丸の事故のときに平気な顔をしてゴルフを続けていたんだっけ。

9.11のテロで、航空機がWTCに突入したとき、訪問先の小学校で小学生の朗読する「ヤギの冒険」に耳を傾けていた脳みその不自由な大統領と同じ人種だな。

救いようが無い。
[PR]
by tibbets_enolagay | 2011-05-06 13:19 | 地震関連
「汚染水放出で日本は世界に相手にされなくなる (ゲンダイネット)」
汚染水放出で日本は世界に相手にされなくなる (ゲンダイネット) [ 2011年4月8日10時00分 ]
http://news.www.infoseek.co.jp/topics/society/n_kan_ministry__20110408_7/story/08gendainet000141794/
[日刊ゲンダイネット] 東日本大震災から3週間以上が経ち、菅政権の恐るべき初動の不始末が次々と明らかになっている。

 中でも仰天したのが震災当日、11日夕方の出来事だ。福島原発の危機に際し、菅首相は公邸の伸子夫人に電話した。そして母校の東工大の名簿を「すぐに探してくれ」と頼んだというのである。

 周辺の学者の言うことは当てにならない。だから、母校の学者に助言を求めようとしたのだろうが、一国の首相のやることか。

 完全に正常な判断力を失った菅は翌日の午前6時過ぎ、ヘリに乗り込み、原発視察を強行する。危機管理において、もっとも冷静さを求められる指揮官がイの一番にパニックに陥ったのである。

「ふつう、ここまで大将が冷静さを失えば、周囲がいさめる。ところが、菅さんがイラつき、怒鳴りまくるものだから、みんな、何も言えなくなった。菅首相は15日には東電に乗り込み、今月2日には陸前高田市などの被災地視察を強行した。周囲はイエスマンばかりで福山官房副長官などは菅の行動力を褒めているのだから、どうしようもありません」(官邸関係者)

 官邸の不始末のせいで、放射能がダダ漏れになった福島第1原発のタービン建屋は注水による高濃度汚染水であふれ、それが海に流れ込んでいる。汚染水の処理のスペース確保のために施設内の1万1500トンもの放射能汚染水の海への放出が始まった。建屋内に比べれば低濃度というが、それでも国の基準の500倍だ。枝野官房長官はシレッと会見していたが、ハッキリ言って、日本は終わりだ。「前代未聞の暴挙。もう国際社会は相手にしないだろう」(元レバノン大使・天木直人氏)し、即刻、菅は辞任すべきだ。


●避難所に被災民が死ににいく悲惨

 ところが、こんな亡国首相が震災対応ではボコボコ6つの対策本部を立ち上げ、今なお、そのトップに君臨している。

 そのため、被災地の救命、復興は遅々として進まず、「さながら無政府状態」(被災地のボランティア)が続いているのだ。

 遺体の埋葬は進まず、秩序立ったガレキの撤去も遅れている。仮設住宅に至っては3日までに岩手県陸前高田市の36戸しか完成していない。阪神大震災の1カ月後の40分の1というありさまだ。各県からの要望は4万2000戸なのに着工が決まったのは約5000戸ほど。これは避難所生活の長期化を意味する。すなわち、死者の増加だ。東大医科学研究所の村重直子氏はこう言った。

「災害後の避難所の死亡率は通常の60倍になるという論文もあります、食料、電気、水道、暖房、排泄などがままならない体育館のような避難所で、大勢が密集して生活する環境では、清潔を保つのも難しいからです。避難所生活が長引けば、命を落とす方が増える。集団で環境がいいところに移れるとよいのですが、仕事、学校の当てもない新天地への引っ越しには多くの人が不安を感じ、踏み切れないでいる。だとすれば、せめて巡回バスを回して欲しい。津波でも2階は大丈夫だった家にいる人も大勢いますが、病院に薬を取りにいくのにも足がない。車を回すにしてもガソリンがないのです」

 これでは避難所に死ににいくようなものだ。菅が首相でいる限り、復興どころの話ではない。国民の眼前に広がっているのは絶望の2文字だけ。

(日刊ゲンダイ2011年4月5日掲載)

[ 2011年4月8日10時00分 ]


多少、悲観的な記事だが、それにも同調できる。

菅の酷さに免疫が出来ていたと思ったのだが、改めて事実を知ると空恐ろしくなる。

「ボクは原子力は得意なんだ」
と大見得を切ったアホの正真正銘の姿。

きっと、全部を知ったら生きるのも馬鹿馬鹿しくなるに違いない。

---

この記事とも、震災関連の話題とも全く関係ないが、とある記事で紹介されていた写真を。

f0072284_136160.jpg

菅が、国会答弁用に使っていたカンペである。
※記事も保存してあったはずなので、見つかり次第紹介しよう。

きっと世話係の取り巻きが用意したのだろう。

こんな人間のボケた頭に、生殺与奪を握られているなんてゾッとするではないか。

---
首相・文科相の「子どもたちへメッセージ」 「文章、洗練されている」と好評 2011年4月7日 19時05分 (2011年4月7日 19時52分 更新)
社会総合 - エキサイトニュース
入学や新学期を迎えた小、中学生や高校生らに向け首相と文部科学相の連名で発表されたメッセージが好評のようだ。インターネット上で「よく練られている」などと評されている。

「何を言いたいのか、思いが伝わってこない」との不評の声も多かったこれまでの菅直人首相の震災関連会見内容と比べ、一転した印象をもった人も少なくないようだ。ネットのツイッターでは「良くできてるけど、これは菅さん本人が書いたもんじゃないだろう」といった声もある。

宮沢賢治の作品を引用
2011年4月6日、東京都内の多くの公立小、中学校で始業式があったこの日、菅首相と高木義明・文科相の連名で、新学期を迎える子どもたちへのメッセージが発表された。中高生用のものと、小学生向けの2種類があり、官邸と文科省のサイトに掲載している。文科省サイトでは、高木文科相がメッセージを読み上げる動画もある。

2種類のメッセージは、共通部分もある。中・高校生用は、約1800字のメッセージだ。小学生用には、漢字に読み仮名をふっている。

共通部分では、避難所の中で食事の準備やお年寄りたちの手助けをする子どもたちがいるという話を「たくさん」聞いているとして、「本当にありがとう」と書いている。

また、小学生用では、被災地域以外の子どもたちも節電や募金に取り組んでいるとして、「みなさんのその思いやりがあれば、日本はきっと、もっともっと素晴らしい国になって、もう一度立ち上がります」(原文はルビあり)などとしている。

中高生用は、岩手県出身の宮沢賢治の作品を引用しつつ、「賢治の言う『ほんとうのさいわい』とは何でしょう。この大きな災害と混乱の中で、皆さんに、このことを考えて欲しいのです」と呼びかけている。

「外部ライターに依頼」説も
ツイッターでは、「これ読んだら朝から涙止まらなくなった」(小学生用メッセージに対し)、「優等生が書きました感がするけど、文章が洗練されてて割と好印象」「よく練られている」(中・高生用に対し)といった「つぶやき」が続いた。

勇ましくないところがいい」などと概ね好評だ。
一方、「2ちゃんねる」をみると、メッセージ中の「日本の未来は、皆さんの双肩にかかっています」という表現に対し、「責任を(子どもたちへ)丸投げ」「尻ぬぐいよろしくと言われているようなもんだ」とかみつく反応もあった。

ところで、メッセージを高評価する書き込みでも、文章を書いたのは、「菅首相や高木文科相ではなく、どうせ外部ライターだろう」という指摘が少なくない。一般的には、省庁の担当課が書いた文案を政治家が目を通して多少修正した上で発表する、という形がイメージされるが、文章の出来が「お役所的ではない」せいか、「外部ライターに原稿を依頼」説が優勢のようだ。

実際はどうだったのか。文部科学省の担当者によると、「政務3役(大臣、副大臣、政務官)のご指示により事務方で作成し、その後、政務3役と官邸にご相談して決めた文章」だという。


うーん。こんな記事も。

他意はない。が、対比すると実に寒々しい。

”9.11”の時に、WTCビルに2機目の航空機が突入する最中、ブッシュが小学生の読み上げる「山羊の冒険」を熱心に聞き入っていたという話を思い出さずにはいられない。

そして、「先ず間違いなく自分で書いたんじゃないだろうな」と思っていたら案の定…(笑)
[PR]
by Tibbets_EnolaGay | 2011-04-08 12:54 | 地震関連
「東電、計画停電を終日見送り 31日も実施せず」
東電、計画停電を終日見送り 31日も実施せず 2011年3月30日 12時49分 (2011年3月30日 13時04分 更新)
社会総合 - エキサイトニュース
 東京電力本店=東京・内幸町


[拡大写真]
 東京電力は30日、地域ごとに交代で電気を止める計画停電を見送った。31日も実施しないと発表。平年並みに暖かくなる見通しのため、暖房が少なく済み、電力需要を賄えると判断した。平日に一日中、計画停電を回避するのは3日連続となる。30日の供給力は最大3800万キロワットで、午後6〜7時の需要ピークの想定3500万キロワットを上回っている。ただ太平洋岸の火力発電所の多くは依然として停止したままで、例年より供給力が大幅に不足している状況は変わらないため、東電は引き続き節電を呼び掛けている。


この計画停電の阻止には、これまた東京電力の利権が絡んでいる。

停電をしないことで、地元議員からの圧力を回避する、あるいは地域住民への被害をとどめる、というよりは彼らが儲けるための口実を(結果的にかもしれないが)生み出しているのだ。

先日、東京電力から、
「3月14日に、地震被害の影響で検針に訪問できませんでした。
つきましては、23年3月分の電気使用量は、2月分のものと同一とさせていただき、電気料金を徴収させていただきます」

※これは東京23区やその近郊だけに配られたものかもしれないし、あるいはもっと広範囲に及んでいるかもしれない。

こんな商売があるだろうか?

金を取るのは構わない。割高になったとしても、事後で通知が来たとしても払うことに異議はない。
それよりなにより、(原発事故の収集さえついていない時期に)徴収の為の口実をこしらえて、通知をしてくるというのは異様だ。

そして、このどう考えても通らない理屈を、押し通すための根拠。

そのために東京23区での計画停電が阻止されたという側面があるのかも知れない。

考えすぎだろうか?いや、連中ならこんなことを考えても不思議はないと思うのだ。

何せ、原発の事後処理すらもう自分達と関係ないといわんばかり。社外から雇いいれた労働者を使って、軍政国家の強制労働所にも、劣らない非人道的な環境で後始末をさせているのである。

こんな人間達が、国民の生活の礎を担っていたのだ。

今回のような地震がなくても、崩れるのは時間の問題だったろう。

---
民間企業での存続目指す=経営「大変厳しい」―東電会長 2011年3月30日 18時39分
民間企業での存続目指す=経営「大変厳しい」―東電会長(時事通信社) - エキサイトニュース 
東京電力の勝俣恒久会長は30日の記者会見で、福島第1原発の事故で生じる賠償問題などを受けた同社の今後の姿について「民間企業であるために最大限の努力をしたい」と述べ、一時国有化などを避けて現在の状態での存続を目指す姿勢を強調した。ただ、経営を取り巻く環境は「大変厳しい状況だ」と認め、コスト削減や事業の見直しを徹底する意向を表明した。

 勝俣会長は、業績の先行きに関して「重要な要因をめぐって『アンノウン』(未知)の部分が多い」と語り、福島第1原発の処理に掛かる費用や賠償の範囲などが現時点では不透明と指摘。被害補償は、原子力損害賠償法などに基づく対象の確定なども見ながら準備を進めるとしている。

 その上で、今後の資金調達などは「政府とも協議しながら努力したい」として、資金不足や信用不安を招かないよう全力を尽くすと力説した。

 同社の株価下落が止まらず、48年ぶりの安値を付けたことには「原子炉の状態を安定させるのが出発点だ」として、当面の事態を収束させて投資家の不安を払拭(ふっしょく)する考えを示した。

 さらに東電が昨年、資本参加した米国テキサス州の原発増設事業に関して、勝俣会長は「継続するのは難しい」と言明。原発への不安感が世界で高まっていることを踏まえ、日本の電力会社として初めて海外の原発に出資した同事業の断念の可能性を示唆した。


嘘つけ。

さっさと潰れて国営化になって、自分たちが責任を逃れられれば、後はどうでもいいんだろ?

資金調達などは「政府とも協議しながら努力したい」"?

公費として国民から毟り取れる日を待ち望んでます、とでもいいたいんだろ?

下種め。
[PR]
by tibbets_enolagay | 2011-03-30 19:46 | 地震関連
「石原都知事「天罰」発言を撤回 「深くおわびします」」
石原都知事「天罰」発言を撤回 「深くおわびします」2011年3月15日 13時29分 (2011年3月15日 16時07分 更新)
政治 - エキサイトニュース 
石原慎太郎東京都知事
f0072284_2021327.jpg
[拡大写真]
 東京都の石原慎太郎知事は15日、記者会見し、東日本大震災を「天罰」とした14日の発言について「撤回し、深くおわびします」と陳謝した。知事は「行政の長である私が使った『天罰』という言葉に、添える言葉が足りなかった。かつてない困難の中にある被災者の皆さまの失意と無念は拝察するにあまりある。同じ日本に住む者として、明日はわが身、わがことであると思う」と述べた。


こんな〇愚にまともに付きあうのもどうかと思うのだが、こうした発言を記録として恒久的に残すことには意味があると思いそのまま載せることした。

数日前、どこかのフンドシ担ぎが、地震に対して、
「(日本の神事である)相撲の場所を開かないから、天罰が起きた。神が怒っている」と発言し物議を醸した。

そして、数日と空かず、この発言である。

世の中というのは、奇妙なもので、こんな発言でも「それはそうか」と同意してみせるものもいる。
あるいは、「彼は本当はこんなことがいいたかったのだ」となにやらもっともらしい理屈を並べて擁護するものもいる。

その人の倫理観は自由だが、そうした発言を公の場所で行うことの異様が理解できないほど、不道徳さに不自由な人がいるらしい。

まあそれは良い。自由だ。
個人の発言や思想は、社会に害をなさない限りその根源を規制が行われるべきではない(都による教員への国旗掲揚と国家斉唱の強制などは前時代的な思想統制の最たるものだ)。

ならば。

仮に、「この震災が”石原慎太郎が(一度は出馬を否定した)都知事選に立候補する”と公表してから数時間に発生したのは、まさにこの人物を首都たる自治体の責任者者に据える日本への天罰だ」と誰かが発言したらどうか?

なにをバカなと誰もが言うだろう。あるいは、よほど”偏向した”思考の持ち主なら同調するかもしれない。
※後者の人でも、主張の内容が論理面や道徳面においてオカシイということには同意するだろう。

この記事の発言はそのレベルだ。

そしてそんな人間が今まで、東京都を我が物にしてきたのである。
---

この人間はいつも、この手の人格を疑われるような発言をして、その都度謝るといいながら全く反省の色がない。

記事にある言葉も謝罪しているようで見えて、理屈を捏ね回しているだけだ。
幼児や小学生の子を持っていたり、多少なりとも人を教えたりした経験があるならすぐに分かるだろう。
見分けるのは簡単。反省の言葉の後に”自分の主張を正当化したり意味づけしたりする言葉”がくっつくのだ。

恐らく、反省などする能力もなく、期待するだけ無駄なのだろう。

個人的には、自分にもそうした期待はなく、いままでこの人物を取り上げた他の話題でも、「ああしてほしい」「こうしてほしい」ということは一度も述べたことがない。それはこの人間が社会になにかを為す事をそもそも諦めているからである。
本人も何か人のためにやろうとは考えていないのだと思う。
スタート地点で、その為に政治家になったのでは決してない
※これは何も選挙に合わせたアンチキャンペーンの言葉ではない今まで常に感じてきたことだ。自分としては、この人物が国政の選挙で当選した時点で、国や自治体の施政についてはもちろん、施政についてもほとんど関心を無くしてしまった。

この愚昧極まりない人物の概要が知りたければ、下記のサイトもどうぞ。
石原慎太郎 - Wikipedia

この人の略歴を取り扱った書籍や他のサイトに比べ、さほど、思想的・主義的に偏りがない類の部類だと思うが、それでも相当な問題点を抱えた人間であることが分かるだろう。

こんな人間を一時とは言え、日本人が首都の自治体の責任者に選んだことは忘れるべきではあるまい。

---

ちなみに発言の一部を恣意的に切り取ったとか、記事の内容そのものの解釈が間違っていると思われるのもなので・・・。

都知事「津波で“我欲”洗い落とす必要」 TBS系(JNN) 3月15日(火)0時46分配信

「津波をうまく利用して我欲を一回洗い落とす必要がある。積年たまった日本人の
心の垢(あか)を。やっぱり天罰だと思う。被災者の方々、かわいそうですよ」

(東京都 石原慎太郎 知事)

今回の地震に対する国民の対応について聞かれた石原知事はこのように述べ、
今回の震災を「天罰」だとしています。(14日22:58)
TBS系のニュース番組で、紹介された発言内容を添付。
勿論、報道内容なので、記述や結論に歪曲したものが入る余地はあるだろうが、ここで見せている態度は明らかに”神の如き視点で振舞う”傲慢さだ。
なすすべもなく、津波にさらわれた人は、「日本人の垢」なのだろうか?
なにかしらの原因が(あるいは誰かが?)、”津波をうまく利用”して命を奪わせたというのか。

もっと詳細に知りたい人は、各種動画サイトを検索してみてほしい。この問題を、世論の俎上に載せたい人が適当な動画をUPしているはずである。
[PR]
by tibbets_enolagay | 2011-03-15 20:41 | 世俗的なこと
「元十両・日出ノ国「場所を開催しないから、こんな大地震が起きる」 不謹慎発言でお詫び」
掲示板の投稿を拾ってきて、載せるということは極力しないつもりだが、あまりにヒドイ記事があったので。
ここに紹介しておく。永久に消さない。 

元十両の日出ノ国が自分のブログで、
「場所を開催しないから、こんな大地震が起きるんですよ!!!相撲の神様が怒ってる!」
と発言した。
2011-03-11 19:06:24
大相撲を開催しないから!

相撲は神事でもあり、四股を踏むと言うのは、四股と言われる魔物を踏みつける意味があるのに……。

場所を開催しないから、こんな大地震が起きるんですよ!!
相撲の神様が怒ってる!

力士は、新築の家を建てる土地でも地鎮祭に呼ばれてその土地で、四股を踏むんです。

早く、場所を開催して下さい。
ごっちゃんです

http://ameblo.jp/crt1974/entry-10827754615.html


騒ぎになったためか、ブログ記事は削除されて、次のような謝罪文が掲載されたという。

2011-03-12 20:27:12
すいませんでした

私は、震災にあった1人です。家の瓦も崩れて…

多くの方の気持ちを考えないでコメントしてしまい、本当にすいませんでした。

相撲を愛するが為に、不謹慎な発言を心からお詫びいたします。

日出ノ国
http://ameblo.jp/crt1974/entry-10828886255.html

最初の投稿記事も、後の謝罪文もめちゃくちゃである。

人間の言葉ではない。

汚濁にまみれた腐れフンドシ担ぎの言葉でもこれは許せない。

「相撲を愛するが為の発言だった」という謝罪文はなんだ。

こんな人間が相撲界という社会を形成しているから、今のような問題が起きたのではないか。

利権にまつわるスキャンダルは数知れず。

近年では(もっと古来からあったのかもしれないが)、部屋はいじめによる暴力の温床となり、人死にもでている。
そして、野球賭博と初めとした暴力団との関係や、八百長相撲。
加えて、それらの事実を当たり前のように隠蔽するその体質。

そんな無様を世に晒していながら、この連中は分をわきまえず、国や自治体地域からの支援で自分達の社会が支えられていることを当たり前だと思っている。

もう、相撲など要らない。場所など、恒久的に開催されなくて良い。

こんな精神から腐ったものが、この世にあっていいはずはない。
[PR]
by Tibbets_EnolaGay | 2011-03-13 19:30 | 世俗的なこと
「合法に無料で見られるアニメ、違法ルートで見るのはなぜか 米国のオタクが語る」
合法に無料で見られるアニメ、違法ルートで見るのはなぜか 2011年2月24日 18時03分
IT総合 - エキサイトニュース
 米国のオタクが語る せかにゅ:米国では英語版「ONE PIECE」が合法動画サービスで無料配信されているが、それでもP2Pで違法コピーを入手する人もいる。その理由は――。【ITmedia】

●米国ファンがアニメを合法でなく違法ルートで見る理由

 昨年、米アニメ配信会社FUNimationが、「ONE PIECE」をP2Pで交換していたユーザー1300人あまりを提訴した。ONE PIECEの英語版は合法動画サービスHuluで無料配信されている。このように日本のアニメを無料で合法的に見られる方法があっても違法ルートで選ぶ理由を、Ars Technicaが3人のアニメファンに聞いた。

 この3人によると、違法ルートを選ぶ理由は価格ではないという。利便性――例えばBitTorrentのファイルは携帯機器で視聴できる――も理由の1つだが、それ以上に「早さ」「翻訳の質」が重要となる。ファンサブ(ファンが翻訳して字幕をつけたもの)版は公式の翻訳版よりもずっと早く出回る。例えば「Rebuild of Evangelion 2.22」は米国で公式リリースまで1年かかった。

 また、ファンサブ版の翻訳の方が好きだからという理由もある。公式の翻訳版では日本独自の文化に関する言葉はカットされるが、ファンサブ版はそういった語句をそのまま翻訳し、分かりにくい言葉の場合、字幕に加えて解説文も挿入している。文化的文脈を排して「アメリカナイズ」された公式翻訳版は、日本の文化をよく知らない人には分かりやすいかもしれないが、熱心なファンには好かれないという。

 日本の一部のアニメ会社はこのような状況に対応するため、海外向けネット配信などに取り組んでいる。

Why anime fans pirate the shows they love(Ars Technica)

リンク:http://www.atmarkit.co.jp/misc/ct.php?id=ns122401


修正が多い、ライセンスされていない(配信されていない)作品が多い、という意見もありそうだけと。

まあ、全部こじつけ。

結局万引きしたら、止められなくなったってだけだと思う。

この連中、アニメの感想版には
「日本のアニメ最高!!」
などといいながら、結局自分達の行為が、ますますアニメ業界の首を絞めていくことに気付いていないのだな。
[PR]
by tibbets_enolagay | 2011-02-24 21:37 | 本・マンガ
「広島県警巡査長を逮捕 強制わいせつ容疑」
広島県警巡査長を逮捕 強制わいせつ容疑 2011年2月19日 21時59分
社会総合 - エキサイトニュース
[共同ニュース]
 広島県警福山東署は19日、自分の体液を女性にかけたとして、強制わいせつの疑いで、同署の特別警ら隊隊員の巡査長東純輝容疑者(25)を逮捕した。逮捕容疑は19日午前、福山市内のドラッグストアで、買い物中のパート従業員の女性(27)に後方からスポイト状のしょうゆさしで体液をかけた疑い。県警によると、女性が異変に気づき、東容疑者の走り去る車のナンバーの一部を確認した。東容疑者は容疑を認めている。


頭がおかしい。

こんな人間を巡査長まで昇進させて、働かせていた広島県警はもっとおかしい。

東京の警官にも負けてないね。

---

記事に書かれている行為は(※あまりにおぞましくて文章にする気にならない)、映画「羊たちの沈黙」で、FBI捜査官のクラリス・スターリングが、異常犯罪者専門の監獄で完全にキ〇ガイの投獄者に受けた嫌がらせと良く似ている。

あと直接関連はないが、日本のとあるカルト教団で行われていた、聖体礼儀の薄ら寒い真似事を連想させる。
あれは、確か信者から金を取って行っていたんだっけ。

いずれにせよ。異常以外の何者でもない。

日本の官憲は死んだな。
[PR]
by tibbets_enolagay | 2011-02-21 19:13 | 腐れ警察
「阿久根前市長・竹原氏の地検聴取音声、YouTubeに公開」
阿久根前市長・竹原氏の地検聴取音声、YouTubeに公開 2011年2月14日 15時33分
IT総合 - エキサイトニュース
[IT Media]

公選法違反などで告発されている阿久根前市長の竹原氏が地検から任意聴取を受けた際の音声がYouTubeに公開されている
 鹿児島県阿久根市の前市長、竹原信一氏が鹿児島地検から任意聴取を受けた際の音声がYouTubeに公開されている。報道によると、音声は竹原氏が録音したもので、音源を受け取った支持者がYouTubeに公開したという。

 YouTubeに公開されたのは「阿久根 前市長、竹原信一の検事調べ」というタイトルの1時間42分41秒の動画。竹原氏は公職選挙法違反などの容疑で告発されており、1月30日に鹿児島地検川内支部が任意聴取した際の音声や、2月13日の聴取前に竹原氏が報道各社のインタビューに応じる映像などが含まれている。

 読売新聞の報道によると、竹原氏は「(検事との)生のやり取りをそのまま聞いてもらうことが大事だ」と主張したという。


例の悪名高いブログといい、つくづくネットリテラシーに富んだ人間だな。
※高城剛の粗悪なイミテーションという感じか。そういう人間が、支配欲の権化になるとこういうのが出来上がる。

もっとましな人間だったら良かったのに、そういう頭の栄養が、全部こういう小ズルイ知恵に回っちまったらしい。

当たり前だが、現行の法律ではこういう音声を検察に無許可で公表することには問題がある。

それが公人(あるいは元公人ともなれば)言わずもがなだ。

いくら評判の悪い地域警察や検察が相手でも、なんでもありとはならない。 
[PR]
by Tibbets_EnolaGay | 2011-02-14 18:35 | 世俗的なこと
「縫製業者が日本回帰? 中国の賃金上昇が影響」
縫製業者が日本回帰? 中国の賃金上昇が影響 2011年2月12日 09時30分 (2011年2月12日 14時01分 更新)
経済総合 - エキサイトニュース

安い労働力を求めて中国に進出した国内の縫製業者は多い。業界の空洞化がいわれて久しいが、国内に残っている縫製業者にアパレルメーカーからの注文が相次いでいる。

背景には、中国の労働コストの上昇や納期の遅れ、育成を含めた従業員の質や品質管理などの問題がある。ただ、これが「日本回帰」につながるかどうかは微妙なようだ。

受注の増加は限定的?
アパレルメーカーが生産委託先を中国から国内の縫製業者に移す動きが活発になってきたことで、石川県をはじめ、東京都や埼玉県、大阪府などの縫製業者にもアパレル製品の加工の依頼は増えているという。「産業の空洞化」が顕著な業界だっただけに、久しぶりの明るい話題だ。

アパレルの中国製品は、72.7%を日本が輸入している。関西や北陸を中心とする縫製業者の団体、日本輸出縫製品工業組合連合会は「日本人は品質にうるさいこともあって、熟練工がいない中国では、日本向けは手間隙がかかる、割が合わないといって敬遠されるようになりました」と話す。仕事の引受け手が減ったことで、国内の業者に目が向いたようだ。

しかし受注が増えている状況を、日本輸出縫製品工業組合連合会は「限定的」と慎重だ。「いまの時期、中国は春節にあたり1~2週間の休暇に入っています。工場が稼働せずに、納期に間に合わないという事態に迫られていることがあります」と、季節要因の影響が小さくないとみている。

新興国向けなど、例年よりも需要が旺盛なので量産に追われているとはいえ、納期の遅れはアパレルメーカーとしては避けたい。国内の縫製業者も、現在は春夏物の加工でどこもフル回転で稼働している時期で、「アパレルメーカーが縫製業者の確保に懸命になっている」(石川県の縫製業者)とされる。

進まない現地人材の育成
ただ、今後の動向をにらみ中国生産を見直しているアパレルメーカーは少なからずある。原因は、中国の縫製工場では従業員の確保がむずかしくなっているためだ。競合が激しくなっていることはあるが、「休暇を終えても戻ってこないなどのケースがある」(縫製工場の関係者)など、「質」も問われている。

日本貿易振興機構(JETRO)の在アジア・オセアニア日系企業活動実態調査(中国編)によると、現地の日系縫製業者で、従業員の「質」を問題視している企業は48.4%にものぼっている。…


以前にも書いたことがあるが、勤めていた会社では、外注の6割を中国などのアジア圏に依存することを至上命題としていた。

幹部社員研修などで、作業を中国の企業や労働者に60~70パーセントの割合で割り振ることが、企業の財務に貢献することを、大真面目に議論したり、OHPを作ってグループ発表したりしていたようなのである。

現在の国際情勢を見れば、それがどんなに浅墓なことかよく分かるが、当時であってもそんなことが企業(や国家経済)の発展になんら寄与しないことはすぐに予想がついたはずなのに。

(全国の生産業大手のほとんどがそんな状況なのかは確証がないが)そんな連中が、いまの日本の大企業のトップや中間管理職に居座っていると考えると、ここ数十年の日本経済の停滞にもなんとなく納得がいこうというものだ。

近視眼で、なんのビジョンもない企業のトップなど居るだけ目障り。

こういう連中が早く代替わりしていなくなってくれないと、日本はじわじわと死んでいくのだろうなと懸念する次第。
[PR]
by Tibbets_EnolaGay | 2011-02-12 16:34 | 世俗的なこと
「中国の「ガンダムっぽい巨大ロボット」がさらに改造されもはや原型をとどめない状態で再登場した模様」
中国の「ガンダムっぽい巨大ロボット」がさらに改造されもはや原型をとどめない状態で再登場した模様 2011年1月30日 17時30分
ネットコラム - エキサイトニュース
[ガジェット通信]

[拡大写真]
『ガンダム』にそっくりなロボットの巨大立像が昨年中国四川省成都市の遊園地に登場した事件をみなさん覚えているでしょうか。「偽ガンダム」「中華ガンダム」「なんちゃってガンダム」などとも称されネットでもかなり話題となっていたので前回の写真をご覧になった方も多いと思います。昨年登場したこの「ガンダムっぽいヤツ」はいつの間にか撤去され、ひとまずウヤムヤなうちに事態は収束したものと考えられていました。撤去されたのできっと部品なんかも廃棄されてるんだろうなぁと皆さん考えていたと思うのですが。が、しかし、ここでまた新たなチャレンジがおこなわれているという情報が流れています。なんと、前回の金ぴかのニセモノにさらなるデコレーションを施した新しいバージョンの「ガンダムっぽい巨大ロボット」が登場したというのです。ベースはどう見ても前回の「偽ガンダム」なんですが、意味不明のパーツがたくさん付け加えられています。

●頭からつま先まで、つっこみどころが満載すぎる「黄色いヤツ」
この画像、現在Twitterで転送され噂が広まっているところでまだ詳細な情報が入ってきていませんが、見たところ確かに例のアレです。画像を見た人々は「 誰だww」とか「安心の中華クオリティ」と苦笑気味。確かにお台場や静岡で展示されている本物の『ガンダム』は素晴らしいの一言ですが、それを模倣して展示、そしてそれを批判されると、一旦撤去、そしてまたこの様な形で改造して展示……さすがにいかがなものかと筆者は思うのですが、果たして今後どのようなことになるのでしょうか。しかしこれを見たら中国の子供たちも「これじゃない!」とガッカリするんじゃないでしょうか……。

※この記事はガジェット通信一芸記者のmasamasaさんが執筆しました。
●masamasaさんプロフィール:2輪4輪問わず、モータースポーツ関連のレポートを得意としています。見てる人が「モータースポーツは楽しい!」と知って頂けたら幸いです。

※画像は http://yfrog.com/hs4prcmj より引用


なんか、「やっちまった」臭がぷんぷん匂うんですが。

数十年前、店頭にならんだガンプラがすぐに売り切れるのが当たり前だった時代、今は無き”クローバー”というメーカーが「なんとなくそれっぽい」ロボットのプラモデルを売っていたのをなんとなく思い出してしまった。

子供心に、「これじゃないんだ!」と叫んだものだったが。

いやー、さすが中国笑わせてくれますね。

f0072284_2129922.jpg

※安心の中国クオリティ(笑)
[PR]
by Tibbets_EnolaGay | 2011-01-30 21:29 | 世俗的なこと