偏見に満ちた日々の雑感・・・とHR/HMや映画のレビュー
by Tibbets_EnolaGay
検索
カテゴリ
全体
地震関連
世俗的なこと
腐れ警察
NHK放逐への道
悪徳企業の傾向と対策
医療・健康
資格試験
賃貸生活
三面記事
懸賞生活
HR/HM
映画
TV
コンピュータなど
ごく身近なこと
本・マンガ
トンでも話
動画
リンク

  ■Excite:ニュース
  ■Excite:翻訳

  ■Infoseek:ニュース
    Infoseek stock
  ■Yahoo:ニュース

  ■懸賞BOX
  ■ラブ懸賞
  ■懸賞~る
  ■懸賞の杜
  ■A・round(エーラウンド)アンケート
  ■【楽天市場】懸賞市場
  ■応募の達人(クローズド懸賞)
  ■登竜門(公募情報)

  ■Ameblo(アメブロ)-トップ

  ■コカ・コーラパーク

  ■楽天ブックス 
    



 
【医療問題に関するサイト】

  ■ナースシングプラザ.com
  ■キャリア・ブレイン 医師の転職、薬剤師・看護師・介護職の転職サイト


【調べもの】

  ■Wikipedia
  ■mapFan地図サイト
  ■ジョルダン 
 
【趣味のサイト】

  ■ヘビメタさん
  ■テレビ東京 「ROCK FUJIYAMA」


【少し世間の見方が変わるサイト】
 ※お口直しにどうぞ。

  ■サヨナラ!石原都知事(TOKYO-MXのプロパガンダにうんざりした人は必見!!
公開期間に限りがあるようですので、保存したい人はお急ぎください)
)

  ■RED-PIPERS.COM("赤い笛吹き”と題されたサイト。国民の未来を想う行為には、右翼も左翼もないのです)
)

  ■NHK受信料を考える
(NHKのヤクザまがいの横暴さを実感できるページ。「NHKへ一方的に受信契約解除する方法」は一読の価値ありです!)
  ■NHK受信料制度と裏事情
  
MAMO's Site →NHK受信料問題とは?

■NHKの不祥事 (from YourPedia)   ■立花孝志-内部告発 -(※ 勇気ある元NHK職員の詳細な内部告発情報)
  ■全国市民オンブズマン 警察裏金・不正支出問題
  ■東急不動産東急リバブル不買運動
  ■反中、嫌韓者のためのページ!!
  ■チームニッポン
  ■ルーブログ(※アメブロに引越しされたようです。前のサイトはコチラ)



以前の記事
2012年 01月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
more...
タグ
ライフログ
書籍
音楽
映画
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「汚染水放出で日本は世界に相手にされなくなる (ゲンダイネット)」
汚染水放出で日本は世界に相手にされなくなる (ゲンダイネット) [ 2011年4月8日10時00分 ]
http://news.www.infoseek.co.jp/topics/society/n_kan_ministry__20110408_7/story/08gendainet000141794/
[日刊ゲンダイネット] 東日本大震災から3週間以上が経ち、菅政権の恐るべき初動の不始末が次々と明らかになっている。

 中でも仰天したのが震災当日、11日夕方の出来事だ。福島原発の危機に際し、菅首相は公邸の伸子夫人に電話した。そして母校の東工大の名簿を「すぐに探してくれ」と頼んだというのである。

 周辺の学者の言うことは当てにならない。だから、母校の学者に助言を求めようとしたのだろうが、一国の首相のやることか。

 完全に正常な判断力を失った菅は翌日の午前6時過ぎ、ヘリに乗り込み、原発視察を強行する。危機管理において、もっとも冷静さを求められる指揮官がイの一番にパニックに陥ったのである。

「ふつう、ここまで大将が冷静さを失えば、周囲がいさめる。ところが、菅さんがイラつき、怒鳴りまくるものだから、みんな、何も言えなくなった。菅首相は15日には東電に乗り込み、今月2日には陸前高田市などの被災地視察を強行した。周囲はイエスマンばかりで福山官房副長官などは菅の行動力を褒めているのだから、どうしようもありません」(官邸関係者)

 官邸の不始末のせいで、放射能がダダ漏れになった福島第1原発のタービン建屋は注水による高濃度汚染水であふれ、それが海に流れ込んでいる。汚染水の処理のスペース確保のために施設内の1万1500トンもの放射能汚染水の海への放出が始まった。建屋内に比べれば低濃度というが、それでも国の基準の500倍だ。枝野官房長官はシレッと会見していたが、ハッキリ言って、日本は終わりだ。「前代未聞の暴挙。もう国際社会は相手にしないだろう」(元レバノン大使・天木直人氏)し、即刻、菅は辞任すべきだ。


●避難所に被災民が死ににいく悲惨

 ところが、こんな亡国首相が震災対応ではボコボコ6つの対策本部を立ち上げ、今なお、そのトップに君臨している。

 そのため、被災地の救命、復興は遅々として進まず、「さながら無政府状態」(被災地のボランティア)が続いているのだ。

 遺体の埋葬は進まず、秩序立ったガレキの撤去も遅れている。仮設住宅に至っては3日までに岩手県陸前高田市の36戸しか完成していない。阪神大震災の1カ月後の40分の1というありさまだ。各県からの要望は4万2000戸なのに着工が決まったのは約5000戸ほど。これは避難所生活の長期化を意味する。すなわち、死者の増加だ。東大医科学研究所の村重直子氏はこう言った。

「災害後の避難所の死亡率は通常の60倍になるという論文もあります、食料、電気、水道、暖房、排泄などがままならない体育館のような避難所で、大勢が密集して生活する環境では、清潔を保つのも難しいからです。避難所生活が長引けば、命を落とす方が増える。集団で環境がいいところに移れるとよいのですが、仕事、学校の当てもない新天地への引っ越しには多くの人が不安を感じ、踏み切れないでいる。だとすれば、せめて巡回バスを回して欲しい。津波でも2階は大丈夫だった家にいる人も大勢いますが、病院に薬を取りにいくのにも足がない。車を回すにしてもガソリンがないのです」

 これでは避難所に死ににいくようなものだ。菅が首相でいる限り、復興どころの話ではない。国民の眼前に広がっているのは絶望の2文字だけ。

(日刊ゲンダイ2011年4月5日掲載)

[ 2011年4月8日10時00分 ]


多少、悲観的な記事だが、それにも同調できる。

菅の酷さに免疫が出来ていたと思ったのだが、改めて事実を知ると空恐ろしくなる。

「ボクは原子力は得意なんだ」
と大見得を切ったアホの正真正銘の姿。

きっと、全部を知ったら生きるのも馬鹿馬鹿しくなるに違いない。

---

この記事とも、震災関連の話題とも全く関係ないが、とある記事で紹介されていた写真を。

f0072284_136160.jpg

菅が、国会答弁用に使っていたカンペである。
※記事も保存してあったはずなので、見つかり次第紹介しよう。

きっと世話係の取り巻きが用意したのだろう。

こんな人間のボケた頭に、生殺与奪を握られているなんてゾッとするではないか。

---
首相・文科相の「子どもたちへメッセージ」 「文章、洗練されている」と好評 2011年4月7日 19時05分 (2011年4月7日 19時52分 更新)
社会総合 - エキサイトニュース
入学や新学期を迎えた小、中学生や高校生らに向け首相と文部科学相の連名で発表されたメッセージが好評のようだ。インターネット上で「よく練られている」などと評されている。

「何を言いたいのか、思いが伝わってこない」との不評の声も多かったこれまでの菅直人首相の震災関連会見内容と比べ、一転した印象をもった人も少なくないようだ。ネットのツイッターでは「良くできてるけど、これは菅さん本人が書いたもんじゃないだろう」といった声もある。

宮沢賢治の作品を引用
2011年4月6日、東京都内の多くの公立小、中学校で始業式があったこの日、菅首相と高木義明・文科相の連名で、新学期を迎える子どもたちへのメッセージが発表された。中高生用のものと、小学生向けの2種類があり、官邸と文科省のサイトに掲載している。文科省サイトでは、高木文科相がメッセージを読み上げる動画もある。

2種類のメッセージは、共通部分もある。中・高校生用は、約1800字のメッセージだ。小学生用には、漢字に読み仮名をふっている。

共通部分では、避難所の中で食事の準備やお年寄りたちの手助けをする子どもたちがいるという話を「たくさん」聞いているとして、「本当にありがとう」と書いている。

また、小学生用では、被災地域以外の子どもたちも節電や募金に取り組んでいるとして、「みなさんのその思いやりがあれば、日本はきっと、もっともっと素晴らしい国になって、もう一度立ち上がります」(原文はルビあり)などとしている。

中高生用は、岩手県出身の宮沢賢治の作品を引用しつつ、「賢治の言う『ほんとうのさいわい』とは何でしょう。この大きな災害と混乱の中で、皆さんに、このことを考えて欲しいのです」と呼びかけている。

「外部ライターに依頼」説も
ツイッターでは、「これ読んだら朝から涙止まらなくなった」(小学生用メッセージに対し)、「優等生が書きました感がするけど、文章が洗練されてて割と好印象」「よく練られている」(中・高生用に対し)といった「つぶやき」が続いた。

勇ましくないところがいい」などと概ね好評だ。
一方、「2ちゃんねる」をみると、メッセージ中の「日本の未来は、皆さんの双肩にかかっています」という表現に対し、「責任を(子どもたちへ)丸投げ」「尻ぬぐいよろしくと言われているようなもんだ」とかみつく反応もあった。

ところで、メッセージを高評価する書き込みでも、文章を書いたのは、「菅首相や高木文科相ではなく、どうせ外部ライターだろう」という指摘が少なくない。一般的には、省庁の担当課が書いた文案を政治家が目を通して多少修正した上で発表する、という形がイメージされるが、文章の出来が「お役所的ではない」せいか、「外部ライターに原稿を依頼」説が優勢のようだ。

実際はどうだったのか。文部科学省の担当者によると、「政務3役(大臣、副大臣、政務官)のご指示により事務方で作成し、その後、政務3役と官邸にご相談して決めた文章」だという。


うーん。こんな記事も。

他意はない。が、対比すると実に寒々しい。

”9.11”の時に、WTCビルに2機目の航空機が突入する最中、ブッシュが小学生の読み上げる「山羊の冒険」を熱心に聞き入っていたという話を思い出さずにはいられない。

そして、「先ず間違いなく自分で書いたんじゃないだろうな」と思っていたら案の定…(笑)
[PR]
by Tibbets_EnolaGay | 2011-04-08 12:54 | 地震関連
<< 「仏TV「日本人はバラエティー... 「原発でぴりぴりの日本を核で脅... >>